クラウド型の会計ソフト比較 - 青色申告・白色申告対応のクラウド型ソフト

クラウド型会計ソフト

クラウド型会計ソフトのメリット

あらゆるデバイスで使える

クラウド型はパソコンにインストールせずに利用できます。
なので、パソコン、スマホ、タブレット端末など、
ネット環境さえあればデバイスを問わず会計データにアクセスできます。
もちろん、スマホやタブレット端末からでも帳簿づけが可能です。
WindowsパソコンでもMacでも同じように使えます。

パソコンが壊れても会計データが消失しない

端末にインストールする必要がないので、
万が一パソコンが壊れたとしても会計ソフトのデータは安全です。
パソコンの買い替え時に、会計データを最初から入れ替える必要もありません。
ネット環境さえあれば自宅でも外出先でも会計データにアクセスでき、
セキュリティ面でも堅牢なシステムが採用されています。

金融機関の入出金データを自動取得できる

金融機関の入出金データを会計ソフトに自動取得することもできます。
これにより、銀行通帳と会計ソフトをにらめっこして、
仕分けを考えながらデータ入力をする手間が省かれます。

銀行やクレジットカードを登録するだけで会計帳簿に反映してくれるので、
預金取引を入力するルーティン作業が多い事業主は重宝する機能です。
これはクラウド型会計ソフトならではの大きなメリットです。
ちなみに、事業用と個人用の口座を混合している場合でも、
「事業主借」「事業主貸」などの科目を使えば帳簿づけに問題ありません。

クラウド型会計ソフトのデメリット

ネット環境が不可欠

クラウド型会計ソフトを使うには、ネットに接続できる環境が必要です。
インストール型のようにオフラインで完結することができません。
そのため、自宅や職場の環境で安定的にネット環境が維持できない方にはおすすめできません。

料金が月額 or 年額制

インストール型の会計ソフトがパッケージ購入(もしくはダウンロード購入)と、
その後のバージョンアップという形式をとっているのに対し、
クラウド型の会計ソフトの支払いは、月額か年額で料金を支払うという形になっています。
ただ、インストール型の会計ソフトも毎年バージョンアップ版を購入する必要があるので、
どちらにしても年単位で継続的に料金を支払う形になります。

クラウド型会計ソフト - freee(フリー)

フリー

元グーグル社員の佐々木大輔氏が創業したfreee(フリー)
2013年には日本デザイン振興会のグッドデザイン賞を受賞した会計ソフトで、
徐々に人気を獲得しているクラウド会計ソフトです。
日本のクラウド会計ソフトにおける先駆け的な存在と言えます。

freeeは3ユーザーまでソフトを共有できるので、
担当者や税理士さんと会計ソフトを連携することも可能です。

>> クラウド会計ソフト「 freee(フリー)」

クラウド型会計ソフト - MFクラウド確定申告


マネーフォワード

MFクラウド確定申告は2,000社以上の金融機関に対応しており、
金融機関の取引明細を手入力する手間を省くことができます。

銀行やクレジットカードを登録しておけば取引明細を自動取得してくれるので、 手動入力によるミスが減り、会計に要する時間を大幅に短縮することができます。
ネットでの評判が高く、今一番おすすめできる会計ソフトです。

新サービスの「MFクラウド請求書」では、
マネーフォワードが用意している請求書のフォーマットに入力をすれば、
見栄えの良い見積書・請求書を手軽に作成・印刷することができます。

法人用には「MFクラウド会計」
個人事業用には「MFクラウド確定申告」という会計ソフトが出ています。
無料試用ができ、用途によっては無料のまま使い続けることも可能です。

>> クラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」

クラウド型会計ソフトの将来性

技術の発達により光回線などの通信インフラが整備され、
IT機器の利用コストが年々低下しているので、クラウド型サービスはこれからも増え続けます。
GmailやYahooメールなどのメールサービスや、Dropboxなどのデータ保存サービスなど、
パソコン周辺の多くのサービスがすでにクラウド型へ移行しています。

会計ソフトも例外ではなく、近年シェアを拡大している上記のソフトが先駆けとなってクラウド型の会計ソフトがこれから主流になっていきます。
会計ソフトの弥生も、上記2社のクラウド会計ソフト専門メーカーに遅れをとりましたが、2014年からクラウド会計ソフト「やよいの白色申告オンライン」と「やよいの青色申告オンライン」をスタートしました。 これから会計ソフトの利用を考えている方は、将来性のあるクラウド型の会計ソフトの導入をおすすめします。

上述のように通信機器の生産・維持コストが低下し続けているため、
これからクラウド型会計ソフトの利用コストが下がることはあっても、コストが上がることは考えにくいです。
実際の操作画面や使い方については下記ページで詳述しています。

>> MFクラウド確定申告の詳細レビュー
>> やよいの青色申告オンラインの詳細レビュー
>> freeeの詳細レビュー
>> 人気クラウド会計ソフト3社の徹底比較