現物給与(げんぶつきゅうよ)

現物給与

給料賃金はお金で支給されるのが普通ですが、現物で支給することもできます。
食事や商品の値引き、その他の経済的利益をもって給与を支給することが可能です。

例えば、従業員に社宅を安く貸したり、食事やユニフォーム、
通勤定期券などの支給をすることを現物給与と呼びます。
現物給与を支給した場合には、その現物を通貨に換算して給与所得の収入金額とします。
東京薬業健康保険組合 - 現物給与を金銭に換算する場合(東京都内の実例)

現物給与は、4つのケースに大別されます。

  1. 物品をあげたり、安く譲渡する場合
  2. 土地や家を無料で貸したり、安く貸す場合
  3. 福利厚生用施設の利用など、2以外のものを無料または安く提供する場合
  4. 個人的債務を免除または負担する場合

基本的には、現物給与にも所得税がかかりますが、
所得税を課税しないもの(しなくてもよいもの)もあります。
>> 納税協会 - 主な現物給与の取扱い