無料で使える会計ソフトまとめ【個人事業主の確定申告】

更新日 2022年11月21日

無料で使えるおすすめ会計ソフト【個人事業主向け】

個人事業主向けに、無料で使い続けられる会計ソフトを紹介します。白色申告の個人事業主なら、ひとまず「やよいの白色申告 オンライン」を選べば間違いありません。青色申告の場合は、機能が充実した有料ソフトを使うのがおすすめです。

無料で使える会計ソフト

個人事業主向けの会計ソフトの中から、無料で使い続けられるものをピックアップしました。「クラウド型」のソフトなら、WindowsでもMacでも利用できます。

無料で使える会計ソフト【比較表】

やよいの白色申告
オンライン
円簿青色申告 会計アプリ
aoiro
フリーウェイ
経理Lite
操作画面
やよいの白色申告オンライン(操作画面)
操作画面 - 円簿青色申告
ホーム画面 - フリーランスのための会計アプリ aoiro
操作画面 - フリーウェイ経理Lite
形式 クラウド クラウド インストール インストール
対応 Windows
Mac
Windows
Mac
Windows
Mac(有料)
Windows
帳簿づけ
自動仕訳 × × ×
請求書の作成
月5枚まで無料
× × ×
申告書類の作成
勘定式の決算書のみ

勘定式の決算書のみ
電子申告 × × ×

このほか、永年無料の会計ソフトとしては「Main財務管理(中小法人向け)」や「ちまたの会計(非営利組織向け)」が有名だが、どちらも個人事業主には不向き。

白色申告の個人事業主には、クラウド会計ソフトの「やよいの白色申告 オンライン」がおすすめです。サポートなしの「フリープラン」なら、基本的な機能をずっと無料で利用できます。

青色申告の個人事業主は、多少のコストをかけても有料ソフトを使うのがよいでしょう。青色申告対応の無料ソフトもありますが、有料ソフトと比べると機能が少なく、使い勝手も劣るので、会計初心者にはおすすめできません。

ちなみに、会計ソフトの代わりに、Web上で無料配布されているExcel用テンプレートを利用する方法もあります。ただ、会計ソフトのような気の利いた機能はほとんどなく、こちらもやはり会計初心者には不向きです。

【クラウド】やよいの白色申告 オンライン

やよいの白色申告オンライン
  • 白色申告の個人事業主にはコレがおすすめ!
  • サポートなしの「フリープラン」ならずっと無料(その他のプランも初年度は半額)
  • 帳簿づけから電子申告まで、無料のプランでも機能に制限はない
料金 形式 申告対応 サポート スマホアプリ
無料~ クラウド 白色申告 有料プランのみ あり
帳簿づけ 自動仕訳 申告書類の作成 電子申告 請求書の作成

月6枚以上は有料

やよいの白色申告 オンライン」は、日々の帳簿づけから確定申告書類の作成まで、会計ソフトの基本的な機能をもれなく備えています。専用のスマホアプリも無償で提供されており、スマホからパパっと帳簿づけをすることも可能です。このソフトでそのまま電子申告まで行うこともできます。

実際の操作画面 - やよいの白色申告 オンライン

ホーム画面 帳簿づけ
やよいの白色申告オンライン(ホーム画面)
やよいの白色申告オンライン(操作画面)
確定申告書類の作成 スマホアプリ
やよいの白色申告オンラインアプリ

「やよいの白色申告 オンライン」には3つの料金プランがあり、サポートなしの「フリープラン」ならずっと無料で使い続けられます。どのプランでも機能に違いはありません。プランによって異なるのは、サポートの部分だけです。

料金プラン - やよいの白色申告 オンライン

フリープラン ベーシックプラン トータルプラン
料金
(税込)
無料 10,120円/年
初年度は5,060円/年
18,480円/年
初年度は9,240円/年
帳簿づけ
申告書類の作成
電子申告
サポート なし ・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・メールサポート
・チャットサポート
・電話サポート
・業務ヘルプデスク

