個人事業税

個人事業税

個人事業主は、「所得税」や「消費税」とは別に「個人事業税」を納める義務があります。
「所得税」と「消費税」は国に納める国税ですが、
「個人事業税」は地方に納める地方税です。
確定申告をだしていれば、申告書などを地方にだす必要はありません。

個人事業税は
(収入ー必要経費ー各種控除ー事業主控除290万円)×税率=個人事業税
という計算になります。 (※個人事業税には青色申告特別控除が適用されません。)

個人事業税の税率は3%〜5%で、業種によって異なります。
個人事業税の課税対象にならない業種もありますが、
だいたいは課税対象です。

例えば、
年間収入1,000万円・経費300万円
その他控除7万円・基礎控除38万円・税率5%の場合

(1,000万円ー300万円ー7万円ー38万円ー290万円)×5%=182,500円(個人事業税)
となります。

個人事業者は、「事業主控除」として一律290万円控除されます。
つまり、年間の事業所得が290万円以下の場合は、個人事業税を納付せずに済みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加