個人事業主向けサービス「FREENANCE(フリーナンス)」とは?

FREENANCE

FREENANCE(フリーナンス)は、フリーランス専用のユニークな金融サービス。フリーランスが便利に使える報酬受け取り専用口座や、取引先に代わって報酬を先払いしてくれるサービスを提供しています。本サービスのユーザーは、損害賠償保険を無料で適用してもらうことができます。

個人事業主を支える「お金と保険のサービス」フリーナンス

「フリーランス」×「ファイナンス」で「フリーナンス」というネーミング。金銭的な面で、フリーランスを支援してくれます。(運営会社は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社。)

フリーナンスに登録すると、3つのサービスを受けることができます。「フリーナンス振込専用口座」「フリーナンス即日払い」「フリーナンスあんしん補償」です。

フリーナンスが提供する3つのサービス

サービス名称概要
フリーナンス振込専用口座屋号名義などで利用できる報酬の受け取り専用口座
フリーナンス即日払い取引先に代わり、最短即日で報酬を先払いしてくれるサービス
フリーナンスあんしん補償無料で付帯する損害賠償保険

個人事業主が本業に集中できるよう、雑務にかける時間や金銭面での不安を取り除くために、上記のようなサービスがつくられました。どれもフリーランスとして働く人にとって嬉しい機能です。順番に紹介していきます。

無料の報酬受け取り専用口座「フリーナンス振込専用口座」

「フリーナンス振込専用口座」は、簡単にいえば個人事業主専用のバーチャル口座のようなものです。銀行などで開設する口座とは少し異なります。フリーナンス振込専用口座の振込先に、自分が普段使っている口座(メインバンク)を登録して開設します。

フリーナンス振込専用口座で報酬を受け取る流れ

フリーナンス振込専用口座を使ったときの流れ

取引先から振り込まれる報酬は「フリーナンス振込専用口座」を介して受け取ることになります。報酬の振り込みは、週に一度まとめて実施。振込手数料はフリーナンスが負担してくれます。ユーザーは、振込手数料も口座維持費も支払う必要はありません。

フリーナンス振込専用口座は、自分の本名はもちろん、屋号やペンネームでも開設できます。屋号付き口座を簡単に開設したい人、店名を振込先の名前にしたい人などにぴったりです。

フリーナンス振込専用口座で報酬を受け取る流れ

フリーナンス公式サイトからアカウントを登録

まずは、フリーナンスにアカウント登録します。フリーナンスの公式サイトにある「今すぐ無料で登録する」をクリックしましょう。

登録完了後、数日で認証コードが記載されたハガキが届きます。その認証コードでWebサイトにアクセスすると、フリーナンスのマイページにログインできるようになり、フリーナンス振込専用口座が開設されます。

取引先にフリーナンス振込専用口座へ報酬を振り込んでもらう

開設した振込専用口座の使い方はシンプル。取引先に送る請求書の振込先を、フリーナンス振込専用口座に指定するだけです。フリーナンス振込専用口座に振り込まれた報酬は、一週間分まとめて自分のメインバンクに振り込まれる、という流れになっています。

メインバンクには一週間に一度まとめて入金される

例えば、長期契約をしているA社からの報酬は、毎月第三月曜日に振り込まれるとします。先月は新たにB社とも契約をし、今月から第三水曜日に振り込まれます。

フリーナンスから個人口座への振り込みは、毎週金曜日。この場合、第三金曜日にA社とB社からの報酬が個人口座へ振り込まれます。このように、一週間分まとめての支払いになります。なので、基本的には取引先と契約を交わした支払期日よりも、数日遅く入金されます。

A社とB社が送金した報酬はまとめてメインバンクに入金される

メインバンクにまとめて入金される

取引先にとって、送金するフローは変わりません。ユーザーも、取引先に送る請求書の口座を変更するだけ。他はいつも通りでOKです。すべての取引でフリーナンス振込専用口座を振込先に指定しておけば、仕事の報酬を一気に確認したい場合に役立ちます。

請求書を送ったら報酬がすぐにもらえる「フリーナンス即日払い」

個人事業主が抱える悩みのひとつに、報酬の支払いサイクルがクライアントによってさまざまであるというものがあります。契約によっては、納品の翌々月末払い……なんてことも。

「フリーナンス振込専用口座」のサービスは、無料で口座が開設できるだけではありません。請求書を送ったあと、フリーナンスが取引先の代わりに報酬を先払いしてくれる「フリーナンス即日払い」というサービスも行っています。

これは、請求書をフリーナンスが買い取り、取引先に代わって報酬を最短即日に振り込んでくれるというもの。一時的にキャッシュが不足してしまった!という場合などに使えるサービスです。

