確定申告はいつまで?申告期限と提出方法 2017年(平成29年)版

平成29年の確定申告期限はいつまで?

2017年(平成29年)の確定申告期限は?いつまでに出せば良い?

2017年(平成29年)の確定申告期間は2月16日(木)~3月15日(水)です。
つまり期限日にあたる3月15日までに、確定申告書類を税務署へ提出する必要があります。
(>> 確定申告期間と確定申告の方法に関する詳細はこちら

確定申告の方法は、以下の3通りあります。

  • 確定申告書類を税務署へ持参・あるいは税務署で確定申告書類を書く
  • 確定申告書類を税務署へ郵送する
  • ネットを使って電子申告する(事前申請等が必要)

電子申告をするには事前申請が必要です。
また、電子申告のための機器の購入が必須です。
(平成28年以降は、マイナンバーカードの作成とICカードリーダーの購入)
マイナンバーカードの交付開始にともない、住基カードの新規発行・更新は終了しました

e-Taxは、確定申告時期のみ土日祝日を含めて24時間利用できます。(月曜日の0時〜8時半のみメンテナンスで停止)>> e-Taxの利用可能時間 - 通常期と確定申告時期

確定申告期限に遅れたらどうなる?

確定申告期限(3月15日)に遅れても、申告は受け付けてくれます。
ただし、確定申告が遅れると延滞税や無申告加算税を課される場合があります。

  • 延滞税は、遅れた日数に応じて加算される(年利最高14.6%)
  • 無申告加算税(最高20%、本来の所得税額に上乗せして納付する)

確定申告をするのが遅れるほど、追加で納める罰則的な税金が増えてしまいます。
税務署は最大7年前までさかのぼって税務調査ができるので、
申告を忘れていた場合などは早めに申告することをおすすめします。
延滞税や無申告加算税の詳細は、以下のページを参考にして下さい。

>> 確定申告をし忘れた場合の期限後申告について

納税はいつまで?所得税や消費税などの納付期限について

確定申告をして最初に納付期限がせまるのが所得税で、
所得税はその年の確定申告期限日までに納付する必要があります。
つまり、2017年(平成29年)の場合は3月15日(水)までに納税します。

次に消費税を納める必要がある事業者は、3月31日までに消費税を納付します。
(開業してから2年間は、消費税を納める必要はありません。
前々年の課税売上高が1,000万円以下の場合も、基本的に納税の必要なし。)

ただし、所得税や消費税は自分の銀行口座からの振替納税を選択することで、
支払日を遅らせることができます。

具体的には、所得税は振替納税にすると銀行口座からの振替日が4月20日(木)、
消費税は4月25日(火)になります。(いずれも平成29年の場合)
この日付で、指定した銀行口座から税金が自動振替されます。
>> 所得税と消費税の納付方法について

そして、少しの期間を経て住民税の通知が6月頃に郵送で届きます。
個人事業税の通知はさらに遅く、8月以降に届きます。

>> 個人事業で納める税金の納付時期について

白色申告と青色申告

確定申告期限を過ぎると、申告するのが遅れるほど税制上不利になるので、
早めに帳簿づけと確定申告書類の作成をすませてしまいましょう。

かといってテキトーに記帳をして確定申告を出すわけにもいきません。
前述の通り、税務署は最大7年分さかのぼって税務調査ができるようになっています。

手書きで帳簿づけをするのは非常に大変で簿記の知識も必要なので、
個人事業用の会計ソフトを使って帳簿づけし、
そのまま会計ソフトで確定申告書類を自動作成しましょう。
これで帳簿づけと確定申告書類の仕上げが、簡単かつ正確になります。

個人事業の確定申告に関しては、
白色申告と青色申告で帳簿づけと確定申告書類の要件が違うので注意が必要です。
>> 白色申告と青色申告の違い

ちなみに確定申告期限に遅れると、青色申告の65万円控除は受けられません。
青色申告65万円控除を受けるための要件のひとつに、
申告期限までに確定申告を出すことが含まれています。
この場合は最大10万円控除になります。

>> 白色申告するまでにやること 簡単な帳簿づけ・領収証等の保存
>> 青色申告するまでにやること 複式簿記・領収証等の保存