青色申告特別控除の改正点【2020年分の確定申告から】

青色申告特別控除の変更点【2020年分から】

2020年分の確定申告から適用される、青色申告特別控除の改正点についてまとめました。この改正によって、65万円の控除に新たな要件が加わります。改正後も65万円控除を狙うなら、ひとまず「e-Taxでの電子申告」を行うのがオススメです。

青色申告特別控除の控除額が変わる

2020年分の確定申告(2021年2月16日~3月15日に行う確定申告)から、青色申告特別控除が改正されます。この改正によって、65万円の控除を受けるには新たな要件のクリアが必須に。従来の要件を満たすだけでは、55万円の控除しか受けられません。

青色申告特別控除の変更点

青色申告特別控除の控除額は、上図のような3パターンになるということ。65万円の控除を受けるには、従来の要件をクリアした上で「e-Taxでの電子申告」か「電子帳簿保存」のどちらかを行う必要があります。なお、10万円の控除について変更はありません。

基礎控除も改正される

同じく2020年分の確定申告から「基礎控除」も改正され、控除額が従来の38万円から48万円に増額されます(合計所得金額が2,400万円以下の人のみ)。つまり、青色申告特別控除の65万円と合わせれば、これまで以上におトクになるということです。

現行・55万・65万+基礎控除

控除額ごとの要件 - 10万・55万・65万の比較

2020年分の確定申告以降に65万円の青色申告特別控除を受けるには、従来の要件をクリアした上で「e-Taxでの電子申告」か「電子帳簿保存」を行う必要があります。改正後は、従来の65万円控除の要件を満たすだけでは、55万円の控除しか受けられません。

主な要件と控除額の比較表

控除額ごとの要件イメージ

「e-Taxが面倒だから55万円の控除でいいですワ」という人でも、基礎控除の増額分と合わせれば、実質的にはこれまでと同等の控除が受けられます。また、これまで青色申告で10万円の控除を受けてきた人は、そのままでも基礎控除の増額分で少しおトクになります。
>>65万円控除の改正前の要件についてはこちら

65万控除の新要件① e-Taxでの電子申告

従来の要件をクリアした上で「e-Taxでの電子申告」を行えば、改正後も65万円の青色申告特別控除を受けられます。基本的に「電子帳簿保存」よりも手間が少ないので、65万円控除を狙うならひとまずこちらの方法がオススメです。

e-Tax(イータックス)」とは、インターネットを介して国税に関わる手続きを行うシステムのこと。国税庁が運営しており、手続きをすれば誰でも利用できます。e-Taxを利用してネット上で確定申告(電子申告)を行えば、新要件クリアということです。

e-Taxの利用準備

e-Taxを利用する際には、まず「電子証明書」の取得が必要です。その際には、マイナンバーカードを使う方法が簡単です。家電量販店などで売られているICカードリーダー(3,000円前後)を使って、マイナンバーカードから電子証明書を読み込みましょう。

マイナンバーカードICカードリーダー

マイナンバーカードから電子証明書の取得を行う場合は、「開始届出書」などの提出が不要です。ちなみに現時点では、マイナンバーカードがなくても税務署で厳格な本人確認を行えば電子証明書を取得できます。しかし、手続きには少し手間がかかります。

電子申告の方法

e-Taxの利用準備を終えたら、e-Taxのサイトから電子申告ができます。あとは指示に従って操作することで、電子申告できます。

e-Taxのサイト

なお、必ずしもe-Taxのシステムから納税(電子納税)まで行う必要はありません。65万円控除の要件になっているのは「電子申告」のみです。納付方法は、これまでと変わらず、口座振替や窓口納付でも問題ありません。

65万控除の新要件② 電子帳簿保存

従来の要件をクリアした上で「電子帳簿保存」を行えば、e-Taxで電子申告をしなくても65万円の青色申告特別控除を受けられます。とはいえ、電子帳簿保存には厳しいルールが定められており、電子申告を行うほうが手っ取り早いと言えます。

65万円控除の要件になっているのは「仕訳帳と総勘定元帳の電子帳簿保存」ですが、現状ではこの機能を備えている会計ソフトが多くありません。「会計ソフトならデータが残るから電子帳簿保存できている」というわけではないので注意しましょう。

電子帳簿保存とは?

電子帳簿保存とは、一定のルールに従って、帳簿などの書類をデータとして保存しておくこと。電子帳簿保存を行う際には「真実性」と「可視性」の確保が義務付けられ、データの改ざんができないような特定の機能を備えたシステムを利用する必要があります。 (電子帳簿保存法上の電子データの保存要件 - 国税庁)

まとめ - 改正に備えてやるべきこと

2020年分の確定申告(2021年2月16日~3月15日に行う確定申告)から、青色申告特別控除が改正され、65万円の控除に新たな要件が加わります。従来の要件を満たすだけだと、控除額は55万円に下がってしまいます。なお、10万円の控除に関しての変更はありません。

青色申告特別控除の変更点

65万円控除の新要件

65万円の控除を受けるためには、従来の要件をクリアした上で「e-Taxでの電子申告」か「電子帳簿保存」を行わなくてはなりません。「電子帳簿保存」には厳しいルールがあるので、65万円控除を狙うならひとまず「e-Taxでの電子申告」がオススメです。

65万円控除の新要件

ちなみに、2020年分の確定申告からは「基礎控除」も同時に改正されます。この改正で、ほとんどの人は基礎控除額が10万円増え、48万円控除になります。青色申告特別控除が55万円に減っても、基礎控除の増額分で、これまでと同等の控除は受けられるということです。

>> 2020年分からの基礎控除の改正について
>> 青色申告用の会計ソフト一覧はこちら
>> 青色申告に関する情報まとめ