確定申告を簡単にする会計ソフト3選!

更新日 2020年11月05日

確定申告を簡単にするクラウド会計ソフト

個人事業主が確定申告を簡単にするための会計ソフトでおすすめは、 マネーフォワードfreee弥生の3つです。

これらはいずれも新しいタイプの「クラウド型会計ソフト」で、 個人事業での帳簿づけから確定申告書類の作成まで対応しています。 従来のソフトに比べるとさらに初心者ユーザーに優しい設計で、 より簡単に、より分かりやすく帳簿づけができます。

クラウド型ソフトは、パソコンにインストールする必要はなく、ネットを通して利用します。 また、Windows・Macどちらでも利用できるなどの特徴があります。 以下にインストール型とクラウド型ソフトの違いをおさらいしています。

インストール型ソフトとクラウド型ソフトの違いをおさらい

インストール型は、CD-ROMなどからパソコンにインストールして使うタイプのものです。 一方、クラウド型はパソコンにインストールせず、ネットからログインして使うタイプです。Gmailなどのサービスと同じ仕組みです。

アメリカではクラウド型の会計ソフトがすでに主流となっていますが、 日本では今まさに利用者が増加している最中で、他の様々なITサービスと同じく、会計ソフトもクラウド型が今後の主流になります。

クラウド型はインストール型の後に開発が進んだ後発タイプなので、 インストール型の欠点をカバーし、さらに便利な機能が盛り込まれています。

クラウド型会計ソフトインストール型会計ソフト
インストール不要必要
OSWindows・Mac両方に対応ソフトにより対応OSが異なる
(Windows・Macどちらか)
デバイスパソコン、スマホ、タブレット
端末などから利用可能
パソコンのみ利用可能
支払い月額制 or 年額制パッケージ購入 or
ダウンロード購入
バージョンアップ無料有料(年に1回必要)
インターフェース
(構成・操作感など)
シンプル複雑
グラフレポートありなし
預金取引自動取得可手動

>> インストール型ソフトとクラウド型ソフトの違い

会計初心者にとってクラウド型の特徴として大きいのは、帳簿づけが簡単にできるということです。 会計ソフトはどれも似たような構成というわけではありません。 特にインストール型とクラウド型では、基本設計が大きく異なります。

インストール型は、独立した補助簿(現金出納帳や売掛帳や仕入帳等)や各種伝票に入力させて、 帳簿づけを完成させていくソフトが多いです。 一方、クラウド型では「取引入力画面」という大きな窓口に入力させます。 とりあえず取引入力画面!という明快な構成なので、会計初心者がどこに取引を入力すればよいか分からないという事がありません。

以下に、実際の取引入力画面を掲載していますが、入力画面はシンプルで簡単に理解できるはずです。 年間コストはインストール型もクラウド型もほとんど変わらないので、 これから会計ソフトを導入する方には、断然クラウド型ソフトがおすすめです。

クラウド会計3社の取引入力画面を比較する

マネーフォワード・freee・弥生、それぞれの取引入力画面です。 この取引入力画面に、売上や経費をコツコツと入力していくのが、主な帳簿づけ作業になります。

マネーフォワード
クラウド確定申告
freeeやよいの白色申告
オンライン
マネーフォワード クラウド確定申告の取引入力 freeeの取引入力 やよいの白色申告 オンライン かんたん取引入力の画面

1月1日~12月31日までの1年分を入力したら、確定申告書類を作成します。 帳簿づけした内容が自動で確定申告書類に反映されるので、書類の作成もスムーズになります。

特におすすめなのは「やよいの白色申告 オンライン」です。メニューの構成が非常にシンプルで、初心者に優しいつくりになっています。チャットや電話によるメーカーサポートのつかない「セルフプラン」なら、ずっと無料で使える会計ソフトです。

やよいの白色申告 オンライン 確定申告書作成の画面

ソフト内の確定申告メニューにしたがってすすめば、初心者でも一人で確定申告書類の作成ができます。

>> マネーフォワード クラウド - 公式サイト
>> freee - 公式サイト
>> やよいの白色申告 オンライン - 公式サイト
>> 人気のクラウド3社をさらに徹底比較 - マネーフォワード クラウド・弥生・freee