2022年の確定申告が初めての方へ【個人事業主向け】

更新日 2021年9月03日

2022年(令和4年)の確定申告が初めての方へ

2022年(令和4年)の確定申告が初めての個人事業主向けに、確定申告までにやることを簡潔にまとめました。 確定申告が初めての場合は、何から始めればよいか分からないと思います。 まだ「開業届」を出していない方は、まずは開業届を税務署に出しておきましょう。

会計期間と確定申告期間

個人事業主の会計期間は原則1月1日〜12月31日なので、まずはこの期間の売上や経費を帳簿づけします。その結果をまとめて、翌年の確定申告期間(原則2月16日〜3月15日)に申告します。

2022年(令和4年)の確定申告時期

会計期間

たとえば2021年の場合、2021年1月1日〜12月31日の売上や経費を帳簿にまとめます。帳簿づけは手書きでも構いませんが、個人事業用の会計ソフトがあるので、とくに会計初心者は会計ソフトに売上や経費を入力して帳簿を作ることをおすすめします。

2021年に新規開業した個人事業主は、開業日から12月31日までの会計記録を帳簿にまとめましょう。

確定申告期間

2021年分の帳簿をまとめたら、その内容をもとに、確定申告書類を作成します。 個人事業用の会計ソフトを使っていれば、確定申告書類の大部分は自動で作成されます。 2021年分の申告は、2022年2月16日〜3月15日に行います。この間に、税務署へ申告書を提出すればOKです。

>> 確定申告書類の提出方法

白色申告と青色申告の違い

個人事業主の確定申告には、「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。 白色申告は、簡単な帳簿づけで済むのですが、青色申告は、比較的難しくて面倒な帳簿づけをする必要があります。

白色申告と青色申告の大まかな違い

白色申告青色申告
・比較的かんたん
・事前申請の必要なし
・節税につながる特典なし
・比較的むずかしい
・事前申請の必要あり
・節税につながる特典あり

面倒な代わりに青色申告は、納める税額を白色申告よりも少なくできる特典があります。 簡単に言うと、青色申告のほうが節税になります。 納める税金が少なくなるので、事業主の財布に優しいのが青色申告です。

白色申告と青色申告の割合

所得が多い事業主ほど、青色申告を選択する傾向にあります(収入 − 必要経費 = 所得)。 国税庁の統計によると、事業所得者の白色申告と青色申告の割合は、以下のとおりです。このグラフは東京国税局のデータから作成したものです。

所得別でみる白色申告者と青色申告者の割合

データ:申告所得税(2018年分)・2-2 所得階級別人員 - 東京国税局

白色申告を選ぶか青色申告を選ぶかは、事業主の自由です。 申請をしなければ、自動的に白色申告とみなされます。 青色申告をするには、事前に「青色申告承認申請書」を税務署へ出しておく必要があります。

>> 白色申告するまでにやること 簡単な帳簿づけ・領収証等の保存
>> 青色申告するまでにやること 複式簿記・領収証等の保存

まとめ

白色申告の場合

白色申告を選択する場合、それについての事前申請はとくにありません。ただ、個人事業の「開業届」をまだ税務署へ出していない人は、まず開業届を税務署へ出しておきましょう。

あとは1月1日〜12月31日までの売上や経費を帳簿づけし、その内容をもとに、確定申告書類を作成するという流れになります。

青色申告の場合

青色申告を選択する場合、定められた期限内に申請書を税務署へ提出します。個人事業の「開業届」も出していなければ、「青色申告承認申請書」と「開業届」を同時に税務署の窓口へ出しましょう。どちらも税務署に用意してあり、A4用紙1枚の内容なので作成に時間はかかりません。

事前申請が終われば、白色申告と同じく、まずは1月1日〜12月31日の帳簿づけをします。そして翌年の確定申告期間(原則2月16日〜3月15日)に、確定申告するという流れになります。

帳簿の作成に慣れていない方は、ひとまず個人事業用の会計ソフトを用意しましょう。個人事業主向けに作られた会計ソフトが販売されており、これを使うと初心者でも帳簿づけと確定申告書類の作成が簡単になります。 確定申告を自分で行う事業主は、ソフトで帳簿づけする事をおすすめします。

>> 白色申告の会計ソフト【比較一覧表】
>> 青色申告の会計ソフト【比較一覧表】