収入・所得・売上・所得控除などの違い

収入・所得・売上・所得控除などの違い

収入・売上・経費・所得・所得控除について

収入・売上・経費・所得・所得控除について、
まずは、それぞれの言葉の意味を簡単に説明します。

収入得たお金(対価性のない無償の経済的利益を含む)
売上商品の販売やサービスなどの対価に応じて受け取る代金
経費事業運営に必要な費用(「必要経費」とも呼ばれる)
所得収入から経費を差し引いたもの
所得控除税負担を公平にするために、個人の様々な事情を考慮して差し引かれるもの。
所得税を計算するときに、所得から差し引くことができる(詳細後述)

収入と売上の違い

一般的には、収入と売上が同じ意味合いで語られています。
ネット上でも「売上とは収入のことデス!」と書かれている事がほとんどです。
この2つの違いをそこまで気にする必要はありません。

厳密に言うと、収入は対価性のない無償の経済的利益などを含む概念です。
それに対して売上は、商品の販売やサービスなどの対価として受け取る利益を指します。
つまり、収入の方が売上よりも包括的な概念というわけです。
なので所得税などの計算では「売上」ではなく「収入」という言葉が使われます。

しかし、事業を運営していて得るお金はほとんどが「売上」なので、
多くの場で「収入 ≒ 売上」という説明になってしまっているわけです。

「対価性のない無償の経済的利益」とは?
例えば、国から補助金をうけとった場合
この場合は受け取った金額を「雑収入」という収入の一部として処理します。
国からもらう補助金が「売上」ではないということは、理解しやすいかと思います。

所得とは?

所得とは、収入から経費を差し引いたものです。
(会社員の場合は、収入から「給与所得控除」を差し引いたものが所得となります。)
収入 − 経費 = 所得

所得税を計算する時には、この所得から「所得控除」を差し引きます。
所得控除とは、個人の実情に応じて税金の負担を軽減してあげる仕組みのことです。

例えば、事故にあって年間の医療費が高額になった場合は医療費控除
子供を養っている人には扶養控除など、
納税者の生活状況に応じて様々な所得控除が用意されています。
>> 所得控除の一覧

先ほどの「所得」から所得控除を差し引いたものが「課税所得」になります。
課税所得とは、課税の対象となる所得のことを指します。
所得 − 所得控除 = 課税所得

この「課税所得」に応じて定められた税率をかけ、
課税控除額を差し引いた金額が実際に納める所得税になります。
課税所得 × 税率 − 課税控除額 = 所得税額

所得税の計算方法をおさらい

先ほどの流れで説明した所得税の計算方法をおさらいすると、以下のようになります。

所得税の計算方法
収入 − 経費 = 所得
所得 − 所得控除 = 課税所得
課税所得 × 税率 − 課税控除額 = 所得税額

課税所得の金額に応じて、税率と課税控除額が定められています。
例えば、課税所得300万円の人は税率10%、課税控除額97,500円
課税所得1,000万円の人は税率33%、課税控除額1,536,000円となります。
>> 所得税の計算例や納付時期・納付方法について

課税所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円
(平成27年分以降)

>> 個人事業の簿記・帳簿付けに関するまとめ
>> 売上はいつの日付で計上する?計上基準の種類と実現主義