マイナポータルとは?2020年現在のサービス状況

更新日 2020年11月11日

マイナポータルとは?何ができる?

マイナポータルとは?

マイナンバー制度(2016年1月~)の開始後、約2年の期間を置き、行政主導のウェブサイト「マイナポータル」が2017年11月13日から本格運用を開始しました。

マイナポータルとは?
マイナポータルは、政府が運営するオンラインサービス。利用者は、自分に必要な行政手続きを検索したり、一部の手続きをオンラインで行うことができる。2017年(平成29年)11月から本格運用を開始。別名「情報提供等記録開示システム」

利用者は、パソコンやスマホからインターネットを通じてマイナポータルにアクセスできます。詳しくは後述しますが、特定のサービスを利用するには本人認証が必要で、これに「マイナンバーカード」を用います。

マイナポータルでできること【2020年現在】

以下のようなサービスが、マイナポータルから利用できます。

誰もが利用できるサービス利用者登録をすると利用できるサービス
誰もが利用できるサービス - マイナポータル利用者登録をすると利用できるサービス - マイナポータル
・ぴったりサービス(手続きの検索や申請)
・法人設立ワンストップサービス
・就労証明書作成コーナー
・税や社会保障に関する情報の確認
・行政からのお知らせの確認
・政府運営の他サイトと連携
ログイン不要ログインが必要

「ぴったりサービス」や「法人設立ワンストップサービス」などは、マイナポータルにログインせずに利用することができます。一方、上表の右側に掲載しているサービスは、利用者登録を済ませていないと利用できません。

利用者登録にはマイナンバーカードが必要
マイナポータルの利用者登録をする際、「マイナンバーカード」を用いて本人認証を行う。利用者登録を行わないと、マイナポータルにログインすることができない。

① 誰もが利用できるサービス

以下のサービスは誰もが利用できます。基本的に登録やログインなどは必要ありません。ただ、電子申請をする際などはマイナンバーカードが必要になります。

サービス名称概要
ぴったりサービスさまざまな手続きの検索・書類作成・申請ができるサービス。これによって申請可能な手続きが徐々に増えている。
法人設立ワンストップサービス法人設立に関する手続き(申請書類の作成・提出など)をオンラインで行えるサービス
就労証明書作成コーナー認可保育所などに入所を申し込む際に必要な「就労証明書」を作成できるサービス

このうち、多くの人に関わりがあるのが「ぴったりサービス」です。このサービスを使えば、自分が今必要としている手続きを把握したり、その書類をオンラインで作成したりできます。普段は役所の窓口でたずねて行うようなことが、ネットでできるわけです。

ぴったりサービス - マイナポータル

2021年3月から、希望者はマイナンバーカードを健康保険証の代わりに利用できるようになる予定ですが、この申し込みもマイナポータルから行えます。

健康保険証利用の申込 - マイナポータル

② 利用者登録をすると利用できるサービス

マイナンバーカードを用いて利用者登録を済ませると、以下のようなサービスが利用できるようになります。行政機関からのお知らせや、自分自身の世帯や税、社会保障に関係する情報が確認できます。

利用者登録をすると利用できるサービス - マイナポータル

「お知らせ」

マイナポータルの「お知らせ」を使えば、ネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードによる公金決済が可能です(公金決済サービス)。税金や健康保険料、介護保険料だけでなく、水道料金やガス料金などを支払うこともできます。

外部サイトとの連携(もっとつながる)

「もっとつながる」からは、外部サイトの一部の機能を利用できます。2020年11月現在は、以下のサイトと連携しています。今後も、連携可能な外部サイトが増えていきます。

  • e-Tax(国税庁)
  • ねんきんネット(日本年金機構)
  • 電波利用 電子申請・届出システムLite(総務省)
  • MyPost(日本郵便)
  • e-私書箱(野村総合研究所)

マイナポータルの利用方法

マイナポータルは、ネット環境さえあればパソコンやスマホで利用できます。 ログインして使う場合には、マイナンバーカードによる本人認証が必須です。 また、パソコンでもスマホでも「マイナポータルAP」というアプリのインストールが必要です。

マイナポータルにログインする際に必要なもの

パソコンの場合スマホの場合
動作環境に対応のパソコン
・マイナンバーカード
・アプリ「マイナポータルAP」
・ICカードリーダー
(マイナポータルAP対応スマホで代用可)
・マイナポータルAP対応スマホ
・マイナンバーカード
・アプリ「マイナポータルAP」

スマホからログインする場合、iPhoneなら7以降、AndroidならAQUOSやXperia、Galaxyなどが対応しています。 >> マイナポータルAP対応スマホ - マイナポータル

今後の展望

マイナポータルで行えることは、サービス開始当初と比べると年々拡充されています。今後は以下のようなサービスが追加される予定です。

開始時期(予定)サービス内容
2021年3月~・マイナンバーカードが健康保険証として利用できるように
(この登録にマイナポータルを使う)
2022年~・国立大学での活用促進(デジタル・キャンパスの推進)
・ハローワークカードとしての活用
・電子版ジョブ・カードとしての活用
・建設キャリアアップシステムとの連携
2023年~・海外継続利用開始

このなかでも特に期待されているのは、マイナンバーカードの保険証利用でしょう。2021年3月からは、保険証のかわりにマイナンバーカードで保険適用を受けられるようになります。 これには事前登録が必要で、マイナポータルのトップ画面から手続きが行なえます。

まとめ - マイナポータルでできること

最後に、マイナポータルで現在できることをまとめておきます。マイナポータルはログインしなくても使えますが、マイナンバーカードを使って登録・ログインすれば、社会保険料の納付状況を確認したり、子育て関連の手続きなどをオンラインで行うことができます。

マイナポータルでできる主なこと

  • 子育てや介護などの行政手続きを検索、申請(ぴったりサービス)
  • 法人設立に関する手続き(法人設立ワンストップサービス)
  • 「就労証明書」の作成(就労証明書作成コーナー)
  • 行政機関からのお知らせ確認
  • 自分自身の税金、社会保障などの情報確認
  • ネットバンキングやクレジットカードによる公金決済
  • 外部サイト(e-Taxなど)との連携

自分で確定申告を行う個人事業主にとっては「e-Tax」との連携が気になるのではないでしょうか?とくにマイナポータルとe-Taxを連携せずとも電子申告はできるのですが、連携することで多少便利になるかもしれません。

引用

Q マイナポータルとe-Taxがつながると何ができるのですか。

A 利用者識別番号(e-Tax用のID)と暗証番号を入力することなく、メッセージボックス等を確認できるほか、 所得税・贈与税・個人消費税の申告書や納税証明書、源泉所得税、法定調書などを作成することができます。

よくあるご質問 - マイナポータル

>> マイナンバーカードを作成する流れ
>> e-Taxで電子申告するメリット・デメリット
>> 電子申告のおおまかな流れ