個人事業での確定申告とは?

確定申告とは?

個人事業での確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間の会計結果を「確定」し、
翌年の2月16日~3月15日の間に国へ「申告」することを言います。

(その年の曜日の関係で、確定申告期間が前後することがあります。)
売上や経費、所得などを確定申告書類に記入して税務署へ提出します。

会社員の場合は、年末調整で経理の方に税金を調整してもらえるので、
多くの方は自分で確定申告をする必要がありません。
会社員で確定申告をするのは、所得控除が増えた場合や2ヶ所以上から収入がある場合等です。
税金を還付してもらえそうな場合に確定申告するのが一般的です。
>> 給与所得者(会社員など)の確定申告についてはこちら

個人事業主の場合は、基本的に自分で確定申告をする必要があります。
1年間の売上や経費などを日々帳簿づけして、
それらを集計したものを確定申告書類に記入していきます。
これを確定申告時期に税務署へ提出します。(確定申告書類については後述)

白色申告と青色申告について

個人事業の確定申告は、白色申告と青色申告の2種類に分かれています。
ざっくりと説明すると、白色申告は簡単にできるが特典なし、
青色申告は白色に比べて面倒で、なおかつ簿記の知識を必要としますが、いくつかの特典が受けられます。 >> 白色申告と青色申告の違い

白色申告青色申告
事前申請必要なし必要あり
帳簿づけ簡単難しい
特典なしあり
青色申告特別控除(最高65万円)など

何も申請を出さなければ、自動的に白色申告の扱いになります。
青色申告するには、事前申請が必要です。2017年の確定申告期間中に提出する2016年度分の確定申告を青色で行うためには、2016年の3月15日までに申請を出しておく必要がありました。(2016年の途中に新規開業した方は、開業日から2ヶ月以内に申請)
>> 青色申告申請書の提出期限に関する詳細はこちら

確定申告が必要なのは所得金額いくらから?

1年間の収入から、必要経費や仕入高を差し引いたものが「所得」です。
収入 − 必要経費 = 所得

個人事業が専業の場合、この所得が38万円以下の場合は確定申告の必要がありません。
他にも仕事をしていて、個人事業が副業の場合には、
20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。

>> 20万?38万?確定申告はいくらから?

個人事業が専業の場合個人事業が副業の場合
所得38万以下は確定申告の必要なし所得20万以下は確定申告の必要なし

確定申告の時期と確定申告書類の出し方

個人事業は事業年度が1月1日~12月31日と決まっています。
この1年間の収入や経費、所得をまとめて翌年の2月16日~3月15日の間に確定申告をします。

この1ヶ月間の確定申告期間内であれば、いつ確定申告書類を提出しても構いません。
(その年の曜日の関係で、期間が少しだけ前後する場合があります。)
>> 2017年(平成29年)の確定申告時期はこちら

確定申告書類の出し方には、以下の3通りの方法があります。

  1. 確定申告書類を税務署へ持っていって提出する(あるいは税務署で書いて提出)
  2. 確定申告書類を税務署へ郵送する
  3. e-Taxで電子申告する(この場合は基本的に書類提出の必要なし)
>> 確定申告書類の提出方法について

3の電子申告は、事前申請が必要な上、利用に際して認証のための機器購入が必須です。
2016年度分の電子申告からは、携帯電話で認証ができるようになる予定ですので、
それまでは書類提出の方法で確定申告することをおすすめします。

2017年から予定されていた、電子申告の携帯電話による本人認証は導入延期となりました。
(導入時期は未定)>> 電子申告の携帯電話による本人認証が導入延期に

確定申告で提出する必要書類

白色申告と青色申告の場合で、確定申告の提出書類が異なります。
白色申告の場合は「収支内訳書」と「確定申告書B」、
青色申告の場合は「青色申告決算書」と「確定申告書B」を提出するのが基本です。

「確定申告書B」はどちらでも同じものを使用します。ちなみに「確定申告書A」という書類も存在しますが、これは会社員やアルバイトの方が主に使用するものです。

白色申告で提出する書類青色申告で提出する書類

必要に応じてその他の申告書類を提出する場合があります。

>> 個人事業の確定申告で提出する必要書類について

確定申告までの流れをまとめ

繰り返しになりますが、個人事業の事業年度は1月1日~12月31日と定められているので、
この間は日々の取引を地道に記録しておきます。
帳簿づけは、手書きではとても大変で、簿記の知識も必要になります。
個人事業用の会計ソフトを使えば帳簿づけが簡単かつ正確になるので、
日々の売上や必要経費を、会計ソフトに入力して過ごしましょう。

帳簿づけをしていなかった!という場合には、その年度の領収書や納品書、売上などが入金された預金通帳などをもとに、できる範囲で会計ソフトへ入力して帳簿を完成させましょう。
>> 個人事業用の会計ソフト一覧

1年分の取引内容を入力し終えたら、確定申告書類を作成します。
会計ソフトにつけた取引内容は、自動で確定申告書類のデータに反映されます。
なので、ユーザーは必要箇所を少し入力するだけで確定申告書類を作る事ができます。
会計ソフト内のガイドを参考に、確定申告書類を完成させましょう。

ソフト内で出来上がった確定申告書類は、そのまま印刷して税務署へ提出できます。
プリンターをお持ちでない方は、コンビニなどで印刷するか、
あるいは画面の内容を確定申告書類にそのまま書き写しましょう。
出来上がった確定申告書類は、2月16日~3月15日の確定申告期間内に税務署へ提出します。

ちなみに、会計ソフトに記録した内容は大事な部分を印刷して保管しておきます。
ソフト内で作成された帳簿自体は、確定申告の時に提出するわけではありませんが、
定められた期間の間(5年~7年)保管しておく義務があります。
>> 白色申告・青色申告での帳簿の保存期間と保管方法

>> 個人事業主が納める税金の種類について
>> 白色申告するまでにやること 簡単な帳簿づけ・領収証等の保存
>> 青色申告するまでにやること 複式簿記・領収証等の保存