マネーフォワード2019 新料金プランまとめ【個人事業主向け】

マネーフォワード2019 新料金プランまとめ【個人事業主向け】
>> 法人向けの新プランはこちら

2019年5月8日から「マネーフォワード クラウドシリーズ」のプラン体系が変更になりました。
>> マネーフォワード(公式)

新プランでは5つのサービスがセットになる

2019年(令和1年)5月8日からの新プランでは、個人事業主向け会計ソフトの「マネーフォワード クラウド確定申告」をはじめとした以下5つのサービスが、セットで提供される形になりました。

これまで、個人事業主向けの会計ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」を単体利用していた人にとっては、実質的な値上げとなります。一方で、個別に複数のサービスに契約していた人や、「バリューパック」に契約していた人にとってはお得になります。

マネーフォワードの旧プランと新プラン

新プランは、このように5サービス分の料金をまとめて払う形になります。旧プランのようにサービスを個別契約することはできません。例えば、会計ソフトの「クラウド確定申告」だけを単体料金で個別利用するということは、できなくなったわけです。

旧プランと新プランの料金・機能を比較

個人事業向け会計ソフト「クラウド確定申告」の単体プランと、5つがセットになった新プランの料金と機能を比較してみましょう。

旧プランの比較表(クラウド確定申告)

ベーシックプランあんしん電話サポート付き ベーシックプラン
月額払い
年額払い
800円
8,800円
月額なし
17,200円
サポートメール・チャット電話・メール・チャット

新プランの比較表

パーソナルライトパーソナルパーソナルプラス
月額払い
年額払い
1,280円
11,760円
2,480円
23,760円
月額なし
35,760円
クラウド
確定申告
ベーシックプラン相当あんしん電話
サポート付き
ベーシックプラン相当
クラウド
請求書
ベーシックプラン
相当
プロプラン相当
クラウド給与全機能(5名分まで無料)
クラウド経費全機能(5名分まで無料)
クラウド
マイナンバー
全機能(5名分まで無料)

(表示は税抜き料金)

新プランである「パーソナルライト」「パーソナル」「パーソナルプラス」、これらの主な違いは2点で「クラウド請求書機能の充実度」と「電話サポートの有無」です。

パーソナルライト

「パーソナルライト」は、「クラウド確定申告」のベーシックプラン相当の機能に加えて、「クラウド請求書」のベーシックプラン相当の機能が付きます。会計ソフトの機能(帳簿づけと確定申告書類作成)がメインの人には、パーソナルライトがおすすめです。

パーソナル

「パーソナル」は、「クラウド確定申告」のベーシックプラン相当の機能に加えて、「クラウド請求書」のプロプラン相当の機能が付きます。今まで「クラウド請求書」に個別契約していた人や、これから請求書の機能を頻繁に使う人は、このプランです。

パーソナルプラス

こちらが個人事業主向けの最上位プランです。「クラウド確定申告」の電話サポート付きプラン相当の機能のほか、「クラウド請求書」のプロプラン相当の機能が付きます。

「クラウド請求書」ベーシックプランとプロプランの主な違い

ベーシックプランプロプラン
  • 利用できるメンバー3名まで
  • 請求書の郵送サービス1通180円
  • 利用できるメンバー無制限
  • 請求書の郵送サービス1通170円
  • 回収消込機能など

>> マネーフォワード クラウド請求書の詳細

旧バリューパックと新プランの違い

もともと5つのサービスをセットで使えるお得なセットプランがありました。それが「バリューパック」です。この「バリューパック」と新プランを比べてみましょう。

バリューパックと新プランの違い

バリューパックと新プランは、5サービスをセットで利用できる点では同じですが、以下の2点で異なります。

バリューパック(旧プラン)新プラン
「クラウド請求書」の機能「ベーシックプラン」相当「ベーシックプラン」相当
or
「プロプラン」相当
(自分に合った方を選べる)
料金プラン月額プランのみ月額・年額ともに用意あり

新プランはバリューパックのいわば改良版なので、2019年5月8日からバリューパックも廃止となりました。

新プランへの移行日は2019年5月8日または6月5日

新規契約の場合、2019年5月8日からは新プランのみの申込み受付となっています。もともとのユーザーの新プラン移行日は、契約内容によって異なります。

バリューパック契約中の場合2019年5月8日
サービスに個別で契約している場合2019年6月5日

自ら変更手続きをしなければ、上記の日程で「マネーフォワード クラウド パーソナルライト」の月額プラン(1,280円/月)へ自動的に切り替わります。自動セットされるプランが希望と異なる場合には、自身でプラン変更の手続きをする必要があります。

例外として旧プランのまま使える人も

新プランへの移行が対象外の場合があります。以下の条件に当てはまる人は、移行日になっても新プランに自動移行されません。

  • フリープランを利用している
  • プロダクトキーやクーポンで利用している
  • 「クラウド経費」をApp内で課金利用している

フリープランを利用している

現在「マネーフォワード クラウドシリーズ」のサービスをフリープランで利用している場合、新プランへの移行はありません。引き続きフリープランを利用できます。

プロダクトキーやクーポンで利用している

サービスをプロダクトキーやクーポンで利用中の人は、その利用期限日まで新プランに移行されることなく利用できます。

「クラウド経費」をApp内で課金利用している

「クラウド経費」のパーソナルプランを、iPhoneのApp内課金で利用中の場合も、新プランに移行されることなく利用できます。

マネーフォワード新プランについてのまとめ

新プラン移行日

  • 新規契約の場合 or バリューパック契約中の場合:2019年5月8日
  • マネーフォワードのサービスを個別に契約して利用している場合:2019年6月5日

新プランの料金・機能まとめ

パーソナルライトパーソナルパーソナルプラス
月額払い
年額払い
1,280円
11,760円
2,480円
23,760円
月額なし
35,760円
クラウド
確定申告
ベーシックプラン相当あんしん電話
サポート付き
ベーシックプラン相当
クラウド
請求書
ベーシックプラン
相当
プロプラン相当
クラウド給与全機能(5名分まで無料)
クラウド経費全機能(5名分まで無料)
クラウド
マイナンバー
全機能(5名分まで無料)

(表示は税抜き料金)

新プランになると、今まで複数のサービスを利用していた人や、バリューパックを利用していた人にとってはお得になります。一方で「クラウド確定申告」を単体利用してきた人にとっては、他の機能が付いてくるかわりにコストが上がります。

新プラン移行後もマネーフォワードを利用する予定の人は、せっかくなので確定申告以外のサービスも有効活用して、新プランをうまく使いこなしていきましょう。

>> マネーフォワード(公式)