2016年(平成28年)の確定申告期間と提出方法

2016年の確定申告期間

2016年(平成28年)の確定申告期間について

2016年の確定申告期間は、2016年2月16日(火)〜3月15日(火)でした。
この期間内に確定申告書類を管轄の税務署へ提出することになっています。
(次回、2017年の確定申告期間は、2017年2月16日(木)〜3月15日(水)です。)

個人事業の事業年度は1月1日〜12月31日と定められているので、 2015年1月1日〜12月31日の間の売上や経費を計算し、それをまとめたものを確定申告書類に記入します。
年度の途中で新規開業した方は、開業日から年末までの会計結果を記入しましょう。

税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日までの8時30分〜17時ですが、
確定申告期間内に限り、一部の日曜日に開庁して相談・申告書受付を行う税務署もあります。
ただし、確定申告期間中は税務署が大変混雑しますので、
税務署へ質問・お問い合わせがある方は、確定申告期間の前に訪問することをおすすめします。

確定申告 - 3種類の提出方法について

一般的に、毎年継続的に確定申告をしている個人事業主については、
管轄の税務署から12月〜1月下旬頃に確定申告書類が郵送されます。
(地域によって送付時期が異なります。)

今回の確定申告が初めての方、あるいは、開業届を出すのを忘れていた!という方は、税務署へ開業届を出しに行き確定申告書類を受け取りましょう。>> 開業届けの出し方について
確定申告書類の提出方法は、以下3通りの方法があります。

  1. 管轄の税務署へ直接行って、確定申告書類を提出する
  2. 管轄の税務署へ確定申告書類を郵送する
  3. e-Tax(イータックス)を使って電子申告する

1. 管轄の税務署へ直接行って、確定申告書類を提出する

これが最もシンプルで、確定申告初心者の方におすすめの方法です。
確定申告書類を管轄の税務署へ持っていって税務署員の方へ手渡します。

自宅で確定申告書類に全て記入してから持ち込むこともできますし、分からない部分があれば、税務署で職員の方のアドバイスを聞きながら記入することもできます。
ただし、確定申告期間中には税務署が大変込み合いますので注意しましょう。

2. 管轄の税務署へ確定申告書類を郵送する

税務署をたずねる時間がない、居住地や職場から税務署が遠いという方は、
完成させた確定申告書類を税務署へ郵送することもできます。

3. e-Tax(イータックス)を使って電子申告する

e-Taxとは、電子申告をするためのウェブサービスのことを指します。
これにより、自宅にいながらインターネット上で確定申告を行うことができます。
電子申告をすれば、確定申告書類を税務署へ提出する必要はありません。

ただし、e-Taxはパソコンに詳しい方でも一筋縄ではいかないので、
確定申告初心者の方におすすめできる方法ではありません。

今回の確定申告とマイナンバーについて

結論から言うと、今回提出する確定申告書類にマイナンバーは関係しません。
マイナンバー制度が始まったのは2016年(平成28年)1月からですが、2016年2月16日〜3月15日の期間に提出する確定申告書類は2015年度分のものなので、この確定申告書類にマイナンバーの記載欄はありませんでした。

確定申告書類にマイナンバーを記載することになるのは、2017年(平成29年)2月16日〜3月15日の期間に提出する確定申告書類からです。
個人事業主は、事業主個人に与えられた12ケタのマイナンバーを記載することになります。
ちなみに確定申告書Bにマイナンバーの記載欄があり、青色申告決算書や収支内訳書などの書類にはマイナンバーの記載欄はありません。

>> いつから何が始まる?マイナンバーについて時系列でまとめました

確定申告にあたって、具体的に何をするのか

では、個人事業主が確定申告をするにあたって具体的に何をするのでしょうか?
大雑把に説明すると、前年1月1日〜12月31日までの期間の売上や経費を帳簿につけていき、
この帳簿の内容をもとにして確定申告書類を作成するという流れになります。

個人事業では、定められた帳簿に1年分の取引をまとめる必要があります。
今後も個人事業を続けていくのであれば、個人事業用の会計ソフトを利用しましょう。
ソフトを利用することで帳簿づけが簡単になり、確定申告書類の作成も容易になります。
>> 個人事業用の会計ソフト

会計ソフトで帳簿づけを行う場合、取引入力の画面に売上や経費・仕入れについて入力していけば、 必要な帳簿は自動で作成されていきます。
入力さえ正確に行っていけば、提出するための確定申告書類も大部分が自動作成されます。

ソフト内で完成した確定申告書類は、そのままプリンターで印刷して提出用の書類として利用できます。 プリンターが無い方は、会計ソフトで表示した確定申告書の画面を実際の確定申告書類に書き写すのも良いでしょう。 確定申告書類は全部で数ページしかないので、初めての方でも数時間あれば書き写しが完了するはずです。

前回の場合、完成した確定申告書類は2016年2月16日(火)〜3月15日(火)の確定申告期間内に税務署へ提出します。期限に遅れると「期限後申告」として扱われ、納める税金のほかに延滞税や無申告加算税などが課される場合があるので注意しましょう。

>> 確定申告で提出する必要書類について
>> 個人事業主の税金納付時期について