国民年金基金を分かりやすく!

個人事業主の国民年金基金について

国民年金基金とは?

国民年金基金とは、個人事業主などが国民年金に上乗せして納めることができる年金で、 これを納めることにより将来受け取れる年金額を増やすことができます。

会社員などは、国民年金に上乗せして厚生年金を納めています。 これに対して「自営業者にも将来の備えを増やす方法を」ということで平成3年4月に創設されたのが国民年金基金制度です。 これと同じように国民年金に上乗せできる付加年金との併用はできません。

みんなが平等に納める国民年金(基礎年金)に上乗せする、 第1号被保険者のための公的な年金制度が国民年金基金制度というわけです。 (第1号被保険者 = 自営業者、農業者、学生、無職の方)

地域型と職能型の違い

国民年金基金には「地域型(47都道府県)」と「職能型(25の職種)」がありますが、この2つは運営主体が異なるだけで、内容は同じです。都合が良い方に加入しましょう。(例えば、職業は変わらないが転勤で引越しが多い方は、職能型に加入するなど)

納付額と受給額をざっくりと理解する

国民年金基金の掛金は、合計で月額68,000円が限度額です。 この範囲内で「給付の型」と「加入口数」を選択することになります。もし個人型確定拠出年金(iDeCo)にも加入している場合は、その掛金と合計して68,000円以内となります。

毎月の掛金と将来の給付額は、加入する年齢と性別、選択するプランによって大きく変わります。 (男女間での平均寿命の関係で、性差もあります。2015年の平均寿命統計で、日本人男性は80.79歳、日本人女性は87.05歳。つまり、長生きする女性の方が、毎月の保険料が割高になります。)

最も月額の掛金が低くなる例は、
「男性が20歳ちょうどで、終身保険B型を1口だけ加入した場合」で、
月額6,180円の納付額となります。20歳で加入すれば、これを40年間払うことになります。
6,180 × 12ヶ月 × 40年 = 2,966,400円(40年間の掛金合計額)

これにより65歳以降、亡くなるまで毎年24万円を受け取ることができます。
この場合は大体12年(77歳の時)で、もとをとれる形になり、
それ以降も存命であれば「入っていて良かったナア」ということになります。
(2,966,400円 ÷ 240,000円 = 12.36年)

また、後述のようにB型以外の給付型は、遺族一時金の保証もあるので、 たとえ受給の途中に亡くなったとしても遺族へ一時金が支給されることになっています。

給付の型と加入方法をざっくりと理解する

「給付の型」と「加入口数」は自分で選択できます。 給付の型は合計で7種類あり、「終身型」のA, Bと、「確定型」のI, II, III, IV, Vに分かれています。 終身型では、加入者が亡くなるまで給付金をもらえます。確定型は、あらかじめ給付金をもらえる期間が確定しています。

1口目だけは、A型かB型の2種類から選択

1口目だけは、終身型の「A型」か「B型」の2種類から選択することになります。

男性が30歳ちょうどで加入した場合 - 1口目

払う月額掛金将来増える年金将来もらえる年金の期間遺族一時金の保証期間
終身 A型10,170円(月)24万円(年)亡くなるまで65歳から15年間
終身 B型8,990円(月)24万円(年)亡くなるまで遺族一時金なし

2口目以降は、7種類の型から選択

「1口だけじゃ物足りないよ」という方は、68,000円の範囲内で2口以上加入できます。 2口目以降は、7種類の型から自由に選ぶことができます。同じ型に複数加入することもできます。 ただし、確定年金の金額が、終身年金の金額をこえる選択はできません。 「終身年金(A,B)の合計 > 確定年金(I,II,III,IV,V)の合計」の形ならOKということです。

男性が30歳ちょうどで加入した場合 - 2口目以降

払う月額掛金将来増える年金将来もらえる年金の期間遺族一時金の保証期間
終身 A型5,085円(月)12万円(年)65歳から死亡まで65歳から15年間
終身 B型4,495円(月)12万円(年)65歳から死亡まで遺族一時金なし
確定 I型3,635円(月)12万円(年)65歳から15年間65歳から15年間
確定 II型2,510円(月)12万円(年)65歳から10年間65歳から10年間
確定 III型3,915円(月)12万円(年)60歳から15年間60歳から15年間
確定 IV型2,705円(月)12万円(年)60歳から10年間60歳から10年間
確定 V型1,405円(月)12万円(年)60歳から5年間60歳から5年間

加入者が、年金を受け取る前、あるいは保証期間中に亡くなった場合は「遺族一時金」が加入者の遺族へ支給されます。 B型のみ遺族一時金の保証がなく、残りの6つには遺族一時金の保証があります。 (B型のみでも年金の受給前に亡くなった場合は、1万円の一時金が遺族に支給される)

加入者が亡くなった場合に支給される「遺族一時金」は、 国民年金基金ウェブサイトの概算表で確認できるだけで、算出方法などは発表されていません。 おおまかなイメージとしては「生きていたら支給されていた金額よりも、ちょっと少ない金額」が遺族へ支給されます。

