スマレジの分かりやすいまとめ【高機能なPOSレジアプリ】

POSレジ「スマレジ」について

POSレジアプリの「スマレジ」について、分かりやすくまとめました。個人事業主などの小規模事業者が商品を管理するためのレジアプリとして、おすすめのサービスです。 >> スマレジ(公式)

スマレジには5つのプランがある

スマレジで用意されているのは5つのプラン。スタンダードプランは無料で、それ以上のプランは月額制の有料プランです。

スマレジのプラン比較表

スタンダードプレミアムプレミアム
プラス
フード
ビジネス
リテール
ビジネス
対象業種特になし特になし特になし飲食業小売・
アパレル業
月額(税抜)無料4,000円7,000円10,000円12,000円
商品登録
件数
1,000件まで10万件まで10万件まで10万件まで10万件まで
モバイル決済
との連携
会計ソフト
との連携
複数店舗の
管理
電話
サポート
顧客管理
オーダー
エントリー
免税対応
在庫管理の
機能

「スタンダード」「プレミアム」「プレミアム プラス」でも基本的なPOSレジの機能が備わっているので、あらゆる業種で問題なく利用できます。「フードビジネス」プランと「リテールビジネス」プランは、通常の機能に加え、業種に特化したオプションが備わっています。

飲食店で活躍する「オーダーエントリーシステム」とは

オーダーエントリーシステムとは、ホールスタッフがハンディ端末に入力した注文内容を、厨房のオーダープリンターが自動で打ち出してくれるもの。これは主に飲食店で使用されるシステムです。利用の際には、ハンディ端末や厨房に設置するオーダープリンターなどを別途用意する必要があります。(詳しくは後述)

「リテールビジネス」プランで可能な免税対応

小売・アパレル業界向けの「リテールビジネス」プランなら、タブレットのカメラでパスポートの情報を読み取れます。読み取った情報は免税販売に必要な書類に出力できるので、スムーズに免税の対応ができます。

見やすくて操作しやすいレジ画面

スマレジのレジ画面は、スッキリとしていて視認性が高いです。下記画像では、商品名のみの表示ですが、商品の画像を登録することも可能。「会員割引」や「社員割引」などをショートカットボタンに設定し、ワンタッチで割引対応できます。

スマレジの会計画面

スマレジならバーコードリーダーがなくてもOK

スマレジの場合、タブレットなどのカメラで商品のバーコードを読み込むことができるので、バーコードリーダーを用意する必要はありません。逆に、商品に貼り付けるバーコードも、ラベル作成ソフトと連携して簡単に生成できます。小売業など、自社製品を販売している場合に助かる機能です。

売上データをさまざまな視点から分析できる

ブラウザからスマレジにログインして、売上データを確認できます。すべてのプランで、日別、時間帯別、曜日別、商品別、販売員別、端末別……など、さまざまな視点から売上のグラフを見られます。月別の売上だけは、有料プランから閲覧可能で、無料のスタンダードプランでは確認できません。

スマレジの売上データ確認画面

スマレジは、クラウド勤怠管理システム「スマレジ・タイムカード」も提供しています。「スマレジ・タイムカード」とスマレジを連携させると、スタッフごとの売上情報と人件費をセットで確認できます。売上と人件費、両方の観点からスタッフのパフォーマンスを確認できるのはスマレジならではの機能。「このスタッフは出勤日数こそ少ないけれど、売上の成績は良いナ」という感じで、スタッフごとのパフォーマンスを分析できます。

メールや電話で対応してくれるアフターサポート

スマレジはヘルプページが丁寧に作られており、アプリの基本的な操作についてはネット上で解決できます。また、ヘルプページとメールサポートは、スマレジのアカウントを登録していなくても無料で利用可能です。こういうサポートは地味に嬉しいですね。

スマレジのサポート

ヘルプページメールコールセンター
受付時間いつでも閲覧可10:00~18:00
平日のみ
9:00~22:00
365日
対象者誰でもOK誰でもOK「プレミアム プラス」
以上のユーザー

メールの場合、受付時間内に問い合わせれば、ほぼ当日中に返信してくれます。メールとは違い、コールセンターのサポートは「プレミアム プラス」プラン以上の方が対象です。ただし、アカウントを作成してから導入するまでの間に限り、誰でも無料でコールセンターに電話で相談ができます。

