寡婦控除・寡夫控除

寡婦控除・寡夫控除

本ページでは「寡婦控除」と「寡夫控除」について見ていきます。どちらも「カフ」と読みます。 この控除は、女性の場合と男性の場合で要件に差があります。

寡婦控除とは - 納税者が女性の場合

寡婦控除とは、女性の納税者が「寡婦」に当てはまる場合に受けられる控除です。 「寡婦(かふ)」とは、夫と離婚したり死別した女性のことを指します。 (一般的に言われる「未亡人」や「後家」と同じ意味です。)

寡婦控除の金額

一般の寡婦特定の寡婦
27万円35万円

寡婦控除として控除される金額は27万円です。 納税者が「特定の寡婦」に当てはまる場合は35万円控除となります。

寡婦の要件・特定の寡婦の要件

「寡婦」と認められるための要件は、 その年の12月31日時点で、次のいずれかに当てはまっている場合です。

  • 夫と離婚もしくは死別した後に婚姻をしていない人、もしくは夫の生死が明らかでない人で、所得38万円以下の扶養親族がいる場合
  • 夫と死別した後婚姻をしていない人、もしくは夫の生死が明らかでない人で、合計所得が500万円以下の場合

(収入 − 必要経費 = 所得)

扶養親族がアルバイトなどで給与収入だけを得ている場合は、その給与収入が103万円以下の場合となります。

「特定の寡婦」と認められるための要件は、寡婦に当てはまる人で、 なおかつ下記3つの要件も全て満たす場合です。

  • 夫と離婚または死別した後に婚姻をしていない、もしくは夫の生死が明らかでない
  • 扶養親族である子供がいる
  • 合計所得が500万円以下

先述の通り「特定の寡婦」として認められると、控除額が8万円多くなり、寡婦控除として35万円が控除されます。

寡夫控除とは - 納税者が男性の場合

寡夫控除とは、男性の納税者が「寡夫」に当てはまる場合に受けられる控除です。
こちらも寡夫(かふ)と読みます。

控除される金額は、寡婦の場合と同じく27万円です。
寡夫控除には35万円控除がありません。

寡夫の要件

「寡夫」と認められるためには、 その年の12月31日時点で以下3つの要件全てに当てはまる必要があります。

  • 合計所得が500万円以下
  • 妻と離婚もしくは死別した後に婚姻をしていない、もしくは妻の生死が明らかでない
  • 生計を一緒にしている子供がいる
    (この場合の子は所得38万円以下で、他の人の扶養対象になっていないこと)

3つ目の要件について、生計を一緒にしている子供がアルバイトなどで給与収入だけを得ている場合は、 その給与収入が103万円以下の場合ということになります。

>> 雑損控除 - 災害などで被害を受けた場合に受けられる控除
>> 医療費控除 - 病院の費用などが多くなった場合の控除
>> 所得控除の種類一覧へ