e-Taxで電子申告をするまでの準備の流れ

e-Tax利用開始までの流れ

e-Taxを利用するためのステップ

一般的な個人事業の確定申告であれば「国税庁 - 確定申告書等作成コーナー」のサイト上で確定申告書類を作成し、そのまま電子申告することができます。
このページでは、この確定申告所等作成コーナーを使って電子申告するための準備を説明しています。

利用環境の確認 - 対応OSとブラウザのバージョン確認

WindowsMac
Windowsでのe-Tax利用環境Macでのe-Tax利用環境

国税庁ウェブサイト - e-Taxをご利用になる前の事前準備

上記が、国税庁で動作を確認された推奨環境です。
まずはe-Taxを利用するパソコンのOSとブラウザのバージョンを確認しておきましょう。

パソコン環境によってはe-Taxのシステムに対応しません。
e-Taxは古すぎるOS、最新OSに対応していないので注意が必要です。(ブラウザも同様)
特に、最新環境に対応していないというのは注意です。

例えば、2019年(平成31年)時点の利用環境で、Windows7~Windows10(IE11)、
Mac10.10~10.12(Safari10.1)が推奨されています。

電子証明書の取得 - マイナンバーカードを作成する

2019年1月以降、パソコンで本人認証をする方法は2通り用意されています。ひとつは、これまで通りマイナンバーカードとICカードリーダーを利用する方法。もうひとつは、事前に税務署へ行って本人確認をし、IDとパスワードを発行してもらう方法です。
>> 電子申告における本人認証の方法について

後者のIDとパスワードを発行してもらう方法は、あくまでマイナンバーカードが普及するまでの経過的な措置という位置づけです。これから3年をめどに見直しがされる予定です。

マイナンバーカードは写真付き

マイナンバーカードを利用する方法の場合、役所へ行ってマイナンバーカードを発行しておく必要があります。このマイナンバーカードに、公的個人認証のための電子証明書が内蔵されています。初回発行の手数料は無料です。

ちなみに、2016年(平成28年)1月からのマイナンバーカードの交付開始にともなって、住基カードの新規発行・更新は終了しました。住基カードを利用して公的個人認証をすることはできません。

ICカードリーダーの購入 - 電子証明書を読み込むための機器

マイナンバーカードICカードリーダー

マイナンバーカードをパソコンへ読みませるためには、ICカードリーダー(ICカードリーダライタ)が必要です。自宅のパソコンで電子申告するためにはこれを自費購入します。 ICカードリーダライタには、接触型と非接触型の2種類があり、どちらでも電子申告に利用できます。

接触型は、カードリーダーにカードを挿しこんで認識するタイプです。 一方、非接触型は、カードリーダーにカードを当てていれば認識するタイプです。 (駅やレジでピッとかざせば認識するようなタイプ。Suicaや電子マネーのカードを認識する機器のイメージ。) 認識方法が違うだけで、どちらでも利用可能です。

安いもので2,000円~3,000円前後のものが市販されています。
カードリーダーのドライバをパソコンにインストールして利用します。
>> e-Tax対応 ICカードリーダー - Amazon.co.jp

2019年1月以降「開始届出書」の提出について

以前は「電子申告・納税等開始届出書」をオンラインか税務署で提出し、e-Taxの利用登録を事前にする必要がありました。しかし、2019年1月以降、公的個人認証においてマイナンバーカード方式を選択する場合に、このプロセスは不要になりました。

マイナンバーカード方式ID・パスワード方式
  1. マイナンバーカードの取得
  2. ICカードリーダーの取得
  3. e-Taxによる電子申告
  1. 税務署で開始届出書の提出と本人確認
  2. ID・パスワードの受領
  3. e-Taxによる電子申告

>> 電子申告における本人認証の方法について

「確定申告書等作成コーナー」利用前のパソコン設定

「確定申告書等作成コーナー」を利用するために必要なソフトをダウンロードし、
パソコンの設定をかえておく必要があります。WindowsとMacで設定方法が異なります。

Windowsの場合

国税庁の下記ページから、Windows用の事前準備セットアップツールをダウンロードして実行すれば、 確定申告書等作成コーナーの利用に必要なインストール・設定をまとめて行うことができます。 「Step. 4 事前準備セットアップ - Windowsをご利用の方はこちら」を参照。
ソフトウェアのインストール・設定 - 作成コーナー事前準備 - 国税庁ウェブサイト

Macの場合

下記ページの「Step. 4 事前準備セットアップ - Macintoshをご利用の方」のタブを開き、 【「KeyImport」フォルダを作成】をクリックしてダウンロード・インストールします。
ソフトウェアのインストール・設定 - 作成コーナー事前準備 - 国税庁ウェブサイト

下記ページから公的個人認証をするためのソフトをダウンロード・インストールします。 これにより電子証明書付きのカード(マイナンバーカード or 住基カード)で公的個人認証ができるようになります。
公的個人認証サービス ポータルサイト - 利用者クライアントソフトのダウンロード

これでe-Taxを利用するまでの準備は完了です。実際に国税庁 - 確定申告書等作成コーナーの作成開始ボタンから電子申告をしましょう。

>> e-Taxで所得税の確定申告データを送信できる期間について
>> e-Taxに関する情報まとめ
>> 2020年の確定申告期間と確定申告の方法について