フリーナンス即日払いの流れ

「フリーナンス即日払い」のサービスを使って報酬を手に入れる方法は簡単です。請求書の振込先口座を「フリーナンス振込専用口座」に指定して、取引先に送ったあと、フリーナンスに即日払いの申請をするだけ。

審査を通過すれば、フリーナンスに登録してある自分のメインバンクに報酬が振り込まれます。取引先は、普段どおり契約を交わした期日までに、指定された振込先「フリーナンス振込専用口座」へ報酬を送金します。

取引先に知られることなく報酬を早く受け取れる

仮に、今月仕事をしたC社から報酬が振り込まれる期日が、翌月末日だったとします。

あなたは、どうしても今月中に現金が必要になってしまいました。そんなときがフリーナンス即日払いサービスの出番です。C社は契約どおり翌月末日に報酬を送金しますが、ユーザーはそれよりも早く、フリーナンスから報酬を送金してもらえます。このとき、C社が送金した報酬は、フリーナンスが後ほど回収することになります。

あくまでも取引先が支払う報酬を、フリーナンスがユーザーのメインバンクに先払いしているというかたちなので、取引先にフリーナンス即日払いを申し込んだことは知られません。

「フリーナンス即日払い」で資金繰りがラクに

買取金額は、1万~300万円まで。フリーナンス即日払いを利用するとき、報酬の3~10%は買取手数料としてフリーナンスに徴収されます。これだけ低い手数料で、申請した次の日に振り込んでくれる請求書買取サービスは、フリーナンス即日払いだけです。

「マネーフォワード クラウド請求書」も請求書の買い取りサービスを行っていますが、フリーナンス即日払いよりも入金が遅いです。マネーフォワード クラウド請求書の場合、振込申請日から5営業日後に振り込まれます。

エンジニアの方は、取引先とは別にデザイナーなどに業務を外注することがあるかと思います。取引先から報酬を支払われる前に、外注したデザイナーに報酬を支払わなくてはならない……そんなときに、フリーナンス即日払いが活躍します。

「フリーナンスあんしん補償」という損害賠償保険

フリーナンス振込専用口座を開設すると、無料で「フリーナンスあんしん補償」のサポートが受けられます。仕事をしている際に起きてしまった事故の補償を行ってくれる、損害賠償保険です。

フリーナンスあんしん補償の支払限度額

業務遂行中の補償仕事の結果(PL責任)
の補償
受託財物の補償
業務過誤の補償
1事故あたりの保証限度額5,000万円5,000万円500万円
期間中の限度額なし5億円5億円
自己負担額なし

上表の「期間中の限度額」とは、引受保険会社の損保ジャパン日本興亜がフリーナンスに対して支払える限度の金額です。そのため「業務遂行中の補償」以外は、すべての会員合わせて5億円が限度額となります。

それぞれの補償を受けられる場合の例

概要補償が適用される例
業務遂行中の補償撮影用のドローンが風に吹かれ、人に怪我を負わせてしまった
仕事の結果
(PL責任)の補償
納品物に欠陥があり、利用者に怪我を負わせてしまった
受託財物の補償取引先から借りていた備品を、誤って壊してしまった
業務過誤の補償納品した成果物が、著作権を侵害していると第三者に指摘された

パソコンがウイルスに感染しリリース前の情報を漏洩してしまった、納品したシステムに不具合があった……そんなときも「業務過誤の補償」に当てはまります。万が一のとき、守ってくれる会社がない個人事業主にはありがたいサポートです。

フリーナンスに登録していれば取引先に信用してもらえる

フリーナンス振込専用口座の口座名義には、「/GMOCN」の文字列が追加されます。取引先は、口座名義を見てフリーナンスに登録している個人事業主であることを知ることができます。

フリーナンスに登録する際、ユーザーは複数の反社会勢力データベースに掲載されていないかチェックされます。フリーナンスの登録者であるということは、同時に反社会勢力データベースに掲載されていない人間であることの証明にもなるのです。

つまり「フリーナンスあんしん補償」は、ユーザーだけでなく、取引先である発注企業も守ってくれる補償と言えます。本サービスの認知度が向上すれば、フリーナンスに登録しているというだけで一定の信用を得ることができるでしょう。

フリーナンスを利用するほどアップする与信スコア

フリーナンスには「与信スコア」という仕組みがあります。フリーナンス振込専用口座への入金回数や入金額が多いほど、ユーザーの与信スコアはアップしていきます。

与信スコアが高いユーザーは、即日払いサービスを利用する際の限度額が上がったり、「フリーナンス即日払い」の買取手数料が低くなります。

使うほどアップする与信スコア

一般的に、フリーランスは住宅ローンなどの審査に通りにくいと言われています。安定した年収を得ていたとしても、フリーランスだからという理由でローン会社に断られてしまうことも。将来的には、与信スコアの仕組みを利用して、銀行で融資を受けたり、住宅ローンを組んだりできるようなサービスの展開を検討しているようです。フリーナンスの今後に期待が高まります。