「自分の店舗にあったプランはどれ?」といった悩みにも答えてくれるので、POSレジアプリの導入を検討している人も安心です。

モバイル決済との連携でカードや電子マネーの決済を可能にする

モバイル決済のカードリーダーと連携させれば、クレジットカードや電子マネーで決済した情報もスマレジ内で管理できます。

POSレジとモバイル決済の連携

対応しているモバイル決済の一覧

  • Square
  • 楽天ペイ
  • Coiney
  • スマレジPAYMENT
  • Payment Meister

モバイル決済との連携で、クレジットカードや電子マネーで決済する顧客数を分析できます。

大手3社のクラウド会計ソフトと連携できる

スマレジの有料プランは、クラウド会計ソフトと連携できます。スマレジで会計したデータを、クラウド会計ソフトが自動で取得してくれるので、手作業で入力するよりも経理に割く時間が短くなります。

POSレジアプリはクラウド会計ソフトとも連携できる

スマレジと連携しているクラウド会計ソフト

スマレジが連携している個人事業者向けのクラウド会計ソフトは、上記の通りです。クラウド会計ソフトなら、パソコン以外のデバイスでもデータ確認できるので便利です。

飲食業や小売・アパレル業に特化したプラン

大手飲食店並みの機能が使える「フードビジネス」プラン

「フードビジネス」プランでは、飲食店に必要なオーダーエントリーシステムが利用できます。ホールスタッフがテーブルで受けた注文内容を、キッチンの機械へ伝達したり、お会計の際にまとめることができるシステムです。

オーダーエントリーシステムの流れ

その他、インターネット環境が不安定になっても安心な店内サーバー「ウェイターBOX」や、テーブルに設置したタブレットから顧客自身に注文してもらう「スマレジ・テーブルオーダー」などのオプションをつけられます。

別途費用はかかりますが、スマレジの「フードビジネス」プランなら大手の飲食店と同等のレジ機能を導入できます。将来的に規模の拡大を視野に入れている飲食店におすすめです。

免税対応や在庫管理などができる「リテールビジネス」プラン

小売・アパレル業界向けの「リテールビジネス」プランでは、タブレットなどのカメラでパスポートの情報を読み取れます。パスポートリーダーを購入しなくても、タブレットだけで免税対応ができるということです。

また、全てのプランに基本的な在庫管理の機能は備わっていますが、「リテールビジネス」プランでは、発注作業や店舗間の在庫移動なども可能になります。扱う商品数の多い、小売・アパレル業で役立つこと間違いなしです。

スマレジの無料プランと有料プランの比較まとめ

スマレジは無料のプランと、4つの有料プランを提供しています。無料のプランでは機能が制限されていますが、基本的なレジ操作や売上分析など、POSレジとして最低限の機能は備わっています。

スマレジの無料プランと有料プランの比較表

無料のプラン有料のプラン
レジ画面
スマレジの会計画面
プラン名スタンダードプレミアム
プレミアム プラス
フードビジネス
リテールビジネス
月額(税抜)無料4,000~12,000円
商品登録件数1,000件まで10万件まで
モバイル決済との連携
会計ソフトとの連携
複数店舗の管理
365日電話サポート
(プレミアムを除く)
アプリアイコン
スマレジのアイコン

従来の据え置き型POSレジの場合、月額料金は1万円~数万円のものがほとんど。それに比べれば、最も高額なプランで月額12,000円のスマレジは安いものです。

無料でスマレジの全機能をお試しできる

アカウントを登録してから約1カ月間、全機能を無料でお試しできます。タブレットなどをすでに持っている方は、使い心地を確認してから必要な機能が備わっているプランを選ぶとよいでしょう。

また、スマレジは東京・横浜・名古屋・大阪・福岡の計5都市にショールームを開設しています。タブレットなどを持っていなくても実際にPOSレジを体験できますし、わからないことはスタッフに質問できるので安心です。近くにショールームがなくても、Skypeによるビデオ通話で対応をしてくれます。

無料と有料どっちのプランを選ぶ?


スマレジの無料プランにも備わっている機能と、有料プランでしか使えない機能をざっくりとまとめました。

無料プランでもできること

  • 基本的なPOSレジ機能が使える
  • 商品のバーコードをタブレットで読み取れる
  • モバイル決済と連携すればカード払いに対応できる

スマレジなら、タブレットで商品のバーコードを読み取れるので、バーコードリーダーを購入しなくてもOKです。初めは最低限のコストでPOSレジを導入し、経営が軌道に乗ってきたら有料プランに変更する、という手もあります。

有料プランでできること

  • 会計の情報をクラウド会計ソフトにひもづけられる
  • 複数の店舗を管理できる
  • オーダーエントリーシステムを使える(「フードビジネス」プランのみ)
  • 免税販売にも対応できる(「リテールビジネス」プランのみ)

スマレジは、「こんな機能があったらいいな」というものを良いペースでアップデートしてくれている印象です。 飲食店など、定番の業種に特化したプランを選べるのも嬉しいポイントです。

>> スマレジ(公式サイト)
>> 人気POSレジアプリ5社の比較