「やよいの白色申告 オンライン」の料金プランを詳しく

有料の「ベーシックプラン」と「トータルプラン」にはユーザーサポートがついてきます。なかでもトータルプランなら、「業務ヘルプデスク」という確定申告や仕訳などの相談サービスを利用できるので、確定申告がはじめての個人事業主でも安心です。

「ベーシックプラン」と「トータルプラン」は、いずれも初年度は半額で利用できます。簿記初心者はサポート付きの有料プランから使い始めるのがおすすめです。初年度だけ有料プランを割引で利用して、2年目以降から「フリープラン」に切り替える、ということも可能です。

>> やよいの白色申告 オンライン(公式)

【クラウド】円簿青色申告

円簿青色申告
  • 青色申告対応のクラウド会計ソフト
  • 無料で使えるが、操作画面にバナー広告が表示される
  • 自動仕訳機能がないので、取引の多い事業主には不向き
料金 形式 申告対応 サポート スマホアプリ
無料 クラウド 青色申告 メールのみ なし
帳簿づけ 自動仕訳 申告書類の作成 電子申告 請求書の作成
× × ×

円簿青色申告」は、無料で使える青色申告ソフトです。後述のとおり、初心者には分かりづらい部分もあるので、簿記の知識がある事業主向けのソフトと言えます。

実際の操作画面 - 円簿青色申告

ホーム画面 帳簿づけ
ホーム画面 - 円簿青色申告
操作画面 - 円簿青色申告

自動仕訳の機能がないので、帳簿づけはひとつずつ手入力していくしかありません。大手メーカーの青色申告ソフトなら、銀行口座やクレカの取引履歴を自動で帳簿に反映してくれるので、それと比べると効率はかなり劣ってしまいます。

また「減価償却費」や「家事按分」の自動計算機能はないので、簿記に関する知識がないと、一部の会計処理で行き詰まってしまうかもしれません。

【インストール】フリーランスのための会計アプリ aoiro

フリーランスのための会計アプリ aoiro
  • 青色申告向けのインストール型ソフト(スマホアプリではない)
  • Windows版とMac版があるが、無料で使えるのはWindows版のみ
  • 初心者でもとっつきやすいインターフェイスだが、確定申告書類は作れない
料金 形式 申告対応 サポート スマホアプリ
無料~ インストール
(Windows・Mac)
青色申告向け なし なし
帳簿づけ 自動仕訳 申告書類の作成 電子申告 請求書の作成
×
勘定式決算書のみ
作成可能
× ×

フリーランスのための会計アプリ aoiro」は、ポップなインターフェイスが特徴のインストール型ソフトです。個人事業主の確定申告書類は作成できず、あくまで帳簿づけをするための会計ソフトです。

一般的な「勘定式」の決算書は作れるが、これは確定申告で提出する「収支内訳書」や「青色申告決算書」とは様式が異なる。確定申告の際には、ソフトで作った決算書をもとに、自力で申告書類を作成する必要がある。

実際の操作画面 - フリーランスのための会計アプリ aoiro

ホーム画面 帳簿づけ
ホーム画面 - フリーランスのための会計アプリ aoiro
操作画面 - 会計アプリaoiro

このソフトには「プレミアム・エディション」という有料版も存在します(Macではそもそも「プレミアム・エディション」しか購入できない)。有料版では「勘定科目の編集」などの細かな機能が増えますが、自動仕訳や確定申告書類の作成には対応していません。

【インストール】フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Lite
  • Windows用のインストール型ソフト
  • 個人事業主向けのプランなら無料で使えるが、確定申告書類は作れない
  • 「フリーウェイ確定申告」のサービスはすでに終了
料金 形式 申告対応 サポート スマホアプリ
無料~ インストール
(Windows)
青色申告向け なし なし
帳簿づけ 自動仕訳 申告書類の作成 電子申告 請求書の作成
×
勘定式決算書のみ
作成可能
× ×

