申告書Aと申告書Bの違い 個人事業主の確定申告

確定申告書AとBの違い

確定申告書Aと確定申告書Bの違い

確定申告書A 第一表・第二表確定申告書B 第一表・第二表
確定申告書A 第一表 確定申告書A 第二表 確定申告書B 第一表 確定申告書B 第二表
給与所得、雑所得、配当所得、一時所得だけの方(会社員やアルバイト・パートの方)所得の種類に関わらず誰でも利用可
(個人事業主はこちらを使います)

「確定申告書A」は、所得の種類が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、
配当所得、一時所得のみで、なおかつ予定納税のない方が利用できます。
予定納税とは、前年の所得税が15万円以上だった場合に納めることになる前払いの税金です。

会社員やアルバイト・パートの方は、基本的に確定申告書Aを利用します。
例えば、会社員の方が医療費控除や住宅ローン控除を受ける場合には、こちらを利用します。
>> 会社員など給与所得者の確定申告についてはこちら

「確定申告書B」は、事業所得や不動産所得がある方など、
所得の種類にかかわらず、誰でも使用できます。

たくさん項目があるので萎えてしまうかもしれませんが、
この中から自分に当てはまるものだけを記入すればOKです。
よくよく見ると「自分には関係ないナ」と思う項目も多いはずです。

個人事業主は確定申告書Bを使用します

確定申告書B」は、所得の種類に関わらず誰でも使用できる確定申告書です。
個人事業主はこの「確定申告書B」で確定申告します。
申告書Bは申告書Aよりも項目が多く、広くカバーしています。
白色申告の場合でも青色申告の場合でも、個人事業主は「確定申告書B」で申告します。
また、場合によっては他の申告書も加えて申告します。

所得金額が赤字の場合などは、
「確定申告書B」に加えて「申告書第四表(損失申告用)」を使用します。

株や土地、建物の譲渡所得がある場合などは、
「確定申告書B」に加えて「申告書第三表(分離課税用)」を使用します。

確定申告書Aは、確定申告書Bの簡易版だと思ってください

確定申告書Aは、所得が「給与所得」「一時所得」「雑所得」「配当所得」のみで、
予定納税額がない人が利用できます。

「給与所得」会社員やアルバイト、パート勤務の給料など
「一時所得」生命保険や損害保険の満期一時金など
「雑所得」公的年金や副収入での原稿料・講師料など
「配当所得」法人から受ける利益の配当、剰余金の分配など

<給与所得者が確定申告する例>
年の途中で退職した場合や、転職をして年末調整を受けていない場合

<一時所得を得て確定申告する例>
生命保険が満期をむかえて、満期保険金をもらった場合

<雑所得を得て確定申告する例>
会社勤めをするかたわら、本を執筆して原稿料をもらった場合

<配当所得を得て確定申告する例>
株式の配当による収入を得た場合

上記のような場合に、確定申告書Aを用いて確定申告をします。
個人事業主は「申告書B」で出すので、申告書Aは関係ありません。
申告書Bは申告書Aの内容を含みます。Aは、範囲が限定された簡易版と考えて下さい。

確定申告書・収支内訳書・青色申告決算書のダウンロードについて

確定申告書は、以下のページ先からPDFファイルのダウンロードができます。
ダウンロードしたファイルを印刷して、提出する確定申告書類として使っても構いません。
2016年2月16日〜3月15日の確定申告期間中に提出する、2015年度分の確定申告書Bを作成するには「平成27年分以降用」の申告書Bを使いましょう。
国税庁ウェブサイト - 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

ちなみに「確定申告で提出する必要書類」で記載の通り、
白色で確定申告をする場合には「収支内訳書」と「確定申告書B」
青色で確定申告をする場合には「青色申告決算書」と「確定申告書B」
を、それぞれ提出します。(確定申告書Bは、白色でも青色でも同じものを使う)

個人事業主は、これらの書類を確定申告で必ず提出することになりますが、
業種や状況に応じて、他の書類をあわせて提出する場合もあります。

>> 2016年(平成28年)の確定申告が初めての方はこちら
>> 確定申告の流れと個人事業で納める税金をおさらい
>> 2016年(平成28年)の確定申告時期と提出方法について