単式簿記と複式簿記の違い - 簡易な簿記と正規の簿記

更新日 2021年1月07日

単式簿記と複式簿記の違い

青色申告で55万円または65万円控除を受けるためには「正規の簿記」による会計記録が必要です。 一方、白色申告、あるいは青色申告で10万円控除を受けるためには、どちらも「簡易な簿記」による会計記録でよいことになっています。

申告方法ごとの要件

個人事業の確定申告は、白色申告と青色申告に大別できますが、青色申告をさらに細かくすると3種類に分けることができます。 この方法ごとに帳簿づけの要件を比較すると、下表のとおりになります。

白色申告青色申告
10万円控除
青色申告
10万円控除(現金主義)
青色申告
55万円・65万円控除
簿記の要件簡易な簿記簡易な簿記簡易な簿記正規の簿記
記帳方法単式簿記単式簿記単式簿記複式簿記
会計原則発生主義発生主義現金主義発生主義

3種類の青色申告を比較

「簡易な簿記」とは、かんたんにされた簿記の方法全般を指します。 簡易的な記帳でよく、取引の両面を表す複式簿記で記帳する必要はありません。 つまり、取引の一面だけを表す「単式簿記」で記帳してよいということです。

「正規の簿記」とは、正確な会計帳簿を作るために、 会計における「網羅性・立証性・秩序性」の3要件を満たした簿記のことをいいます。 これを実現するための記帳方法として、取引の両面を表せる「複式簿記」という方法を用います。

青色申告特別控除の改正 - 令和2年分から
2020年分の確定申告(2021年2月16日〜4月15日に行う確定申告)から、青色申告特別控除の改正が適用された。 これにより、青色申告特別控除の控除額は10万円・55万円・65万円の3段階になった。 >> 青色申告特別控除の改正点

単式簿記と複式簿記の違い

単式簿記は、取引を1つの科目にしぼって記録する方法です。 これは普段の生活のなかで目にするような記帳方法で、特別なものではありません。 通常、お小遣い帳・家計簿・預金通帳などは、単式簿記によって記録されています。

複式簿記は、2つの科目で取引を記録することで、その両面を表すことができる方法です。 たとえば、現金で経費を使った場合には、経費が増える(費用の増加)、現金の減少(資産の減少)、この2つの側面があります。 このように、取引の二面性を表せるのが複式簿記です。

単式簿記複式簿記
取引の一面を表す取引の二面を表す

定義を読むだけでは、記帳方法の違いがいまいち分かりにくいのではないでしょうか。 後に示す具体例を見て、この違いを把握して下さい。

単式簿記と複式簿記の具体例

たとえば、現金1,000円で業務用プリンターのインクを買ったとしましょう。 インクは消耗品費の勘定科目で仕訳します。 「摘要」には、その費用の内容を記します。これを単式簿記で表すと、以下のようになります。

単式簿記(簡易な簿記)

日付勘定科目金額摘要
20XX年5月18日消耗品費1,000プリンターインク

単式簿記では「消耗品を1,000円で購入した」ということだけ分かればよいのです。特に難しいことはありません。

これを複式簿記で表すと、以下のようになります。

複式簿記(正規の簿記)

日付借方貸方摘要
20XX年5月18日消耗品費 1,000現金 1,000プリンターインク

複式簿記では、前述のように取引の二面性を表せることになります。 この場合は、帳簿づけによって以下のことが表されます。

  • 消耗品費という費用が1,000円増えた(費用の増加)
  • 現金という資産が1,000円減った(資産の減少)

複式簿記における「借方」「貸方」という概念をしっかりと理解するためには、以下のページを参考にして下さい。 >> 借方・貸方とは?複式簿記の仕訳を分かりやすく!

会計ソフトを使えば複式簿記も簡単になる

会計ソフトを使えば、複式簿記の帳簿は自動作成されるので、わざわざ単式簿記を選ぶ必要はありません。 会計ソフトの進化のおかげで、帳簿づけの操作はより直感的になりました。 複式簿記による記帳は、以前よりもだいぶハードルが下がったと言えます。

たとえば、先ほどの帳簿づけを会計ソフトで行うと以下のようになります。
やよいの青色申告 オンラインの場合)

消耗品費の帳簿づけ - やよいの青色申告 オンライン

同じ内容をfreee(フリー)で入力すると、以下のようになります。クレジットカード払いや預金引き落としであれば、カード情報や口座情報を登録しておくことで、取引データを自動入力することも可能です。

消耗品費の帳簿づけ - freee

このように、お小遣い帳感覚で取引内容を入力していけば、 ソフトが自動で複式簿記の帳簿にデータを反映してくれます。 青色申告で55万円または65万円控除を目指すのであれば、会計ソフトによる帳簿づけがおすすめです。

>> 個人事業用の会計ソフト
>> 納税額はどう違う?白色申告・青色申告10万円・55万円・65万円控除を比較
>> 複式簿記の「借方」「貸方」をおさらい