POSレジとは?モバイル決済におけるポスレジについて

POSレジとは?

POSレジとは、販売情報を管理し、売上データを分析する機能を備えたレジのことです。最近では、タブレットやスマホをPOSレジとして使う店舗も増えています。同じくタブレットやスマホを用いて運用するモバイル決済とは、何が違うのでしょうか。

POSレジについて - 従来型との違い

POS(ポス)とは「Point Of Sales」の略で、「販売時点の情報管理」という意味です。顧客が購入した商品の値段や個数、商品名などを自動で読み込み、データを管理する機能を持つレジスターのことを「POSレジ」と呼びます。

従来のレジスターでは、代金の精算や記録のみを行っていました。POSレジなら、従来型のもつ機能のほか、どのような顧客が商品をいつ購入したかなどのデータを収集し、分析できます。それをもとに、販売戦略を立てられるのです。

4種類のPOSレジ

POSレジには、さまざまな種類があります。

POSレジの主な種類

ターミナル型パソコン型ハンディターミナル型タブレット・スマホ型
ターミナル型POSレジ
パソコン型POSレジ
ハンディターミナル型POSレジ
タブレット・スマホ型POSレジ
従来のレジにPOSシステムが備わったものパソコンにPOSシステムのソフトをインストールして使うもの。データはサーバで管理持ち運びができる手のひらサイズの端末タブレットやスマホにPOSレジアプリをインストールしたもの。データはクラウドに保存される

はじめに、従来のレジスターのように大きくて重いターミナル型のPOSレジが登場しました。コンビニやドラッグストアにあるPOSレジが、ターミナル型です。のちに、パソコンにPOSレジソフトをインストールして使うパソコン型、手持ちサイズで持ち運べるハンディターミナル型などが誕生しました。

近年では、アプリをインストールするだけでタブレットやスマホをPOSレジとして利用できるタブレット・スマホ型に注目が集まっています。

タブレット・スマホ型のPOSレジなら、モバイル決済と連携できます。モバイル決済は、タブレットやスマホ端末とカードリーダーを利用してクレジットカード決済を可能にする方法です(詳しくは後述)。今回は、タブレット・スマホ型のPOSレジについて説明していきます。

タブレット・スマホ型POSレジの特徴

従来のレジスターと比べると、タブレット・スマホ型のPOSレジには以下のような特徴があります。

  • 導入コストが低い
  • 商品の売れ筋がわかる
  • 会計の効率化
  • 省スペースで持ち運び可能
  • モバイル決済や会計サービスと連携

導入コストが低い

従来のレジスターの場合、レジ自体の費用が10万円以上かかります。ターミナル型のPOSレジでも、システムの導入費などを含めると初期費用だけで100万円を超えてしまうこともあります。

タブレット・スマホ型POSレジの場合、手持ちのモバイル端末を利用すればレジ自体の費用は無料。POSレジアプリも無料でインストールできるものがほとんどなので、低コストで導入できます。

商品の売れ筋がわかる

POSレジの魅力のひとつに、どれが人気商品なのかリアルタイムで把握できることが挙げられます。売れ筋だけでなく死に筋の商品もひと目でわかるので、入荷する個数の目安にもなるのです。アプリによっては、グラフなどで確認できます。

会計の効率化

あらかじめ商品の値段や情報を登録しておき、会計時に読み取ってやり取りをするので、手打ちレジのよりもスピーディにレジ打ちができます。また、金額を自分で入力しないので、打ち間違えなどのミスも格段に減ります。

省スペースで持ち運び可能

本体は薄くて軽く、ケーブルなども不要のため、簡単に持ち運べます。飲食店の場合、顧客のテーブルで会計を済ませることもできますね。屋内だけでなく、野外でも利用が可能です。

モバイル決済や会計サービスと連携

POSレジアプリはモバイル決済や会計サービスと連携できます。モバイル決済と連携すれば、タブレットやスマホでクレジットカード決済の受け付けが可能になります。

会計サービスとは、金銭情報を自動で入力してくれるシステムのことです。連携していれば、売上の管理に手間取ることもなくなります。

タブレット・スマホ型POSレジの導入に必要なもの

タブレット・スマホ型のPOSレジを導入するために必ず用意しなくてはならないのが、タブレットやスマホなどのモバイル端末。どちらでもPOSレジとして運用できますが、画面が大きいタブレットのほうが操作しやすいです。

手持ちのものがあれば、無料でPOSレジを導入できます。ただ、手持ちのモバイル端末が使いたいPOSレジアプリに対応していないことも。手持ちのモバイル端末がアプリに対応している端末か、導入前に確認しておくといいですね。

また、業種によっては、おつりや受け取ったお金を収納するキャッシュドロアやレシートプリンター、カードリーダーなどを用意するとよいでしょう。

導入手順 - タブレット・スマホ型POSレジ

モバイル端末を手元に用意したら、POSレジアプリをインストールしてみましょう。以下の手順で、簡単に初期設定を終えることができます。

POSレジの導入手順

①モバイル端末にPOSレジアプリをインストールインストールは基本的に無料。アプリが端末に対応していないとインストールできないので注意
②アプリのアカウント登録はじめにアカウントの登録をする。あらかじめパソコンなどで作成しておくとスムーズ
③商品を登録商品の名前や値段、カテゴリなどを入力。アプリによっては画像も登録できる

なお、アプリによって順番は前後することがあります。たとえば、Square POSを利用する際は、先にSquareアカウントの登録をし、審査を通過してから使用ができるといった流れです。ちなみに、審査期間は当日~3日ほど。