フリーウェイ経理Lite」には、個人事業主向け・中小法人向けのプランがそれぞれあり、個人事業主向けのプランなら無料で使えます。しかし後述のとおり、確定申告に必要な書類は作成できなくなってしまいました。

一般的な「勘定式」の決算書は作れるが、これは確定申告で提出する「収支内訳書」や「青色申告決算書」とは様式が異なる。確定申告の際には、ソフトで作った決算書をもとに、自力で申告書類を作成する必要がある。

実際の操作画面 - フリーウェイ経理Lite

ホーム画面 帳簿づけ
ホーム画面 - フリーウェイ経理Lite
操作画面 - フリーウェイ経理Lite

2021年までは、無料の「フリーウェイ確定申告」と連携することで、個人事業主の確定申告書類を作成できました。しかし、現在は「フリーウェイ確定申告」のサービスが終了してしまい、申告書類を作れなくなっています。

青色申告者におすすめの会計ソフト

青色申告の個人事業主は、多少コストがかかっても、機能が充実した有料ソフトを使うのがおすすめです。特に、大手3社「弥生freeeマネーフォワード」のクラウド会計ソフトは、下記のような点で無料の青色申告ソフトより使いやすくなっています。

有料ソフトならではのポイント(大手3社のクラウド会計ソフト)

  • シンプルなインターフェイスで、初心者から経理経験者まで使いやすい
  • 自動仕訳の機能で、日々の帳簿づけをほぼ自動化することも可能
  • 丁寧なガイド付きで、会計初心者でも確定申告書類を迷わず作成できる
  • 自宅にいながらソフトから電子申告できるので、書類提出の手間も大幅に削減できる
  • 請求書の作成機能など、サブ機能も充実している

もちろん「弥生・freee・マネーフォワード」の他にも有料ソフトはあります。ただ、価格帯はどれもさほど変わりません。せっかくなら、コスパ面で優れた大手3社のクラウド会計ソフトから選ぶのがよいでしょう。

青色申告におすすめのクラウド会計ソフト【比較一覧表】

やよいの青色申告
オンライン
freee会計 マネーフォワード
クラウド確定申告
操作画面
やよいの青色申告オンライン (操作画面)
会計freee (操作画面)
マネーフォワード クラウド確定申告 (操作画面)
料金
(税込)
セルフプラン
9,680円/年
(初年度は無料)

ベーシックプラン
15,180円/年
(初年度は半額)

トータルプラン
26,400円/年
(初年度は半額)
スターター
12,936円/年

スタンダード
26,136円/年

プレミアム
43,780円/年
パーソナルミニ
10,560円/年

パーソナル
12,936円/年

パーソナルプラス
39,336円/年
無料体験
主な
機能
帳簿づけ
自動仕訳
申告書類の
作成
電子申告
請求書の作成
月6枚以上は有料
スマホアプリ
記帳機能のみ
やよいの青色申告
オンライン
freee会計 マネーフォワード
クラウド確定申告

これらのソフトは、どれも無料トライアルが可能です。無料期間中に入力したデータは、本契約後もそのまま引き継げます。もちろんトライアル終了後はそのまま解約してもよいので、気になるソフトがあれば実際に操作感を試してみましょう。

まとめ

白色申告する個人事業主なら「やよいの白色申告 オンライン」を選びましょう。操作画面が初心者向けで使いやすい上に、帳簿づけから確定申告書類の作成まで対応しています。初年度だけサポート付きの有料プランが半額なので、まずはサポート付きのプランからはじめて、サポートが不要になってからフリープランに変更するのがおすすめです。

青色申告なら、使いやすく機能が充実した有料ソフトを導入するのがおすすめです。なかでも弥生・freee・マネーフォワードのソフトは、帳簿づけから確定申告書の作成・提出までもれなく対応しています。青色申告対応の無料ソフトもありますが、機能が少なく使い勝手も良くないので、会計初心者にはおすすめできません。

>> やよいの白色申告 オンライン(公式)
>> やよいの青色申告 オンライン(公式)
>> freee会計(公式)
>> マネーフォワード クラウド確定申告(公式)