支払調書はいつ送られてくる? 送付時期・提出義務

支払調書の送付時期

支払調書が送付される時期について

報酬の支払側では、源泉徴収した税金は翌月の10日までに税務署に納付します。そして、支払調書は1年分をまとめて翌年の1月31日までに、税務署に提出することになっています。

報酬を受け取った側の個人事業主には、1月中旬〜下旬に報酬の支払側から支払調書が送られてくるのが一般的ですが、発送が遅い取引先の場合には2月初旬頃に送付されることもあります。

ちなみに、規定された報酬を支払った場合、支払側は支払調書を税務署へ提出する必要はありますが、 報酬を受け取った側の個人事業主へ支払調書を送付する義務はありません。

報酬の支払側が、確定申告時期(2月中旬〜)に入っても支払調書を送ってくれない場合は、送ってもらうようお願いしてみるのも一手です。しかし、それでも送ってもらえない場合は、こちらで記録しておいた金額に基づいて確定申告をすることになります。

支払調書を確認して帳簿づけ

マイナンバー記載欄のある新しい支払調書

支払調書を見れば、実際にそのときに支払われた報酬の金額と、
あらかじめ源泉徴収された所得税の金額が確認できます。

前年の1年間でコツコツと取引の帳簿づけをしてこなかった個人事業主は、
この支払調書を見ながら会計ソフトに帳簿付けをしていきましょう。

ちなみに2016年(平成28年)1月以降は、取引においてマイナンバーのやりとりが始まります。
支払側の事業者が支払調書を作ってくれる場合には、個人事業主のマイナンバー(個人番号)を伝えることになります。 そうすれば2017年(平成29年)の1月頃に届く支払調書には、事業主の12ケタのマイナンバーが載っていることになります。
>> 個人事業主のマイナンバーに関する情報まとめ

支払調書を確定申告書Bの添付書類台紙に貼り付ける

前年1年分の帳簿付けが終わったら、確定申告書類を作成します。
まずは白色申告と青色申告で提出する必要書類をざっくりとおさらいしておきましょう。
白色申告と青色申告の違いはこちら

白色申告で提出する書類青色申告で提出する書類
必要に応じて、その他の書類を提出する場合があります。

どちらにも共通の確定申告書Bに「添付書類台紙」という、添付書類を貼り付けるための部分があります。 税務署へ行って確定申告書類を提出する方は、この添付書類台紙の源泉徴収票と書いてあるところに支払調書を貼り付けて提出しましょう。(貼り付け・提出は義務ではありません。)

>> 報酬が源泉徴収された場合の帳簿付けや計算方法について
>> 個人事業主が確定申告で提出する必要書類について