事業主貸・事業主借

事業主貸と事業主借

事業主貸・事業主借とは?

事業主貸と事業主借は、個人事業に特有の勘定科目です。
法人会計にはない勘定科目です。

  • 事業のお金を「事業主個人に貸す」場合は、事業主貸(ジギョウヌシカシ)
  • 事業のお金を「事業主個人に借りる」場合は、事業主借(ジギョウヌシカリ)

これはお金の流れを示すだけのものです。
「貸」「借」の言葉がついていますが、
貸し借りしたお金を戻す(後で帳尻合わせしたりする)必要はありません。
後ほど具体例を出して、言葉の意味を説明していきます。

会計ソフトを使っていれば、事業主貸と事業主借は年度をまたぐ際に、
自動で計算され「元入金」という勘定科目へと集約されます。
(元入金とは、法人でいうところの資本金のようなものです。)

例えば、事業用の預金口座から事業主の生活費のために5万円おろした場合
「事業主貸」で仕訳すれば、それだけでOKです。

【複式簿記での帳簿づけ例】
借方科目貸方科目摘要
事業主貸 50,000預金 50,000生活費

事業主貸と事業主借の覚え方

事業主貸と事業主借は、
どっちが「貸」でどっちが「借」だったっけ?
とこんがらがってしまう事もあるかもしれません。

特に決まった覚え方はありません。
難しく考えず、間に「に」をつけるだけで意味が通ります。

  • 「事業主貸」 事業主に貸す(事業のお金を事業主に貸す)
  • 「事業主借」 事業主に借りる(事業のお金を事業主に借りる)

事業主貸と事業主借の使用例

事業主貸(事業主に貸す)

事業用のお金を、事業主個人の生活費やプライベートな出費に充てた時や、
事業主個人の税金を支払った場合などに、「事業主貸」の勘定科目でつけます。
(個人事業の税金は租税公課として経費にできるものと、事業主のプライベートな出費として事業主貸の勘定科目で仕訳するものがあります。>> 個人事業の税金の仕訳・勘定科目について

【このような場合に「事業主貸」の勘定科目を使う】
  • 事業用の口座から生活費のためのお金をおろした
  • 事業用の口座から所得税や住民税を納付した
  • 事業用のクレジットカードで生活用品を買った

事業主借(事業主に借りる)

事業用の支出を事業主個人のポケットマネーから出した時や、
事業用口座に事業主のプライベートなお金を充当した場合などに「事業主借」を使います。

【このような場合に「事業主借」の勘定科目を使う】
  • 事業主個人のポケットマネーを事業用口座に充当した
  • 事業主個人用のクレジットカードで事務用品を買った

家事按分にも使える事業主貸・事業主借

家事按分が必要となる経費を使う際に、
事業主貸や事業主借を便利に使うこともできます。(>> 按分とは?

例えば、自宅兼事務所の電気代を事業用口座から引き落としている場合で、
「事業:個人=3:7」の割合で、電気を使用している場合

まず、電気代の全額を「事業主貸」の勘定科目で帳簿づけしていきます。
(事業用口座から、電気代として事業主のためのプライベートなお金が出る事にする)
1年間の電気代を、ひとまず全て事業主貸でつけます。
そして、年末にまとめて按分をします。

年末に右記の計算をします→1年分の電気代 × 30%
そして、計算で出た金額を事業主貸から水道光熱費に移動します。
これで1年間の電気代から30%分を水道光熱費、70%分を事業主貸として帳簿付けできます。

この場合の具体的な帳簿づけ例

具体的には、ひと月の電気代が毎月5,000円だとした場合
まず「事業主貸」で毎月の電気代を帳簿づけしていきます。

事業主貸 5,000預金 5,000

これを12ヶ月分つけていきます。5,000 × 12 = 60,000円
このままでは年間の電気代60,000円が全て事業主貸についてしまうので、
年末の12月31日の日付などで按分の処理をします。
60,000 × 30% = 18,000円

水道光熱費 18,000事業主貸 18,000

これで年間の電気代60,000円のうちの70%にあたる52,000円が事業主貸としてプライベートな出費となり、 残り30%にあたる18,000円が水道光熱費として経費計上できます。

もしくは逆で、まず電気代全てを水道光熱費として記帳していき、
年末に7割を個人用に使ったものとして家事按分する方法でも構いません。

また、年末にまとめて按分をするのは帳簿づけを簡単にするためですが、
毎月コツコツ70%と30%に分けて計上していくような方法でもOKです。

>> 個人事業主の帳簿づけに関するまとめ