所得税と消費税の納付方法 - 国税の納め方まとめ

更新日 2021年4月01日

所得税と消費税の納付方法について

国税(所得税や消費税)には複数の納付方法があり、納税者が好きな方法を選択できます。 本ページでは国税の納付方法を大きく7通りに分け、それぞれの特徴を紹介しています。

納付方法一覧

所得税と消費税の納付方法は、以下のうちから自由に選択できます。「クレジットカード納付」を除けば、基本的に手数料はかかりません。

窓口納付税務署や銀行で納付書を使って納付する方法
納付時に領収証書が発行されるのはこの方法だけ
コンビニ納付コンビニのレジで専用の納付書を使って納付する方法
納付額が30万円以下の際に利用可能(納付書1枚につき)
クレジットカード納付専用サイトを介してカード払いで納付する方法
簡単だが高めの手数料がかかる(1万円ごとに税込83円)
振替納税所定の振替日に口座振替で納付する方法
例年、所得税の振替日は4月中旬
ダイレクト納付e-Taxを利用して口座振替で納付する方法
税金の前払い制度(予納)を簡単に利用できる
登録方式の電子納税ネットバンキングやATMから納付する方法
e-Tax上で取得した「納付区分番号」を利用する
入力方式の電子納税ネットバンキングやATMから納付する方法
自分で調べた「納付目的コード」を利用する

国税の納付手続 - 国税庁

結論から言うと「振替納税」が最もオススメです。手間も手数料もかからないうえ、通常の納付期限日から振替日までに1ヶ月ほどの猶予が得られます。

上表の「ダイレクト納付」から下の3つは、いわゆる「電子納税」の方法です。e-Taxの利用が前提になるので、電子申告をする人向けの納付方法と言えます。

窓口納付

最もオーソドックスなのが、所轄の税務署や金融機関に納付書を持参して、現金で納付する方法です。ほとんどの窓口には納付書が備え付けられており、その場で記入することができます。

納付時に領収証書が発行されるのは、この窓口納付をした場合のみです。とはいえ、他の方法で納付をしても、あとから「納税証明書」を発行することはできます。領収証書のために、わざわざ窓口納付を選択する必要はありません。

窓口納付のメリット・デメリット

メリットデメリット
・事前申請が不要
・手数料がかからない
・領収証書が発行される
・窓口の時間内に行かないとダメ

コンビニ納付

納付額が30万円以下なら、コンビニで納付ができます(現金払いのみ)。ただ、基本的には、キオスク端末のあるローソンやファミリーマートでしか利用できません。キオスク端末とは「Loppi」「Famiポート」のことです。

QRコードを使ったコンビニ納付の方法

国税庁の納付手続ページからコンビニ納付(QRコード)のページへ移り、ORコードを作ります。作成したORコードをキオスク端末に読み取らせれば、納付用のバーコードが印刷されます。あとは、そのバーコードをレジで提示すればOKです。

ちなみに、予定納税などでは、はじめからバーコードが印刷された納付書が交付されることもあります。その場合はキオスク端末を利用しないため、セブンイレブンなどでも納付が可能です。

コンビニ納付のメリット・デメリット

メリットデメリット
・事前申請が不要
・手数料がかからない
・窓口と違って24時間いつでもOK
・バーコードの発行が少し面倒
・納付できるのは30万円まで(1枚につき)

クレジットカード納付

国税クレジットカードお支払サイトにアクセスして必要事項を入力すれば、クレジットカード払いで納付ができます。事前申請も不要で、手軽な納付方法です。ただ、この納付方法では手数料がかかります。

国税クレジットカード納付の手数料

納付額手数料(税込)
10,000円以下83円
10,001円~20,000円167円
20,001円~30,000円250円
30,001円~40,000円334円
40,001円~50,000円418円

以降も1万円を超えるごとに決済手数料が加算される

上表の通り、1万円以下の場合は税込83円の手数料がかかります。 1万円納税した場合、0.83%の手数料がかかるということです。 一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%〜1%ほどなので、還元率のよいカードを使っていないと手数料で損をしてしまいます。 また、国税のカード払いでポイントが貯まるかはカード会社によって異なります。

クレジットカード納付のメリット・デメリット

メリットデメリット
・事前申請が不要
・パソコンやスマホから納付できる
・クレカのポイントが貯まる場合も
・手数料がかかる

振替納税

所轄の税務署か金融機関に一度「振替依頼書」を提出すれば、それ以降は口座振替で納付ができます。振替日になったら自動的に納付が行われるので、なんといってもラクな方法です。

所得税と消費税の振替日は、通常の納付期限日の1ヶ月後あたりに設定されます(日程は国税庁が毎年発表する)。納付までに若干の猶予を得られるので、資金繰りが厳しい事業主にとっては、こちらも大きなメリットです。

2021年の納付期限日と振替日

通常の納付期限日 振替納税の振替日
所得税 2021年4月15日(木) 2021年5月31日(月)
消費税 2021年4月15日(木) 2021年5月24日(月)
【2021年】確定申告期限の延長について
新型コロナウイルスの影響により、2020年分の確定申告期間は「2021年2月16日(火)〜4月15日(木)」に変更された。所得税などの納付期限日についても同様に延長されていた。

