個人事業の簿記・帳簿づけに関するまとめ

帳簿付け

単式簿記と複式簿記

白色申告青色10万控除青色10万控除
(現金主義)
青色65万控除
記帳方法単式簿記単式簿記単式簿記複式簿記

簿記には単式簿記と複式簿記があり、帳簿付けの方法が異なります。
白色申告や青色申告10万円控除の場合には単式簿記でOKですが、
青色申告で65万円控除を受けるためには複式簿記による記帳が必要です。
>> 単式簿記と複式簿記の違い
>> 白色申告と青色申告の違い

複式簿記で記帳する場合には「借方」「貸方」という初心者には分かりづらい概念があります。
この言葉自体の意味を考える必要はありませんが、帳簿づけをスムーズにするために、貸借対照表と損益計算書の配置構成をざっくりと頭に入れておきましょう。
>> 借方・貸方とは?複式簿記の仕訳を分かりやすく!

帳簿付けの概要

白色申告青色10万控除青色10万控除
(現金主義)
青色65万控除
会計原則発生主義発生主義現金主義発生主義

記帳方法には、取引が発生した日付を基準に記帳する「発生主義」と、 あくまで現金の動きがある時だけに着目して記帳する「現金主義」があります。 青色申告で特別な申請を出さないかぎりは、白色でも青色でも基本的に「発生主義」で記帳します。
>> 発生主義と現金主義の違い

帳簿づけを手書きで行うのは大変なので、個人事業用の会計ソフトを利用しましょう。
会計ソフトを使えば、帳簿の作成と確定申告で提出する書類の作成が簡単になります。

作成した帳簿は、確定申告の際に税務署へ提出するわけではありません。
定められた期間の間(5年~7年)保管しておく義務があります。
>> 帳簿の保存期間と保存方法