確定申告を税理士に任せる

確定申告を税理士に代行してもらう場合

個人事業主が税理士に代行してもらう内容について

個人事業の場合でも、法人と同じように
日々の経理や、確定申告の代行などを税理士に代行してもらうことができます。

確定申告書類の作成だけを税理士に代行してもらうこともできますし、
年間経理の記帳・帳簿づけから確定申告までを税理士に丸投げすることもできます。
税理士事務所に記帳代行をお任せする場合に個人事業主がやることは、
毎月領収書や通帳のコピーを封筒に入れて郵送するだけです。

税理士事務所には、税理士の資格を有する税理士以外にも、アシスタントとして働いている事務員や事務作業を担当するスタッフがいます。 記帳代行のような事務作業は、税理士の監督のもとにこのようなスタッフが行ってくれることになります。

税理士に記帳代行や確定申告代行を頼んだ場合の料金相場について

確定申告書類の作成を代行してもらう場合は、だいたい3万〜10万円ほどが料金相場です。
個人事業の年間売上高などによってこの値段が変わります。

例えば、年間売上高500万円以下の場合には、確定申告代行の料金が3万円
年間売上高1000万円以下の場合は、確定申告代行の料金が5万円
このように、500万あるいは1000万円単位の段階に応じて、
サービス料金がかわるケースが多いです。

確定申告書類には、依頼した税理士の情報を記入する欄があるので、
税理士が作成した正確性の高い確定申告書類であることを税務署へ知らせることもできます。

年間経理の記帳を代行してもらう場合は、
だいたい月額1万円〜2万円前後が相場だと思っておけば良いでしょう。

月額1万円だとしても、日給にして300円ぐらいですから見方によっては安いものです。
こちらも、月間の取引件数などによって値段が変わります。

どのようなケースで税理士の代行サービスを利用するのか?

税理士の記帳代行や確定申告の代行サービスを利用する場合には、
当然サービスの提供に応じて料金が発生します。
では、どのような個人事業主が税理士の代行サービスを利用しているのでしょうか?

  • うまく確定申告して節税をしたい
  • 本業に時間をあてた方が効率が良い
  • 自分で帳簿づけをするのが面倒
  • 確定申告の時期がせまっているが申告の仕方が分からない
  • 帳簿づけは自分でやっているが確定申告だけは専門家に任せたい

このような個人事業主が、税理士に年間顧問や確定申告の代行をお願いしています。
経費の使い方から始まり、各種控除、共済加入、変動所得の特例、少額減価償却資産の特例などなど、 業種や状況に応じて節税するためのテクニックは実にたくさんあります。
税理士に確定申告をお願いすることで、税理士にお支払いする報酬以上の金額が節税になって、時間的なメリットだけでなく、金銭的にプラスに働くことも多々あります。

税理士を探す条件例と、紹介サイトについて

自分で節税する方法を見いだす自信がないという人は、税理士に確定申告をお願いしましょう。 税務調査が入る場合には、顧問税理士に立ち会ってもらい弁護してもらうこともできます。

後述の税理士紹介サイトでは、税理士を紹介してもらう時に条件を伝えることも可能です。例えば、以下のような条件をお伝えして、自分に合った税理士を探してもらうことができます。

  • 事業所近辺の税理士
  • 税理士との打ち合わせは、こちらの事務所で行いたい
  • 個人事業の節税に強い税理士
  • ◯◯業界に詳しい税理士
  • 1ヶ月に1回 自宅最寄りのカフェで面談を行ってくれる税理士
  • 会計ソフト◯◯に詳しい税理士
  • 男性税理士、あるいは女性税理士の指定
  • 年間顧問料◯◯円で請け負ってくれる税理士

お任せしたい人は、以下のサイトで個人事業に対応した税理士を紹介してもらえます。帳簿づけや確定申告をお任せしたいという個人事業主に最適な税理士を紹介してもらいましょう。

>> 税理士ドットコム
>> 日本税理士紹介ネットワーク