2月28日までの期間限定!MFクラウド確定申告キャンペーン実施中

MFクラウド確定申告キャンペーン

期間限定キャンペーン内容

MFクラウドキャンペーン

人気のクラウド会計ソフトMFクラウドが、期間限定のキャンペーンを実施中です。
本キャンペーンは終了しました。
使い方を後述していますが、シンプルで使いやすくおすすめの会計ソフトです。
(このソフトで売上や経費などの帳簿づけから、確定申告書類の作成まで対応)

2月28日までの期間限定キャンペーンの内容

  • 確定申告を簡単にするガイドブック「はじめてのクラウド確定申告 (1,382円)」プレゼント
  • プレミアム会員45日間の無料クーポンコード付き(ガイドブックに付属)
  • さらにプレミアム会員30日間の無料クーポンコードもついてくる

確定申告のためのガイドブックに加え、機能が充実したプレミアム会員(通常800円/月 or 8,800円/年)の無料クーポンがプレゼントされる内容になっています。
>> MFクラウド確定申告(白色申告・青色申告 両対応)

↓期間限定キャンペーンの詳細・キャンペーン申込の手順について
>> キャンペーンページはこちら【2月28日まで】 本キャンペーンは終了しました。

MFクラウド確定申告の取引入力

MFクラウド確定申告の取引入力
1234
支出から「現金」を選択プルダウンメニューから「備品・消耗品費」を選択し、購入金額の1,000を入力します。現金を支払った日付を選択摘要には経費の内容を記入します。

MFクラウドでの取引入力は4ステップで完了します。
この要領で売上や経費を入力していくことで、
そのデータが「帳簿」「レポート」「確定申告で作成する書類」に反映されていきます。

帳簿づけは、一度やり方が分かればあとは反復作業です。
ちなみに簿記の知識がある方は、詳細モードに切り替えることで複式簿記による入力が可能です。

利用している銀行やクレジットカードの情報を登録すれば、
預金取引は自動取得することもできます。
これにより会計に関わる膨大な作業が自動化できます。(2,000以上の金融機関に対応)
もちろん手動で入力することもできます。>> MFクラウドの詳細レビューはこちら

MFクラウドで確定申告書類の作成

カンタン確定申告ガイド

取引入力がひと通り終わったら、確定申告書類の作成です。
ソフトの中にある「カンタン確定申告ガイド」を見ながら進めば、
初心者でも5ステップで確定申告書類を作成することができます。

取引入力から確定申告書類の作成まで、シンプルで分かりやすいソフトです。
ネット環境さえあればパソコンやスマホからどこでも会計ソフトを操作できます。
(パソコンはWindows・Mac両方に対応)

パソコンにインストールするタイプではないので、
万が一パソコンが壊れても会計データを消失するリスクをおさえることができます。
また、パソコン買い替えの際にも会計データを一から入れなおす必要はありません。

ガイドブックには個人事業の基本知識や帳簿づけの方法がまとめられており、
この会計ソフトを使って実際に確定申告をする方法も記載されています。

↓MFクラウド確定申告の公式サイトはこちら
>> MFクラウド確定申告(白色申告・青色申告 両対応)

↓期間限定キャンペーンの詳細・キャンペーン申込の手順について
>> キャンペーンページはこちら【2月28日まで】 本キャンペーンは終了しました。

>> 個人事業の会計ソフト一覧へ