確定申告書類のダウンロード

確定申告書類のダウンロード前に

確定申告書類のダウンロードについて

確定申告書類は、下記のリンク先からPDFファイルをダウンロード・印刷できます。
>> 国税庁ウェブサイト - 確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等

上記のリンク先からダウンロードした確定申告書類のファイルは、
自宅や職場で印刷してそのまま提出用の書類として利用できます。

確定申告書類は、税務署や確定申告相談会場、市区町村役場の税務課などでも受け取ることができます。 確定申告相談会場とは、主要な税務署が確定申告時期に設ける会場です。
(ただし、税務署以外の場所では、主な書類はひと通りある場合が多いものの、 書類によっては備えつけていないものもあるので注意しましょう。)
>> 確定申告書類が入手できる場所について

各申告書類の内容をざっくりと理解する - 申告書類一覧

たくさんの書類が用意されていますが、この中から自分に関係のあるものだけをピックアップして提出します。 多くの個人事業主にとって重要な書類を太字で記載しています。 順番に見ていきましょう。

書類の名称内容
確定申告書A所得の種類が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、 配当所得、一時所得のみで、なおかつ予定納税のない方が使う申告書。
会社員やアルバイトなどの給与所得者は、基本的にこの申告書を利用する。
確定申告書B事業所得や不動産所得がある方など、所得の種類にかかわらず、誰でも使用できます。個人事業主は、この申告書を提出する。
申告書第三表(分離課税用)株や土地、建物の譲渡所得があった場合などに利用
(株や土地の譲渡は、分離課税といって他の所得とは切り分けて税金がかけられる)
申告書第四表(損失申告用)所得金額が赤字の場合などに利用
>> 赤字の繰り越しについて
申告書第五表(修正申告用)修正申告をする場合に利用。修正申告とは、確定申告にもとづいて納めた税金が少なかった場合や、 還付される税金が多すぎた場合に、訂正して申告すること。
収支内訳書白色申告の場合に提出する決算書(個人事業用)
一般用、農業所得用、不動産所得用の3種類が用意されている。大抵の場合は、一般用で提出する。
所得税青色申告決算書青色申告の場合に提出する決算書(個人事業用)
一般用、農業所得用、不動産所得用、現金主義用の4種類が用意されている。大抵の場合は、一般用で提出する。
住宅借入金等特別控除額の計算明細書住宅ローン控除の明細書。一定の条件のローンを組んでマイホームを購入したり、特定の改修工事をした場合に、ローン残高に応じて計算した金額を所得税額から控除してもらうために利用する。
添付書類台紙マイナンバーの証明書や、源泉徴収票、各種控除の証明書を、のりづけして提出するための用紙。白色申告の場合でも、青色申告の場合でも、同じものを利用する。

最新の確定申告書A・Bには、マイナンバーの記載欄が追加されました。
2017年(平成29年)2月16日~3月15日の確定申告期間中に提出する、
2016年(平成28年)度の確定申告書にはマイナンバーの記載欄が入っているものを使用します。
>> 平成28年分以降用の確定申告書とマイナンバーについて

税制による変更点がなければ、書類の形式が更新されません。
ですので、例えば2016(平成28)年度分の収支内訳書を作成する場合には、
「平成25年分以降用」と書かれている収支内訳書を使えばOKです。
(収支内訳書や所得税青色申告決算書には、マイナンバーの記入欄はありません。)

申告書Aには、ふるさと納税をした方専用のものがあります。会社員の方でふるさと納税をした方は、その専用用紙を使いましょう。 個人事業主でふるさと納税をした方は、確定申告書Bの寄附金控除の記入欄に金額や詳細を記入します。

申告書第四表(損失申告用)には、東日本大震災の被災者の方専用のものがあります。
東日本大震災で被災をした方は、そちらの用紙を使いましょう。

個人事業主が確定申告で提出する必要書類はこちら

個人事業主は、白色申告の場合、収支内訳書と確定申告書Bを提出します。
青色申告の場合には、青色申告決算書と確定申告書Bを提出します。
確定申告書B(申告書B)は、白色でも青色でも同じものを利用します。

収支内訳書と青色申告決算書には、一般用、農業所得用、不動産所得用がありますが、 多くの人は「一般用」を使えばOKです。 農業を営んでいる場合には農業所得用、不動産を営んでいる場合には、不動産所得用を利用します。 また、青色申告決算書には「現金主義用」がありますが、
こちらは現金主義の申請を出している方のみ利用できます。>> 青色申告の種類について

白色申告で提出する書類青色申告で提出する書類

必要に応じてその他の申告書類を提出する場合があります。

確定申告書には、申告書Aと申告書Bがありますが、
個人事業主が利用するのは申告書Bです。
>> 確定申告書Aと確定申告書Bの違いについて

会計ソフトから確定申告書を印刷して提出することも可能

個人事業用の会計ソフトで帳簿づけをした方は、
ソフトで作成した決算書や確定申告書を印刷することができます。
会計ソフトのデータから印刷した書類は、税務署への提出用として利用することができます。
この場合も、国税庁のウェブサイトから確定申告書のファイルをダウンロードしたり、
確定申告書を税務署まで取りに行く必要がありません。

確定申告書を印刷できる - MFクラウド確定申告

こちらはMFクラウド確定申告で、確定申告書を印刷する画面です。
1年分の売上や経費を帳簿づけしていけば、確定申告書に自動で反映されます。
あとは事業所の情報などを手入力すれば、実際に提出できる確定申告書が出来上がります。
>> MFクラウド確定申告

確定申告で提出する書類の詳細については、以下のページを参考にして下さい。
>> 個人事業の確定申告で提出する必要書類