白色申告の帳簿に関するまとめ

白色申告の帳簿づけ

白色申告の場合に確定申告で提出する必要書類

収支内訳書 ページ1収支内訳書 ページ2
収支内訳書1ページ目 収支内訳書2ページ目
>> 白色申告で提出する収支内訳書のダウンロードについて

白色申告で提出するのは、「収支内訳書」と「確定申告書B」です。
それぞれ2ページの記入欄があるA4用紙で、
これらに1年間の売上や経費の内訳、所得金額などを記入していきます。
(その他、各々の事業の状況に応じて必要な書類があれば提出します。)

これらの確定申告で提出する書類には、
1年間コツコツとつけてきた帳簿の内容を集計して記入します。
例えば、年間売上の合計金額や、交通費や消耗品費など勘定科目ごとの経費、
主な売上先や仕入先の明細などを記入して提出します。

確定申告の直前に帳簿付けを始めることになった方は、
領収書や納品書、預金通帳の入出金記録などをもとにして売上や経費を帳簿づけしましょう。
>> 白色申告 経費の範囲や領収書について

作成した帳簿は税務署に提出するわけではない?

日々の売上や経費を記帳していた帳簿はどうするのかというと、
確定申告の際に税務署へ提出するわけではありません。

売上や経費などの収支を記録した帳簿は、税務調査が入った場合などに提出するものです。

税務署は最大7年間さかのぼって税務調査ができることになっているので、
過去の帳簿や領収書も捨てずに保管しておく必要があります。

平成26年1月から帳簿の記帳と保存が義務化された

以前は、白色申告者で年間所得が300万円未満の方は、帳簿をつける義務がありませんでした。
(収入 − 必要経費 = 所得)

しかし法改正により、2014年(平成26年)1月からは白色申告をする方全員に帳簿の記帳と保存が義務づけられることになりました。
この点は、ネット上に法改正前の古い情報も混在しているので注意しましょう。

現在では、たとえ年間所得が300万円未満の個人事業者であっても、
帳簿をつけてそれを保存しておく義務があります。
つまり、全ての個人事業主に帳簿づけと必要書類の保存が義務付けられているということです。

法定帳簿は7年間、その他に任意で作成した帳簿や領収書などは5年間保管しておきます。
>> 帳簿の保存期間と保存方法について

帳簿を作成しなかった場合の罰則はある?

帳簿を作成していなかった場合や不備があった場合の罰則について、
記帳の義務を怠った事自体への罰則は、特に規定されていません。
しかし、この際に注意しておきたいのは、推計課税の適用です。

推計課税とは、財産や債務の状況など間接的な資料をもとにして、
税務署長が納税者の納税額を決定できる仕組みのことを指します。
「証拠がないんだから、このぐらいね」と、納税額を決められてしまいます。

帳簿などの証憑を残せていない場合には、
税務署の推計によって納税額等を決定されてしまうというわけです。
これでは実際の利益がいくら少なくとも認めてもらえません。

白色申告での帳簿のつけ方について

帳簿づけは手書きで書き込んでいくやり方や、エクセル等で作成する方法でも認められます。
しかし、これでは非常に時間がかかる割に人為的なミスも増えて大変なので、
個人事業用の会計ソフトを利用することをおすすめします。
これにより帳簿づけが簡単かつ正確になり、確定申告書類も自動作成できます。

白色申告の場合は簡易な簿記で良いので、日付・金額・勘定科目・摘要などを入力していきます。 会計ソフトで帳簿づけをすると下記のようになります。

帳簿づけ(簡単入力)確定申告書類の作成
広告宣伝費の仕訳例 - MFクラウド確定申告 確定申告書類の作成もできる - MFクラウド確定申告

このように売上や経費を入力していくと、自動計算されて確定申告書作成のためのデータが出来上がります。 あとはユーザーが簡単な手入力をして、確定申告書類を完成させます。 ソフトで作成した確定申告書類は、印刷すれば税務署への提出用としてそのまま利用できます。 印刷環境がない方は、パソコンの画面を見ながら実際の書類に書き写しても良いでしょう。

この「MFクラウド確定申告」はシンプルで使いやすく、公式ガイドを参照して使えば初心者でも帳簿づけから確定申告書類の作成まで簡単にできます。
>> MFクラウド確定申告

このように、白色申告に対応した会計ソフトが提供されているので、
こういった専用のソフトを利用して帳簿づけすることをおすすめします。

>> まずは白色申告対応の会計ソフトを用意
>> 白色申告の帳簿づけ具体例