専従者になると配偶者控除や扶養控除が受けられなくなる

専従者になると受けられなくなる配偶者控除や扶養控除

白色専従者控除、あるいは青色専従者給与をうけると、
扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除は受けられなくなります。

控除対象の親族である条件のひとつに「専従者ではないこと」という要件があるからです。
(正確には「青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと」)

青色申告専従者の場合は、届け出を出していても、
その年に給与の支払いが1円もなければ控除対象の条件に当てはまります。

扶養控除とは、事業主に「控除対象の扶養親族」がいる場合に受けられる控除です。
配偶者控除とは、事業主に「控除対象の配偶者」がいる場合に受けられる控除です。

控除の種類控除の内容
白色の専従者控除配偶者であれば最高86万円控除
配偶者でなければ専従者一人につき最高50万円控除
青色の専従者給与専従者への給与を経費にできる
扶養控除基本的には38万円控除(扶養親族の年齢による)
配偶者控除基本的には38万円控除

扶養控除・配偶者控除をうける条件

扶養控除・配偶者控除を受けるための控除対象の親族は、
それぞれ以下の全ての条件を満たしている必要があります。

扶養控除を受ける条件
(基本は38万円控除)
配偶者控除を受ける条件
(基本は38万円控除)
  • 配偶者以外の親族
  • 納税者と生計を一緒にしている
  • 年間合計所得が38万円以下
    (給与収入のみの場合は103万円以下)
  • 青色申告専従者もしくは白色専従者ではない
  • その年の12月31日時点で16歳以上
  • 配偶者(夫または妻)
  • 納税者と生計を一緒にしている
  • 年間合計所得が38万円以下
    (給与収入のみの場合は103万円以下)
  • 青色申告専従者もしくは白色専従者ではない

扶養控除と配偶者控除の詳細については、それぞれ以下のページを参考にして下さい。
>> 扶養控除 - 扶養親族の年齢と控除額
>> 配偶者控除・配偶者特別控除 - 控除額や要件について

白色申告の場合は、専従者への給与を経費にはできませんが、
確定申告の際に控除することができます。(最大86万円)
青色申告の場合は、届出を出していれば専従者への給与を経費にすることができます。
>> 白色申告の専従者控除 - 計算例や条件など
>> 専従者給与とは?青色事業専従者としての条件など