スマホアプリ版 MFクラウド会計・確定申告でできること

MFクラウド確定申告のスマホアプリ

MFクラウド確定申告は、パソコンのブラウザ上で操作するクラウド会計ソフトです。 WindowsやMacのブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chrome、Firefox、Safariなど)からログインし、 会計ソフトを操作することができます。>> MFクラウド確定申告(公式サイト)

MFクラウド確定申告 スマホアプリ版の概要

MFクラウド確定申告はスマホ版アプリもリリースされており、これを利用することで現在の経営状態をスマホで確認することができます。

スマホアプリ版はあくまでも会計状況の分析がメインなので、このスマホアプリから帳簿づけ・仕訳登録はできません。 外出先で帳簿づけなどをしたいという場合には、アプリではなくブラウザから利用しましょう。 スマホやタブレットのブラウザからMFクラウド確定申告にログインすれば、パソコンと同じように仕訳登録などの操作をすることができます。

スマホアプリはデータのチェック専用

Android用Google PlayとiOS用App Storeのどちらからでも「MFクラウド会計・確定申告分析アプリ」という名称でリリースされており、無料でダウンロードできます。

アプリのアイコンでは「MF会計」と表示されますが、個人事業用の「MFクラウド確定申告」法人用の「MFクラウド会計」どちらも使えます。 (アプリを起動して、ブラウザ版と同じメールアドレス・パスワードを入力すればOK)

以下ではiOS(iPhone)で利用した場合のアプリ画面をもとに紹介していきます。 iPadなどのタブレット端末でも同じようにこのアプリを利用できます。

自動取得に設定した銀行残高の確認

銀行残高の確認 - MFクラウドのスマホアプリ

アプリのホーム画面では、MFクラウド確定申告に登録している銀行の残高合計金額と、個別の銀行口座残高が確認できます。

ただし、ここで表示されるものは自動取得を設定している銀行に限定されるので注意が必要です。 オンラインバンキングを利用していない銀行口座、 オンラインバンキングを利用していてもMFクラウドとデータ連携していない銀行の残高は、 このアプリでは確認できないということです。

MFクラウド確定申告の自動仕分けについて

MFクラウドの自動取得とは、銀行口座やクレジットカードなどの明細データを自動で取り込むことができる機能です。 また、取引明細からMFクラウドが勘定科目を自動提案してくれるので、仕訳の入力時間が大幅に短縮できます。

資金繰り状況の確認 - 月ごとの入金額・出金額をチェック

資金繰り状況の確認 - MFクラウドのスマホアプリ

メニュー「資金繰り」では、月ごとの入金金額・出金金額・銀行残高を確認できます。 前後3ヶ月分もグラフ表示されるので、お金の流れを視覚的に把握できます。

また「入金・出金の詳細」をタップすることで、 その月の入金内訳(どこから入金があったか)と出金内訳(何にお金を使ったか)を円グラフで確認することができます。

損益分析 - 売上総利益と控除前の所得金額をチェック

損益分析 - MFクラウドのスマホアプリ

メニュー「損益分析」では、「売上総利益」と「控除前所得金額」の2つが確認できます。 売上から原価を差し引いたものが「売上総利益」、この売上総利益から経費を差し引いたものが「控除前の所得金額」です。

売上総利益売上(収入)金額 - 売上原価 = 売上総利益
控除前所得金額売上総利益 - 経費 = 控除前所得金額

上記の項目を、月ごとに表示して確認できます。個人事業主の場合は、この控除前所得金額の1年間の合計金額から、所得控除を差し引いた金額に税金が課せられることになります。

ちなみに、法人用メニューの「損益分析」では、下記の4つが確認できます。

売上総利益売上高 - 売上原価 = 売上総利益
営業利益売上総利益 - 販売日及び一般管理費 = 営業利益
経常利益営業利益 - 営業外費用 = 経常利益
(営業外収益がある場合は、それを加算したものが経常利益に。)
当期純利益経常利益 - 特別損失 - 法人税等 = 当期純利益

4ケタのパスコードでアプリの起動をロック

4ケタのパスコードロック - MFクラウドのスマホアプリ

このアプリの起動に4ケタのパスコードロック、あるいは指紋認証によるロックをかけることができます。 スマートフォン自体のパスコードや指紋認証・Face IDなどのロックに加えて、 アプリ単独のセキュリティを高めることができます。

タッチID対応Face ID対応 (非公式)
タッチIDに対応 - MFクラウドのスマホアプリ Face IDに対応 - MFクラウドのスマホアプリ

指紋認証に対応しているスマートフォンでは、パスコードロックではなく、指紋認証によるTouch ID(iOSの場合)を設定することも可能です。 また、公式には今のところ非対応とされていますが、iPhone Xの顔認証機能を使ってアプリのロック解除をすることもできました。

>> MFクラウド確定申告(白色申告・青色申告 両対応)
>> MFクラウド確定申告の詳細解説 - パソコンからの操作画面など
>> MFクラウド確定申告の3プラン - フリー・ベーシック・あんしんの違い