白色申告対応の会計ソフト

おすすめの白色申告ソフト
最終更新日:2017年1月4日

白色申告におすすめの会計ソフト

白色申告に対応した会計ソフトをまとめました。おすすめは初心者でも使いやすいクラウド型会計ソフトです。 これらはインストール型ソフトの後に新しく開発されたもので、操作が分かりづらいインストール型会計ソフトの欠点をカバーしています。 上位3つのクラウド型会計ソフトは、パソコンだけでなく、スマホやタブレット端末からでも操作できます。

会計ソフト製品名 / シリーズ導入スタイル
料金 / 参考価格(税込み)対応OS / 対応デバイス
MFクラウド確定申告MFクラウド確定申告クラウド型
フリープラン:0円
ベーシックプラン:792円(月)~
Windows・Mac両対応
パソコン・スマホなどで利用可
やよいの白色申告オンラインやよいの白色申告オンラインクラウド型
フリープラン:0円
ベーシックプラン:8,640円(年)
Windows・Mac両対応
パソコン・スマホなどで利用可
freeefreee(フリー)クラウド型
お試しプランあり
個人事業主:980円(月)~
Windows・Mac両対応
パソコン・スマホなどで利用可
やよいの青色申告2017 消費税法改正対応やよいの青色申告インストール型
12,960円Windows / パソコン用
やるぞ! 青色申告2017 フリーランスのかんたん節税申告パックやるぞ!青色申告インストール型
11,664円Windows(Mac版も有り)
パソコン用

「やよいの青色申告」や「やるぞ!青色申告」は、商品名で「青色申告」を銘打っていますが、白色申告のための帳簿づけ・書類作成にも利用できるインストール型会計ソフトです。
クラウド型とインストール型の違いはこちら

MFクラウド確定申告(白色申告・青色申告 両対応)オススメ!

MFクラウド確定申告
Windows・Mac 両対応 白色申告・青色申告 両対応
パソコン・スマホ・タブレット対応 クラウド型会計ソフト

MFクラウド確定申告は白色申告・青色申告の両方に対応したクラウド型会計ソフトです。 動作が軽く、シンプルで使いやすいのが特徴の会計ソフトです。

MFクラウド確定申告の取引入力

入力画面は非常にシンプルで、帳簿付け初心者にも分かりやすい構成になっています。
下記の4ステップで取引内容の入力が完了します。帳簿づけに関しては、基本的にこの作業の繰り返しです。摘要・タグは必要に応じて入力します。

1.収入 or 支出を選択 2.取引内容と金額を入力 3.日付を選択 4.摘要・タグを入力

現金取引は手動で入力する必要がありますが、預金取引は銀行口座やクレジットカードを登録することで、自動で取引内容を取り込むことができます。 自動取込は、日本国内で2,000以上の金融機関サービスに対応しています。

MFクラウド確定申告の設定画面

設定画面では、各項目にマウスカーソルを合わせると簡単な説明が表示されます。 説明を見れば、簿記や確定申告の知識が十分にない初心者でも目的に応じた設定を行うことができます。

このソフト1本で、日々の帳簿づけから確定申告書類の作成まで対応できるため、
個人事業の帳簿付け・確定申告書類の作成が初めての方にもおすすめです。
下記のページから無料試用することができます。

>> MFクラウド確定申告(白色申告対応)

やよいの白色申告オンライン(白色申告対応)

やよいの白色申告オンライン
Windows・Mac 両対応 白色申告 対応
パソコン・スマホ・タブレット対応 クラウド型会計ソフト

やよいの白色申告オンラインは、法人用の「弥生会計」で有名な弥生株式会社が提供する、白色申告用のクラウド型会計ソフトです。やよいが提供する個人事業用の会計ソフトは「やよいの青色申告」というインストール型ソフト1種類のみでしたが、ようやく待望の白色申告専用ソフトが発売開始されました。

やよいの白色申告オンラインの取引入力画面

上述の「MFクラウド確定申告」と後述の「freee」も極力無駄が省かれていて分かりやすい管理画面のデザインですが、このソフトは白色申告に必要な機能にしぼられているため、それらのソフトよりもさらにシンプルな構成になっています。

今後、すぐに青色申告へ変更する予定がない方には、こちらのソフトがおすすめです。
(やよいのクラウドソフトで青色申告の帳簿づけ・書類作成をするには、
「やよいの青色申告オンライン」への乗り換えが必要です。)

>> やよいの白色申告オンライン

freee(白色申告・青色申告 両対応)

freee
Windows・Mac 両対応 白色申告・青色申告 両対応
パソコン・スマホ・タブレット対応 クラウド型会計ソフト

freeeは日本のクラウド会計ソフトの先駆けであるfreee 株式会社が提供するクラウド型会計ソフトです。テレビCMも含めて積極的に広告を展開しているため、一度は商品名を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

会計ソフトfreeeの取引入力画面

こちらもシンプルな入力画面で扱いやすい会計ソフトですが、上記のクラウド会計2社と比較して料金がやや高いのがネックです。 また、MFクラウド確定申告の無料会員とは異なり、こちらの無料プランには利用期間に1ヶ月の制限があります。

>> freee(フリー)

白色申告ソフトの総評

白色申告のためにこれから会計ソフトを新しく導入する方には、上記のクラウド型会計ソフトがおすすめです。 クラウド型ソフトは従来のインストール型ソフトの煩雑なインターフェイスを一新し、 シンプルで初心者にも分かりやすい構成になっています。会計ソフトの使い方に慣れるまで時間を要しません。

従来のインストール型ソフトは、帳簿づけのあり方をそのまま再現した形が多かったため、 会計ソフトを扱うのにもある程度簿記の知識が必要でした。会計初心者がソフトに帳簿付けをしようにも、まずもってどこに入力すれば良いのか迷ってしまうという事さえあったのです。

その点、クラウド会計ソフトでは「取引入力」という大きな窓口に取引を入力していけば、あとは自動で必要な帳簿を自動作成してくれるという分かりやすい設計になっています。

MFクラウド確定申告のレポート画面
MFクラウド確定申告 費用内訳レポート MFクラウド確定申告 売上高 月次推移のレポート画面

また、クラウド会計ソフトにはレポート機能がついています。これは確定申告には関係のない機能ですが、事業の経営状態を視覚的に把握できるので便利です。売上や経費の帳簿づけを行っていれば、レポートは随時自動で更新されます。

常時インターネットに接続できる環境がない方には「やよいの青色申告」や「やるぞ!青色申告」といった従来型のインストール型ソフトが用意されていますが、自宅や職場にネット環境が整っている方はクラウド型の会計ソフトを試してみて下さい。

>> MFクラウド確定申告の詳細レビュー(白色申告・青色申告 両対応)
>> やよいの白色申告オンラインの詳細レビュー(白色申告対応)
>> freeeの詳細レビュー(白色申告・青色申告 両対応)