例えば、30歳から終身A型に1口加入していた男性が70歳で亡くなった場合
1口目のA型は、遺族一時金の保証期間は65歳から80歳までの15年間でした。 なので、70歳で亡くなった場合は「残りの10年間で受け取れるはずだった年金よりも少ない金額」が、遺族一時金として遺族へ支給されます。この場合は223万円です。(「24万円 × 10年分 = 240万円」よりも、ちょっと少ない金額)

国民年金基金ウェブサイトの下記ページで「毎月の掛金額」「将来うけとれる年金額」「掛金を払う期間」「控除により所得税と住民税が減額される金額」「税の軽減を差し引いた実質の年間掛金額」などを試算できます。 年金額シミュレーション - 国民年金基金ウェブサイト

掛金の増減と前納割引について

1口目を減額して、掛金をゼロとすることや、1口目の型を変更(A型⇒B型など)することはできません。 しかし、2口目以降の加入口数は、増やしたり減らしたりすることができます。

4月から翌年3月までの1年分の掛金を前納すると、0.1か月分の掛金が割引されます。(仮に掛金月額が10,000円の場合、1,000円割引に。11.9ヶ月分払うことになるということ。) 資金に余裕のある方は前納しましょう。

社会保険料控除として全額が所得から控除できる

国民年金基金で納めた納付額は、社会保険料控除として全額が所得控除の対象となります。これが国民年金基金の加入メリットのひとつと言えます。

運営主体から毎年11月に「社会保険料控除証明書」が郵送されます。 個人事業主は、この証明書に記載の通り確定申告書Bに記入をし、 添付書類台紙に証明書を貼り付けて提出します。

国民年金基金の仕訳について

国民年金基金の支払いは、個人事業主のプライベートな支出と考えるので、特に帳簿づけの必要はありません。 事業用の口座から振替をしている場合などで、帳簿づけの必要がある場合には、 「事業主貸」の勘定科目を利用して仕訳します。 国民年金や国民健康保険と同じ考え方です。

国民年金基金の掛金額は、基本的に毎月1日に指定の金融機関から引き落とされます。 国民年金とあわせて納付する場合は、基本的に上記の引き落とし日の前月の月末に引き落とされます。

国民年金基金 - 複式簿記での仕訳例

日付借方貸方摘要
2017年2月1日事業主貸 14,345普通預金 14,345国民年金基金

>> 社会保険料の仕訳方法について

個人事業主の国民年金基金 まとめ

国民年金基金は、国民年金(月額16,490円/平成29年度)に上乗せできる年金です。 「国民年金だけでは将来の備えとして心もとない」という個人事業主は、任意で国民年金基金に加入できます。 同じように国民年金に上乗せできる付加年金(月額掛金400円)との併用はできません。

国民年金基金の掛金の限度額は、月額68,000円。 この範囲内で「給付の型」と「加入口数」を選択できます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)にも加入している場合は、これら2つの合計限度額が68,000円(月)となります。

掛金の限度額は月額68,000円でしたが、掛金の最低金額はいくらなのでしょう。 毎月の掛金と将来の給付額は、加入する年齢と性別、選択する給付型によって大きく異なりますが、 最も月額の掛金が少なくなる例が「20歳0ヶ月の男性が、終身保険B型を1口だけ加入した場合」で、月額6,180円です。

給付型は、1口目は「A or B」の2つからのみ選択できます。2口以上加入する場合は、2口目以降は7種類の給付型から複数選択できます。B型以外の給付型は、加入者が亡くなった場合の「遺族一時金」を支給される保証期間があります。

「保険料払い込み期間の途中だが掛金の増減をしたい」という場合、1口目は変更不可ですが、 2口目以降の加入口数は途中で増やしたり減らしたりできます。 また、国民年金基金の掛金1年分を前納すると、0.1か月分の掛金が割引されます。

国民年金基金として支払った納付額は、社会保険料控除として全額が所得控除の対象となります。 個人事業主は、国民年金基金の支払額を帳簿につける必要はありません。 事業用の口座から振替納付などして帳簿づけが必要な場合は、「事業主貸」の勘定科目を利用して仕訳すればOKです。

  • 国民年金基金は、国民年金(月額16,490円/平成29年度)に上乗せできる年金
  • 付加年金との併用はできない
  • 掛金の限度額68,000円(月)の範囲内で「給付の型」と「加入口数」を選択する
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)にも加入している場合は、これらの合計限度額が68,000円(月)
  • 最も月額の掛金が少なくなる例で、月額6,180円
  • 1口目は「A or B」で選択、2口目以降は7種類の給付型から複数選択できる
  • B型以外の給付型は、加入者が亡くなった場合の「遺族一時金」を支給される保証期間がある
  • 1口目は変更不可だが、2口目以降の加入口数は途中で増減できる
  • 1年分の掛金を前納すると、0.1か月分の掛金が割引される
  • 国民年金基金として支払った納付額は、社会保険料控除として全額を控除できる
  • 国民年金基金を仕訳する必要はないが、記帳する場合は「事業主貸」の勘定科目を利用する

>> 個人事業主の保険・年金・共済に関するまとめ
>> 個人事業主が納付する税金の仕訳一覧