レシート情報の登録

商品を登録するほか、レシートに記載する内容を事前に設定しておきましょう。店舗の名前や住所、電話番号などを登録できます。アプリ次第ではアンケートを設定できるものもあり、顧客からサービスの評価や意見を受け取れます。

利用方法 - タブレット・スマホ型POSレジ

商品の登録が完了すれば、モバイル端末をレジとして運用できます。顧客から現金で代金を受け取り、タブレット・スマホ型POSレジで会計する流れをまとめました。

タブレット・スマホ型POSレジで現金決済をする方法

①会計情報を入力会計する商品をアプリに入力すると合計金額が表示される
②決済方法の選択現金決済を選ぶ
③顧客から代金を受け取る顧客から受け取った金額を確認
④受け取った金額を入力預かり金額を入力すると、おつりをアプリ上で自動計算
⑤おつりを渡すおつりがある場合、表示された金額を顧客に渡す
⑥レシートを渡すレシートプリンターでレシートを発行

ターミナル型やパソコン型のPOSレジと同じようにやり取りします。このとき、販売した商品や顧客の情報は、決済のタイミングでクラウド上に保存されます。

専用のレシートプリンターを連携させていれば、紙レシートの印刷が可能です。アプリによっては紙のレシートは発行せず、メールやSMSなどで電子レシートを送信できるものもあります。

POSレジとモバイル決済の違い

POSレジはモバイル決済と連携できるといいました。そもそもモバイル決済とは何なのか、POSレジとはどう違うのか、確認してみましょう。

POSレジとモバイル決済の比較

POSレジモバイル決済
概要データの分析機能を兼ね備えたレジスターモバイル端末にカードリーダーを接続してクレジットカード決済を可能にする方法
可能な事柄売り上げや在庫管理
データ収集と分析
クレジットカード決済
電子マネー決済
Square POS
Air レジ
Bionly
Orange Operation
poscube
Square
Airペイ
楽天ペイ

POSレジもモバイル決済も、モバイル端末を利用するという共通点があります。モバイル決済の導入にはカードリーダーも必要ですが、申し込みの際に無料で手に入ります。

POSレジアプリをインストールしたモバイル端末と、モバイル決済のカードリーダーを連携すれば、クレジットカードでの決済を手軽に導入できます。連携の手続きは、アプリやカードリーダーによって異なりますが、おおよそ簡単に済ませられます。

タブレット・スマホ型POSレジとモバイル決済の連携

タブレット・スマホ型POSレジとモバイル決済を連携させると、クレジットカードでの決済が可能になります。モバイル決済と連携したタブレット・スマホ型POSレジで、クレジットカード決済をする際の流れを確認しましょう。

タブレット型POSレジにモバイル決済を連携したときのカード決済方法

手順担当概要
①会計情報を入力POSレジ会計する商品をアプリに入力すると合計金額が表示される
②決済方法の選択POSレジクレジットカード払いを選択
③カード情報を読み込むモバイル決済連携しているカードリーダーでカード情報を読み込む
④決済完了POSレジ決済が完了すると商品や顧客の情報がクラウドに送信される

多くのモバイル決済でSuicaやQUICPay、iDなどの電子マネー決済に対応しています。③のとき、対応している電子マネーを選択し、④でカードリーダーにピッとかざしてもらい決済します。

POSレジアプリとモバイル決済の対応

各POSレジアプリでは、どのモバイル決済のカードリーダーが利用できるのかまとめてみました。

POSレジとモバイル決済の対応表

SquareAirペイ楽天ペイCoiney
Square POS
Air レジ
Bionly
Orange Operation
poscube
POS+
ユビレジ
スマレジ

Squareと楽天ペイ、Coineyのカードリーダーは、多くのPOSレジアプリが対応しています。Airペイのカードリーダーは、専用のPOSレジ「Airレジ」しか対応していないのが残念なところです。

飲食店向けや美容室向け、小売店向けなど、アプリによって得意な分野が異なります。自分の業種にあったPOSレジアプリを選びましょう。

POSレジのまとめ - 導入からモバイル決済の連携まで

POSレジとは、代金の支払い状況を管理するほかにも、商品や顧客の情報を自動で記録する機能を備えたレジのことでした。ターミナル型やパソコン型など、さまざまな種類がありましたが、今回注目したのは、タブレットやスマホを使ったPOSレジです。

タブレット・スマホ型POSレジの概要

必要なものタブレットorスマホ
特徴導入コストが低い
商品の売れ筋がわかる
会計の効率化
省スペースで持ち運び可能
モバイル決済や会計サービスと連携
導入手順①モバイル端末にPOSレジアプリをインストール
②アプリのアカウント登録
③商品を登録
利用方法現金決済の方法①会計情報を入力
②決済方法の選択
③顧客から代金を受け取る
④受け取った金額を入力
⑤おつりを渡す
⑥レシートを渡す
クレジットカード決済の方法
(モバイル決済と連携)
①会計情報を入力
②決済方法の選択
③カード情報を読み込む
④決済完了
Square POS
Air レジ
Bionly
Orange Operation
poscube

POSレジアプリをインストールするだけで、手持ちのタブレットやスマホをPOSレジとして運用できます。レジスターの機能以外にも、収集した商品や顧客のデータを分析して、販売戦略に活かすことも可能です。

また、モバイル決済と連携することで、クレジットカード決済もタブレットやスマホで行えるように。多くのモバイル決済が電子マネー決済にも対応しているので、顧客はより多くの決済方法から好きなものを選べるようになるのです。