フリーナンスの3大サービスまとめ

ここまでに紹介した3つのサービスを振り返りましょう。

フリーナンスが提供する3大サービス

サービス名称概要
フリーナンス振込専用口座屋号名義などで利用できる報酬の受け取り専用口座
フリーナンス即日払い取引先に代わり、最短即日で報酬を先払いしてくれるサービス
フリーナンスあんしん補償無料で付帯する損害賠償保険

フリーナンスの審査を通過すると「フリーナンス振込専用口座」の開設ができます。必要に応じて、即日に入金可能な「フリーナンス即日払い」が利用可能に。 さらに、仕事における損害賠償保険である「フリーナンスあんしん補償」がついてきます。

「フリーナンス振込専用口座」の手数料と入金のタイミング

口座維持費振込手数料入金のタイミング
無料無料(フリーナンスが負担)毎週金曜日

フリーナンス振込専用口座は、ユーザーのメインバンクと取引先の間に位置するもので、口座維持費も振込手数料も無料で利用できるサービスです。使い方は、フリーナンス振込専用口座を振込先に指定した請求書を取引先に送るだけでOK。

「フリーナンス振込専用口座」の利用方法

手順担当
① 取引先に請求書を送るユーザー
② フリーナンス振込専用口座に報酬を送金取引先
③ ユーザーのメインバンクに報酬をまとめて入金フリーナンス

個人事業主が屋号口座を開設できる銀行は少ないですが、フリーナンスのサービスを利用すれば開設できます。口座の名義は屋号だけでなくペンネームも可能なので、結婚後に旧姓を使って仕事をしている人にもおすすめです。

また、「フリーナンス振込専用口座」を使えば、取引先からの報酬をフリーナンスが先払いしてくれる「フリーナンス即日払い」のサービスも利用できます。

「フリーナンス即日払い」の手数料と入金のタイミング

買い取り額買い取り手数料入金のタイミング
1~300万円3~10%即日払いの申請通過後

即日払いの手数料として、3~10%を報酬から差し引かれます。この数字は、先述の与信スコアによって決定されます。

「フリーナンス即日払い」の利用方法

手順担当
① 取引先に請求書を送るユーザー
② フリーナンスに即日払いを申し込むユーザー
③ 取引先の代わりにユーザーのメインバンクへ報酬を入金フリーナンス
④ 契約期日までにフリーナンス振込専用口座へ報酬を送金取引先

手数料をとられてしまうので、むやみには使うのはおすすめできませんが、もしもの時に役立つサービスと言えます。

もしもの時に活躍する「フリーナンスあんしん補償」

3つ目のサービスは「フリーナンスあんしん補償」。最高5,000万円を保証してくれるフリーナンスあんしん補償が無料でついてくるなど、ユーザーにも取引先にもうれしいサービスです。

「フリーナンスあんしん補償」の支払限度額

業務遂行中の補償仕事の結果(PL責任)
の補償
受託財物の補償
業務過誤の補償
1事故あたりの保証限度額5,000万円5,000万円500万円
期間中の限度額なし5億円5億円
自己負担額なし

会社員の場合、うっかりミスを犯しても会社がサポートしてくれることがありますが、個人事業主には守ってくれる会社はありません。万が一、防ぎきれない事故が起きたとしても、フリーナンスに入っていれば安心です。

フリーナンスはこんな人におすすめ

フリーナンスのウェブサイト

フリーランスとして働く人が本業に専念できるように、入金に関する悩みを最小化し、もしもの時の備えを用意できるのが本サービス。 「フリーナンス即日払い」で入金を要請しなければ、無料で利用できます。なので、「とりあえず入っとく」というのは悪くない選択肢です。

FREENANCEが解消する個人事業主のニーズ

  • 報酬の受け取り先をまとめるための銀行口座がほしい
  • 個人名ではなく、屋号やお店の名前を口座名義にしたい
  • キャッシュフローで困った時のために、即日入金の請求書買い取りサービスを使いたい
  • なるべく低い手数料で報酬を早く手に入れたい
  • 取引先に知られずに支払期日よりも前に報酬がほしい
  • もしもの時のために、無料で損害賠償保険に入りたい

登録には審査を通過する必要がありますが、フリーランスのお金にまつわるニーズを満たしてくれる便利なサービスと言えます。

>> FREENANCE(フリーナンス)