経費の帳簿付けに使える会計ソフト10選 - フリーランス向け

更新日 2022年10月04日

フリーランスの経費処理におすすめの会計ソフト

こんなフリーランスにおすすめのソフト・アプリを紹介!

  • ちょっとした経費の管理がめんどくさい
  • 未処理のレシートが溜まって困っている
  • ITツールを活用してラクに経費処理したい

フリーランスの経費処理に使える会計ソフト10選

フリーランス・個人事業主は、会計ソフトを使って経費処理をすることで「帳簿付け~確定申告」の手間を大幅に減らせます。とくに、自動化などの便利機能が豊富な「弥生・freee(フリー)・マネーフォワード」の3社が人気です。

フリーランスの経費処理に使える会計ソフト【比較一覧表】

年額料金
(税込)
自動で帳簿付け 申告書類の
自動作成
電子申告
口座連携 レシート撮影
やよいの白色申告 オンライン
やよいの白色申告
オンライン

無料〜 白色のみ
やよいの青色申告 オンライン
やよいの青色申告
オンライン

9,680円~
初年度無料
freee会計
freee会計

12,936円~
マネーフォワードクラウド確定申告
マネーフォワード
クラウド確定申告

10,560円~
HANJO会計
HANJO 会計

12,936円 青色のみ e-taxソフトが
必要
円簿青色申告
円簿青色申告

無料 青色のみ
ジョブルポ
ジョブルポ

12,936円 CSV
取込
e-taxソフトが
必要
ツカエル青色申告オンライン
ツカエル青色申告
オンライン

13,200円 青色のみ
CalQ Share
CalQ Share
(カルクシェア)

13,200円 青色のみ
Taxnote
Taxnote

無料〜
年額料金 口座連携 レシート撮影 確定申告書類 電子申告

やよいの白色申告 オンライン」は、永年無料でありながら、他社の有料ソフトと同等以上の機能を備えています。現状では、フリーランス・個人事業主が白色申告をするならこれ一択でしょう。

青色申告をねらうフリーランスには「やよいの青色申告 オンライン」「freee会計」「マネーフォワード クラウド確定申告」がおすすめです。人によって好みが分かれますが、3社とも無料お試しができるので、とりあえず一通り使ってみましょう。

ポイント① 口座連携による帳簿付け

「口座連携」に対応した会計ソフトなら、銀行口座やクレジットカードを登録するだけで、定期的に明細を自動取得できます。取得したデータは帳簿に反映されるので、ほとんど手間をかけずに経費処理ができます。

会計ソフトで経費処理を自動化できる

会計ソフトの自動仕訳 - 銀行口座やクレジットカード明細から取引データを自動取込

初期設定さえしておけば、あとは定期的に取得データを確認するだけでOKです。勘定科目などもソフトが推測してくれます。一般的なフリーランスなら、月に1回くらいのペースで確認すれば問題ないでしょう。

弥生freeeマネーフォワード」のクラウド会計ソフトは、3社ともこの「口座連携」に対応しています。買い物をキャッシュレスで行い、3社のいずれかを利用すれば、経費処理をほぼ自動化できます。

口座連携による帳簿付け - freeeの例

口座連携・クレカ連携による帳簿付けの例 - freee会計(自動で経理)

freee会計」の自動取込画面

このように、自動取得したデータが一覧で表示されるので、問題なければ「登録」を押して帳簿に反映させましょう。もし勘定科目の推測が間違っていても、この画面ですぐに修正できます。弥生・freee・マネーフォワードの3社とも、同様の操作が可能です。

ポイント② レシート撮影による帳簿付け

現金で支払った経費も、専用のスマホアプリでレシートを撮影すれば、手入力せずにサクッと処理できます。アプリが日付や金額などを写真から読み取り、テキストデータに変換後、帳簿に反映してくれます(OCR機能)。

レシートを撮影してテキスト化できる

会計ソフトのOCR機能 - レシート画像をテキスト変換して自動的に記帳

未処理のレシートがたくさん溜まっていても、この機能を使えば時間をかけずに経費処理ができます。ユーザーはひたすらレシートの写真を撮って、読み取り結果を確認していくだけで構いません。

