おすすめの白色申告ソフト

白色申告ソフト

白色申告ソフト 2つのタイプ

白色申告ソフトにはインストール型とクラウド型、
大きく分けて2つの導入タイプがあります。

インストール型は従来型のソフトで、
CD-ROMなどからパソコンにインストールして使うタイプのものです。

一方、クラウド型はネット環境さえあればパソコンやスマホで操作できるソフトで、
現在シェアが拡大している新しいタイプのものです。
GmailやFacebook、Twitterなどを利用したことがある方には身近なシステムですが、
ネット環境さえあればパソコンやスマホから会計ソフトを利用できます。

白色申告者への記帳義務化 - 白色申告ソフトで乗り切ろう

以前は事業所得が300万円以下の白色申告者には法律上の記帳義務がありませんでしたが、
2014年(平成26年)1月から白色申告者全員に記帳の義務が生じるようになりました。
白色申告者全員にとって帳簿付けが必須となったので、
会計ソフトを使ってできるだけ簡単に帳簿付けを済ませてしまいましょう。

帳簿づけに慣れていない白色申告者でも、
以下に挙げる個人事業主用の会計ソフトを使えば簡単に帳簿をつけることができます。

会計ソフトでは、必要な箇所はソフトが自動計算してくれるので、
事業主は会計記録を入力していくのが主な作業になります。
日々の取引結果を入力していけば、ソフトが自動計算して収支内訳に反映してくれます。

おすすめの白色申告ソフト - インストール型

やよいの青色申告

今後会計ソフトを使い続けることを考えれば、
インストール型よりも将来性のあるクラウド型がおすすめですが、
インストール型の会計ソフトの中でのおすすめは「やよいの青色申告」です。
商品名は「やよいの青色申告」ですが、白色申告の方もこのソフトで対応可能です。
(ちなみに「やよいの白色申告」というインストール型ソフトは存在しません。)

自宅や事務所でネット環境が整っていない場合には、
インストール型の会計ソフトを選択するのも致し方ありません。
やよいシリーズは知名度も高く、依然として人気のある会計ソフトです。

やよいの青色申告 簡単取引入力の操作画面

やよいの青色申告は、無料試用版をダウンロードすることができます。
無料版を使い終えた後に継続して使い続ける場合は、ソフトを再インストールする必要はありません。そのまま使い続けることもできます。

>> やよいの青色申告

おすすめの白色申告ソフト - クラウド型

MFクラウド確定申告

クラウド型ソフトでは、マネーフォワードから「MFクラウド確定申告」という本格的なソフトが発売されています。
ネット上での評判も良く、いま一番おすすめできる会計ソフトです。

パソコンにインストールするタイプではないので、
万が一パソコンが壊れても会計データを消失するリスクをおさえることができます。
また、パソコン買い替えの際にも会計データを一から入れなおす必要はありません。

MFクラウド確定申告の取引入力

ネット環境さえあれば、パソコンやスマホからどこでも会計ソフトを操作できます。
もちろんWindows・Macどちらでも利用可能です。

また、銀行口座やカードを登録すると取引明細を自動取得することもできるので、
使い慣れれば会計に関わる膨大な作業を自動化することも可能です。

下記ページから無料試用でき、
用途によっては無料のまま使い続けることも可能です。

>> MFクラウド確定申告(白色申告対応)

会計ソフトは作業の反復で、使いながら覚える

会計ソフトは入力の仕方さえ分かってしまえば、あとは同じような作業の反復になります。
仕訳の仕方が分からなければネットで調べてみて、
使いながらやり方を学んでいけば問題ありません。

ソフトの採用に関しては、デザインや操作性などの相性も多少あるので、
購入する前に無料試用でまず使ってみることをおすすめします。

上記に挙げた会計ソフトは人気のあるソフトなので、
まず帳簿のつけ方を試してみると良いでしょう。

>> MFクラウド確定申告の詳細レビュー
>> やよいの青色申告の詳細レビュー