所得税や消費税を口座振替で納付したい場合は、その年の申告期限日までに振替依頼書を出しておきましょう。なお、転居によって所轄の税務署が変わったりしない限り、再び依頼書を提出する必要はありません。>> 振替依頼書 - 国税庁

振替納税のメリット・デメリット

メリットデメリット
・自動的に納付が行われてラク
・手数料がかからない
・振替日までに猶予がある
・初回のみ事前の手続きが必要

ダイレクト納付

ダイレクト納付なら、自分で振替日を指定して、口座振替で納付することができます。e-Tax上ですぐに納付手続きが行えるので、電子申告をする場合はなかなか手軽です。またダイレクト納付では、「予納」の制度を簡単に利用できます。

予納とは?
任意の日程・任意の金額で、申告前の税金を“前払い”できる制度のこと。「予定納税」とは別モノ。納税者自身が「〇月〇日に△△円を納付する」と設定できる。予納によって、たとえば「当年分の所得税を、当年のうちから月々10万円ずつ納めておく」ということも可能。納めすぎた金額は、確定申告の際に還付してもらえる。

ダイレクト納付を利用するには、約1週間前までにe-Tax上で事前申請を行う必要があります(紙で申請する場合は約1ヶ月前まで)。

ダイレクト納付のメリット・デメリット

メリットデメリット
・手数料がかからない
・パソコンやスマホから納付できる
・「予納」が簡単にできる
・e-Taxの利用が前提
・初回のみ事前申請が必要

登録方式の電子納税

登録方式の電子納税では、インターネットバンキングやATMの操作画面に「納付区分番号」を入力して納付を行います。「納付区分番号」は、e-Taxに納付情報を登録することで取得できます。

「振替納税」や「ダイレクト納付」で利用できない金融機関でも、登録方式・入力方式の電子納税には対応している場合があります(特にネット銀行など)。対応状況は様々なので、詳しくは金融機関のHPなどでご確認ください。

なお、金融機関によっては、インターネットバンキングやATMの手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

登録方式のメリット・デメリット

メリットデメリット
・事前申請が不要
・ネットバンキングやATMで納付できる
・e-Taxの利用が前提
・利用手数料がかかる場合がある

入力方式の電子納税

入力方式の電子納税は、前述の「登録方式」とよく似た納付方法です。ただ、e-Taxで取得した番号ではなく、ルールに従って自分で組み合わせた「納付目的コード」を使う、という点が異なります。

「登録方式」と比べると、e-Taxで番号を取得しなくてよいので、電子申告をしない場合でも利用しやすいです。とはいえ、e-Taxの登録情報をもとに利用者確認をするため、e-Taxの利用開始手続きは済ませておく必要があります。

入力方式のメリット・デメリット

メリットデメリット
・事前申請が不要
・ネットバンキングやATMで納付できる
・e-Taxの開始手続きが必須
・利用料金がかかる場合がある

まとめ - ケース別のおすすめ納付方法

最後に、それぞれの納付方法の特徴をまとめておきます。 「振替納税」と「ダイレクト納付」は、口座振替による納付方法です。先述のとおり、これらの方法はネット銀行に対応していないので注意しましょう。

事前申請主な特徴
窓口納付-納付時に領収証書が発行される
コンビニ納付-24時間いつでも現金納付ができる
クレジットカード納付-簡単だが手数料がかかる
振替納税納期限までに届出初回の手続き以降は全く手間がかからない
ダイレクト納付1ヶ月前までに届出税金の前払い(予納)が簡単にできる
登録方式の電子納税-ネット銀行なども幅広く対応しているが、金融機関によっては手数料がかかる
入力方式の電子納税-

1. 事前手続きをする余裕がある人

事前申請が間に合うなら、やはり「振替納税」がオススメです。初回の手続きさえしてしまえば、あとは全く手間がかかりません。ちなみに、振替納税の依頼書は、遅くても納付期限日(振替日ではない!)に提出すればギリギリセーフです。

2. 期限が迫っている人・期限を過ぎてしまった人

とにかく急いで納付したい人には「クレジットカード納付」がオススメです。ただ、手数料が気になる場合は、近所で「コンビニ納付」をするのがよいです。どちらの方法も、事前申請なしで手軽に利用できます。

3. e-Taxを利用している人

すでにe-Taxを利用している人なら、電子納税も選択肢に入ります。急いでいる場合は「登録方式」か「入力方式」が手っ取り早いかもしれません。ただ、事前手続きが間に合うなら、やはり「振替納税」を選んでおくのがオススメです。

4. 予納の制度を利用したい人

「ダイレクト納付」の申請を済ませれば、e-Tax上で「予納」の手続きが簡単にできます。そこまで大きなメリットのある制度ではありませんが、お金の心持ちから、税金の前払いをしておきたい事業主にはオススメです。

>> 個人事業主が納める税金の種類
>> 主な税金の納付時期まとめ
>> 納付した税金の仕訳方法・勘定科目について