弥生freeeマネーフォワード」は、3社とも専用のスマホアプリを提供しており、いずれもこの「レシート撮影」に対応しています。もちろん、手入力で記帳することもできるので、件数が少ないときなどは自分でパパっと入力してもOKです。

レシート撮影による帳簿付け - freeeの例

レシート撮影・OCR機能による帳簿付けの例 - freee会計(ファイルボックス)

freee会計」のレシート取込画面

専用のスマホアプリで撮影したレシートは、このようにクラウド保存されます。必要に応じてテキストデータを修正し、帳簿に反映させましょう。弥生・freee・マネーフォワードの3社とも、同様の操作が可能です。

ポイント③ 確定申告の機能

「電子申告(e-Tax)」に対応したクラウド会計ソフトを使えば、確定申告書類の作成・提出をオンラインで簡単に行えます。帳簿データに基づいて、確定申告書類の大部分を自動作成してくれるので、書類作成に不慣れでも大丈夫です。

会計ソフトで簡単に電子申告できる

会計ソフトで帳簿付けから確定申告まで自動化

弥生freeeマネーフォワード」の会計ソフトには、それぞれ専用の電子申告ツールが用意されています。会計ソフトの案内にしたがって操作するだけで、簡単に確定申告書のデータを送信できます。

「電子保存」にも対応! - 紙で保存しなくてもOK

税務関係の帳簿や書類は、確定申告後も所定の方法で保存しなくてはいけません。弥生freeeマネーフォワード」の3社は、いずれも「電子帳簿保存法」に対応しているので、経費のレシートなどもすべて電子データとして保存できます。

たとえば、専用のスマホアプリでレシートを撮影すれば、紙のレシートは捨てて構いません。また、ネットショッピングの明細をPDFでダウンロードした場合も、専用のクラウドストレージにそのままアップロードできます。

フリーランスにおすすめの会計ソフト

「弥生・freee・マネーフォワード」の3社であれば、どのクラウド会計ソフトでも簡単にフリーランスの経費処理~確定申告ができます。3社とも無料でお試しできるので、とりあえず実際に使ってみて、一番しっくり来たものを採用しましょう。

白色申告をするなら、永年無料で使える「やよいの白色申告 オンライン」がおすすめです。有料ソフトと同等以上の機能を制限なく利用できるので、無理に他の有料ソフトに手を出す必要はないでしょう。
>>やよいの白色申告 オンライン(公式サイト)

クラウド会計ソフト3社の料金・特徴 - 青色申告向け

やよいの青色申告
オンライン
freee会計 マネーフォワード
クラウド確定申告
料金
(税込)
セルフプラン
9,680円/年
初年度無料

ベーシックプラン
15,180円/年
初年度7,590円

トータルプラン
26,400円/年
初年度13,200円
スターター
12,936円/年
1,298円/月

スタンダード
26,136円/年
2,618円/月

プレミアム
43,780円/年
パーソナルミニ
10,560円/年
1,078円/月

パーソナル
12,936円/年
1,408円/月

パーソナルプラス
39,336円/年
特長 ・初年度は無料~半額
・最安プランでも機能制限なし
・機能が豊富
・自動化の設定がしやすい
・コスパがよい
・外部連携が充実している
freee会計では、2022年12月から全プランの「月額料金」が300円ほど値上げされる(年額契約の場合は影響なし)。
>> freeeの価格改定について詳しく【2022年10月〜】- 自営百科

やよいの青色申告 オンライン

弥生はどのプランでも機能面に差はなく、サポート内容のみ異なります。「トータルプラン」であれば、帳簿付けや確定申告についてわからないことを色々質問できます。初年度は半額で使えるので、まずはサポートの充実した上位プランから始めて、使い方に慣れてからプラン変更するのがおすすめです。
>> やよいの青色申告 オンライン

freee会計

freeeの場合は「スターター」から始めるのがおすすめです。多少の機能制限はありますが、フリーランスがちょっと1人で使うだけなら充分です。もし上位プランの機能が必要になったら、そのタイミングで切り替えればOKです。
>> freee会計

マネーフォワード クラウド確定申告

マネーフォワードなら、複数のバックオフィスソフトをセットで利用できます。「クラウド確定申告・クラウド請求書・クラウド契約」など、様々なサービスを追加料金なしで利用できるため、かなりコストパフォーマンスがよいです。
>> マネーフォワード クラウド確定申告