2016年の確定申告とマイナンバーについて

2016年の確定申告とマイナンバー

2016年提出の確定申告にマイナンバーは関係しない

2016年(平成28年)2月16日〜3月15日の期間に提出分の確定申告書に、マイナンバーの記載欄はありませんでした。この確定申告にはマイナンバーは関係しませんでした。

各年度の確定申告書類マイナンバー記載欄の有無
2015年(平成27年) 2月〜3月に提出の確定申告書
(2014年度分の確定申告)
マイナンバー記載欄なし
2016年(平成28年) 2月〜3月に提出の確定申告書
(2015年度分の確定申告)
マイナンバー記載欄なし
2017年(平成29年) 2月〜3月に提出の確定申告書
(2016年度分の確定申告)
マイナンバー記載欄あり
2018年(平成30年) 2月〜3月に提出の確定申告書
(2017年度分の確定申告)
マイナンバー記載欄あり

マイナンバー制度がスタートしたのは、2016年(平成28年)1月からですが、
2016年2月16日〜3月15日に提出する確定申告書は前年の2015年度分のものなので、マイナンバーの記載は不要ということです。この確定申告書にはマイナンバーの記載欄もありません。
>> 2016年の確定申告期間と提出方法について

言い換えると、2016年2月16日〜3月15日に提出した2015年度分の確定申告書が、マイナンバーのつかない最後の確定申告書だったということになります。翌年以降の確定申告書には、マイナンバーの記載欄がつきます。

前述の通り、マイナンバー制度が始まったのは2016年1月からなので、実際に個人事業主と企業などとの間でマイナンバーのやりとり(支払調書などのため)が始まったのも2016年1月からです。マイナンバーの手続きに関する時期については、下記ページにまとめましたので合わせてご参照下さい。 >> マイナンバーに関する情報を時系列でまとめました

確定申告書にマイナンバーを記載するのは2017年(平成28年)から

実際に確定申告書へマイナンバーを記載するのは2017年2月16日〜3月15日に提出する、2016年度分の確定申告書からです。

マイナンバーの記載欄が確定申告書に表記されるようになってからは、個人事業主は12ケタのマイナンバー(個人番号)を確定申告書に記載すればOKです。株式会社などの法人には13ケタの法人番号が割りあてられていますが、個人事業主・フリーランスの方は自分の個人番号を使うことになるので、12ケタのマイナンバーを記入しましょう。

確定申告書B 第一表確定申告書B 第二表
確定申告書Bのマイナンバー記入欄配偶者や扶養親族のマイナンバーを記入する欄 - 確定申告書B

結婚をしていて配偶者控除を受ける場合や、 子どもがいて扶養控除を受ける場合には、 対象となる配偶者や扶養親族のマイナンバーも記入することになります。 事業専従者とは、簡単にいうと、個人事業を手伝ってくれている家族のことを指します。 事業専従者がいる場合には、その専従者のマイナンバーも記入します。 >> 確定申告書に記入するマイナンバーや添付する本人確認書類について

個人事業主の場合、上記の確定申告書Bにマイナンバーを記載することになります。青色申告決算書、収支内訳書、計算明細書等の申告書添付書類については、個人番号の記載は不要です。確定申告で提出する必要書類を、いま一度確認しておきましょう。

白色申告で提出する書類青色申告で提出する書類

必要に応じてその他の申告書類を提出する場合があります。

>> 2017年の確定申告とマイナンバーについて
>> 白色申告と青色申告の違い
>> 個人事業主が確定申告で提出する必要書類について