売上高の計上基準(収益の認識基準)について

売上の計上基準について

個人事業者が商品やサービスを提供した場合、
売上はいつの日付・どのタイミングで帳簿に計上するべきなのでしょうか?

白色申告・青色申告ともに、売上については「実現主義」の考え方で計上します。
売上を計上するタイミングは、必ずしもお金が入金された時点ではありません。

青色申告で現金主義の申請をしている場合にのみ、現金主義による計上が認められます。
(その場合は青色申告65万円控除は受けられず、10万円控除となります。)
>> 現金主義と発生主義の違いについて

実現主義とは?

白色申告・青色申告では、「発生主義」にもとづいて必要経費を計上するのでした。
(青色申告で、現金主義の特例を受けている場合をのぞいて。)
しかし、売上も発生主義で計上すると、未実現の売上まで計上してしまう可能性があるので、
売上に関しては「実現主義」にもとづいて計上します。

実現主義とは?
実現主義とは、発生主義的な考え方のひとつで、収益の認識を債権の確定だけでなく、 収益が実現した時点まで遅らせるという会計上の原則。(ちなみに、税法上でいう権利確定主義に該当する。)

収入や支出の認識基準は発生主義によることが原則なのですが、
収入についても発生主義を採用すると、実現していない利益まで計上してしまうという弊害が起きるので、実現主義を適用します。

例えば、売上高を発生主義で計上した場合、製品を製造・受注した段階、つまり金額が未確定で貨幣的な裏付けがない状態で、売上高が計上されてしまいます。
このような事態を防ぐために、実現主義を適用するわけです。(計上の具体的なタイミングに関しては、後述。)

白色申告・青色申告青色申告(現金主義)
収入実現主義現金主義
支出発生主義現金主義

売上は実現主義、経費は発生主義

まとめると、必要経費などのマイナス項目は発生主義の考え方で漏れなく計上し、
売上などのプラス項目は実現主義にのっとって確実なものだけを慎重に計上しようという事です。

では、なぜ収入は実現主義、支出は発生主義で考えるべきなのでしょうか?
これは企業会計原則のひとつ、「保守主義の原則」にもとづいています。

保守主義の原則とは、簡単にいうと、収益をできるだけ確実なものだけ計上し、費用は漏らさずに計上して、利益の社外流出を防ぎ、経営の安定を図ることを目的とするものです。
企業会計原則に法的な拘束力はありませんが、これは法人組織だけでなく、個人事業主も従うべき考え方とされています。

発生主義実現主義現金主義
価値形成時点販売時点入金時点

発生主義・実現主義・現金主義を実際の事業の場面に対応させると、それぞれ価値形成時点・販売時点・入金時点だと表現することができます。

売上の計上基準の種類について

では、実現主義の「販売時点」とは、具体的にいつのことを指すのでしょうか?
個人事業者や法人は、以下のような売上の計上基準から、
自分たちの業態にあった合理的な基準を採用することができます。

主な収入基準の種類

収入基準概要
出荷基準相手先へ納品が完了したか否かに関わらず、商品を出荷した日
引渡基準商品や製品を引き渡した日・納品した日
サービス業であれば、サービスを提供した日
検収基準納品先が商品を検収した日
割賦基準割賦販売をした場合に、その割賦日が到来した日
契約基準契約書で決めた日

多くの業種で採用されており、最も一般的なのが引渡基準です。
例えば、飲食業や小売業、製造業、デザイン業、コンサルタント業などで引渡基準が採用されています。

これらの売上の計上時期については、継続的な適用を行う必要があります。
売上の計上基準を頻繁に変更すると、利益操作・租税回避とみなされ、税務調査で指摘されるポイントになってしまいます。
例えば、当期は「引渡基準」で売上を計上し、翌期は「検収基準」で計上する、というような形で計上基準をコロコロ変更してはいけません。

複式簿記での仕訳例

10,000円の商品を売り上げて、3月5日に納品完了。
実際に事業口座へ入金があったのは4月30日。計上基準が「引渡基準」の場合。

日付借方貸方摘要
3月5日売掛金 10,000売上高 10,000商品A 売上

この場合、まずは商品を納品した日付で、売掛金として売上を計上します。

日付借方貸方摘要
4月30日預金 10,000売掛金 10,000商品A 売掛金回収

次に、実際に入金のあった日付で売掛金の回収を記録します。
今回の例では年度をまたいでいませんが、これが例えば12月に納品をして、1月に入金があった場合、となると売上は当年度の計上となるわけです。しかし、もし計上基準が違えば、1月の売上となることもあります。その場合は、翌年度の売上として計上されます。

>> 複式簿記の知識なしで青色申告65万円控除を狙うには?
>> 白色申告・青色申告10万円控除・65万円控除の納税額の違い