白色申告(しろいろしんこく)とは

白色申告

白色申告とは?

「白色申告でお願いします」と、役所へ申請をする必要はありません。
開業してから何もしなければ、自動的に白色申告になります。

年間の売上 − 必要経費 = 事業所得
この事業所得に応じて税金を払う、シンプルなスタイルです。
白色申告の個人事業主は、
確定申告の際に「収支内訳書(2ページ)」と「申告書B(2ページ)」を提出する必要があります。

白色申告のメリット・デメリット - 青色申告との比較

白色申告のメリット白色申告のデメリット
◯ 事前申請の必要なし
◯ 複式簿記をつけなくて良い
(簡易簿記でOK)
◯ 青色申告に適用される特典なし
(以下が、その主な内容↓)
  • 青色申告に適用される特別控除がない
    (10万円 or 65万円の控除がない)
  • 赤字の繰越ができない
  • 専従者への給与が経費にできない
    (専従者への給与は経費にできないが、
    一定額まで控除できる)

青色申告するには、定められた期限内に税務署へ申請書を提出しておく必要がありますが、
白色申告は事前申請をする必要がありません。

白色申告は、青色申告ほど面倒な帳簿作成をする必要がない代わりに、
青色申告することによって受けることができる特別控除などの特典を受けることができません。 (デメリットとして、青色申告ほど節税できないということが大きいです。

白色申告の場合、専従者への給与を経費にすることはできません。
(専従者とは、家族従業員のことです。)
ただ、確定申告の際に一定額まで控除してもらうことができます。
>> 白色申告の専従者控除 - 計算例や条件など

白色申告の記帳義務

これまで、事業所得が300万円以下の個人事業主は、法律上の記帳義務がありませんでした。
しかし、平成26年(2014年)1月から記帳・帳簿の保存制度の対象者が拡大されました。
これにより、個人事業を行っている全ての人は、 記帳と帳簿書類の保存が必要になりました。
>> 白色申告の記帳義務化について

では、一体どういう人が白色申告を選ぶ傾向にあるか、簡単に言うと

○ 青色申告ほど細かな帳簿をつけるのが面倒な人
○ そこまで収入が多くない人(下の割合を見てみて下さい。)

主にこのような人たちが白色申告を選びます。
また、青色申告の申請期限に間に合わなかった人も白色申告となります。
(詳しくは青色申告のページを見てください。)

少し古いデータですが、
会計ソフトの弥生株式会社が実施した平成21年分の申告方法アンケートでは、
年収別の青色申告者と白色申告者の割合がこのような感じになっていました↓
収入が多い人ほど、節税の効果が大きくなるので青色申告を選択するということです。
ご参考までに。

年収青色申告者白色申告者
1000万円超77%20%
500 ~ 1000万円67%27%
300 ~ 500万円56%32%
300万円以下49%33%

(NTTナビスペースの登録モニターを母集団とする、個人事業者1000名を対象としたオンライン調査
「不明・覚えていない」などの回答もあったため青色申告者と白色申告者の割合を足しても100%になっていません)

白色申告をするためには、
簡単な帳簿付けと領収証などの書類を一定期間保存しておく必要があります。
次項で、白色申告するまでの簡単な流れを説明しています。

>> 白色申告するまでにやること 簡単な帳簿づけ・領収証等の保存