白色申告で提出する必要書類 - 収支内訳書と確定申告書B

白色申告で提出する必要書類

白色申告では「収支内訳書」と「確定申告書B」を提出するのが基本です。本ページでは、書類の概要や入手方法について簡単にまとめています。それぞれの書き方については、右記のページを参照して下さい。 >> 収支内訳書の書き方 >> 確定申告書Bの書き方

白色申告で提出する確定申告書類

白色申告では「収支内訳書」と「確定申告書B」を税務署へ提出するのが基本です。いずれも、国税庁ウェブサイトからダウンロードできます。>> 確定申告書類 - 国税庁ウェブサイト

  • 収支内訳書(合計2ページ)
  • 確定申告書B(合計2ページ + 添付書類台紙)

最寄りの税務署まで足を運んで入手したり、税務署に連絡して郵送してもらうといった方法でも入手できます。 >>申告書の詳しい入手場所について

青色申告の場合は、「収支内訳書」の代わりに「青色申告決算書」を提出します。収支内訳書のほうが記入する項目が少ないので、比較的カンタンに確定申告をすることができます。
>>青色申告で提出する書類

提出書類① 収支内訳書

1年間(1月1日~12月31日)の売上や経費、仕入れなどの金額をまとめ、事業の所得を計算するものが「収支内訳書」です。「一般用」「農業所得用」「不動産所得用」の3種類がありますが、多くの個人事業主は、一般用の収支内訳書を使用します。農業や不動産による所得がある場合に、必要に応じてそれらの書類を使用します。

収支内訳書 ページ1収支内訳書 ページ2
白色申告の収支内訳書 1ページ目
白色申告の収支内訳書 2ページ目

収支内訳書は全部で2ページだけです。1ページ目に収入や売上、経費などの金額を記入します。2ページ目には売上や仕入金額の明細、減価償却費の計算などを記入する欄が設けられています。
>> 収支内訳書(一般用)について

提出書類② 確定申告書Bと添付書類台紙

個人事業主が確定申告する際は、白色・青色に関わらず「確定申告書B」を提出する必要があります。「確定申告書A」は、主に会社員やアルバイト・パートをしていて、確定申告の必要がある方が利用します。 >> 給与所得者の確定申告について

確定申告書B 第一表確定申告書B 第二表
確定申告書B 1ページ目確定申告書B 2ページ目

確定申告書Bは、第一表と第二表の全2ページです。第一表に、収入や控除・税金の計算などを記入する欄があります。第二表には、第一表よりも詳細な情報(所得や控除の内訳など)を記入します。 >> 確定申告書Bについて

確定申告書の添付書類台紙

基本的には、確定申告書Bと一緒に「添付書類台紙」を提出します。添付書類台紙は、源泉徴収票や本人確認書類の写し(マイナンバーカードのコピーなど)、控除に関係する証明書などの提出に利用します。

台紙の必要書類を貼りつけて提出します。基本的にはのりづけしますが、ホッチキスやテープで貼りつけても問題ありません。ちなみに、e-Taxで電子申告する場合、多くの書類はその添付を省略できます。

添付書類台紙 表面添付書類台紙 裏面
添付書類台紙(平成30年分以降用)の表面
添付書類台紙(平成30年分以降用)の裏面

白色申告の提出書類と確定申告期間

以上見てきた通り、個人事業主が白色申告をする際、収支内訳書と確定申告書Bを提出します。添付書類台紙には、本人確認書類のコピーや控除証明書など、申告をする上で必要な関係書類を貼り付けて提出します。

確定申告書類を作成したら、確定申告期間(原則2月16日〜3月15日)に税務署へ提出します。2019年1月1日~12月31日分の確定申告は、2020年2月17日(月)~3月16日(月)に行います。

日頃から白色申告用の会計ソフトで帳簿づけを行っていれば、確定申告書類の作成は簡単です。ソフトで売上や経費を帳簿づけしていれば、その内容を確定申告書類に自動で反映してくれます。無料で使えるソフトもあるので、これから白色申告をする人は活用してみて下さい。

>> 白色申告用の会計ソフト - 帳簿づけから確定申告書類の作成まで対応
>> 白色申告の帳簿づけ方法 - 記帳の具体例