複式簿記の知識がない!それでも青色申告65万円控除を狙うには?

複式簿記の知識なしで青色申告65万円控除を狙うには?

青色申告65万円控除の節税効果

青色申告特別控除65万円控除を受ければ、大きな節税になります。
課税所得200万円の場合で、所得税と住民税あわせて約10万円の節税になり、
課税所得500万円の場合で、20万円程の節税になります。
所得が増えるほど、節税額も多くなります。
(収入 − 経費 − 控除 = 課税所得)

白色申告青色申告10万円控除青色申告65万円控除
課税所得
200万円
302,500
(所得税と住民税所得割の合計)
285,000
白色との差額 −17,500
202,500
白色との差額 −100,000
課税所得
500万円
1,072,5001,042,500
−30,000
877,500
−195,000
課税所得
800万円
2,004,0001,971,000
−33,000
1,789,500
−214,500
課税所得
1,000万円
2,764,0002,721,000
−43,000
2,484,500
−279,500
表の左にある「課税所得」は青色申告控除前の金額です。

所得税と住民税(所得割)の合計金額、赤文字で白色申告との納税額の差を表しています。
例えば、課税所得500万円の場合は、白色申告での所得税と住民税(所得割)の合計納付額が、1,072,500円。 同じ課税所得500万円の場合でも、青色申告65万円控除を適用した場合には、 所得税と住民税(所得割)の合計納付額が、877,500円となり、白色申告と比べて195,000円の節税になるということを表しています。

状況により税額が変わるので、節税額をおおまかに理解するためのものとしてとらえて下さい。
この表の計算方法については、下記のページで詳述しています。
>> 白色申告・青色申告10万円控除・青色申告65万円控除の納税額の違いを徹底比較

青色申告にも10万円控除と65万円控除がありますが、
どうせ青色申告にするなら控除額の多い65万円控除を狙いたいですね。
ただ、青色申告65万円控除を受けるためには帳簿類などの要件が増えてしまいます。

複式簿記の知識がほとんどなくても帳簿付けできる

では青色申告65万円控除は、帳簿付けの労力や帳簿作成に費やす時間も格段に多くなるのか?
というと、実はそんなこともありません。
青色65万円控除と青色10万円控除との大きな要件の違いは、
「貸借対照表の作成」と「必要な帳簿」の違いです。
>> 青色申告10万円控除と65万円控除の要件を比較

確かに、手書きで帳簿をつけていく場合には、
正確な簿記の知識やたくさんの帳簿に転記していく時間と労力が必要になります。
しかし、会計ソフトを使えば取引内容を入力をするだけで必要な帳簿はソフトが自動作成してくれます。上で挙げた「貸借対照表の作成」と「必要な帳簿」は、会計ソフトが作成してくれるのです。

今では青色申告で65万円控除を受けるための複式簿記のハードルが、
会計ソフトのおかげで大分下がっているということです。
もちろん簿記の知識があるに越したことはないので、
ソフトを使いながら事業に関係する部分を学習しつつ帳簿付けすればなお良いでしょう。

個人事業用会計ソフトの年間コストは法人用のものよりも大分安く、
大体どの会計ソフトでも年間1万円前後です。
青色申告65万円控除による年間の節税額が、10万円や20万円見込めるのであれば、
会計ソフトを使って節税を目指さない手はありません。
会計ソフトに投資して、節税と時間のリターンを得ましょう。

帳簿付けが楽になり、計算ミスが減って節税にもなるということで、
パソコンを使える事業主が会計ソフトを利用しない手はありません。

会計ソフトを使って65万円控除を目指すことのメリット・デメリット

メリットデメリット
  • 特別控除65万円による節税
  • 帳簿付けが簡単になる
  • 預金取引の自動取得による時間短縮も可能
  • 自動計算による人為的計算ミスの排除
  • メーカーのサポートを受けられる
    (加入プランによります)
  • 会計ソフトの年間コスト
    (→節税によりカバーできる!)

2014年(平成26年)以降は白色申告者でも記帳と帳簿の保存が義務付けられ、
白色申告を選択することのメリットも減りました。
会計ソフトを利用して65万円控除を目指すことをおすすめします。

会計ソフトで帳簿付けと確定申告書類の作成

クラウド型会計ソフトを使えば、複式簿記もかんたんになります。
従来の会計ソフトのように「まずもってどの帳簿にどう入力すればいいのか分からない!」
ということがありません。

MFクラウド確定申告やよいの青色申告オンラインfreee
MFクラウド確定申告の取引入力 やよいの青色申告オンラインの取引入力 freee(フリー)の取引入力画面

とくにおすすめしているのはMFクラウド確定申告や、やよいの青色申告オンラインfreeeで、
これらは、とにかくシンプルで使いやすい個人事業用の会計ソフトです。
取引内容を入力していけば、複式簿記の帳簿が自動的に作成されます。
複式簿記の知識はほとんど必要ありません。

ひとつ留意しておきたいのは、青色申告には事前申請が必要です。
(>> 青色申告承認申請書の提出期限
今回青色申告の申請が間に合わなかった人は、
会計ソフトに慣れる意味も含めて、ひとまず今年は白色で確定申告しましょう。
MFクラウドは白色申告・青色申告どちらにも対応しています。(設定の変更で切り替え可能)

>> MFクラウド確定申告(白色申告・青色申告対応)
>> やよいの青色申告オンライン(青色申告対応)
>> freee(白色申告・青色申告対応)