無料で使える個人事業用の会計ソフト

無料で使える個人事業用会計ソフト

これからの会計ソフトは、ネット接続を前提としたクラウド型が主流になります。
ネットでログインして使う形の会計ソフトを無料で使いはじめることができるので、
会計ソフトをパソコンにインストールする必要はありません。

シンプルな構成の「MFクラウド確定申告」

ソフトの構成や帳簿付けが複雑で分かりにくい会計ソフトが多い中、
MFクラウド確定申告はシンプルで初心者にも分かりやすい構成になっています。

MFクラウド確定申告の取引入力画面

基本的には、この取引画面に売上や経費の内容を入力していきます。
入力した取引内容はレポートや会計帳簿、決算申告書のデータとして即座に反映されます。

カンタン確定申告ガイド

ソフトの中にある「カンタン確定申告ガイド」の通りに進めば、
日々の取引入力から確定申告書の書類作成まで5ステップで完結します。
さらに、MFクラウドは無料プランでも確定申告書類を出力できます。

また、銀行口座やクレジットカードを登録すれば、預金取引を自動取得することも可能です。
銀行通帳をにらめっこしながら預金取引を手入力する必要がなくなるわけです。
預金取引自動取得は、3,600以上の金融機関に対応しています。

MFクラウド確定申告は白色申告・青色申告どちらにも対応しています。
法人用のMFクラウド会計は有料ですが、個人事業主用は無料で利用することができます。

>> MFクラウド確定申告 - 白色申告・青色申告対応

会計ソフトの王道ブランド やよいのオンラインシリーズ

会計ソフトで有名な弥生も、クラウド型のやよいオンラインシリーズをスタートしました。
やよいの白色申告オンラインは、もともと有料サービスでしたが、 2016年12月26日にサービスを無償化することが発表されました。 サポートなしのフリープランであれば、無料で会計ソフトを使うことができます。

やよいの青色申告オンラインの取引入力画面

日々の取引はかんたん取引入力に打ち込んでいきます。
勘定科目の簡易説明も表示されるので初心者でも理解しやすいと思います。

9つのステップで確定申告書類が作成できる

減価償却費の計算や申告書類の作成は「確定申告」のメニューから行います。
やよいの会計ソフトでも、もちろん確定申告で提出する書類を作成することができます。
※ やよいの無料体験プランでは確定申告書類を出力することができません。

MFクラウド程ではありませんが、取引入力やソフトの構成は分かりやすく、
こちらも従来の会計ソフトに比べて十分に使いやすいソフトと言えます。
(白色申告オンラインは無料プランあり、青色申告オンラインは有料です。)

>> やよいの白色申告オンライン   >> やよいの青色申告オンライン

会計ソフトを使って帳簿付けから確定申告書類作成まで完結

これらの会計ソフトを使えば、会計帳簿から確定申告書類の作成まで対応できます。
確定申告で提出する申告書Bや収支内訳書、青色申告決算書などは自動作成してくれます。
提出書類を初心者が自力で作成することは難しいのでソフトに任せましょう。

どちらのソフトもクラウド型なのでWindows・Mac両方に対応しています。
おすすめはソフトの構成がシンプルで使いやすいMFクラウド確定申告です。
実際に利用しているネットユーザーからの評判も高く、いま一番おすすめできる会計ソフトです。
やよいのオンラインも良いソフトですが、操作のレスポンスが比較的遅い印象です。

この2つは無料で始めることができる貴重な会計ソフトなので、使い比べてみてください。
※ やよいは青色申告と白色申告で別のソフトして扱われているので、申告形態に応じて利用して下さい。

確定申告 対応状況会計ソフト名称
白色申告・青色申告 両対応>> MFクラウド確定申告
青色申告対応>> やよいの青色申告オンライン
白色申告対応>> やよいの白色申告オンライン