AirレジとSquarePOSレジの比較 - 無料のPOSレジアプリ

POSレジ「Airレジ」と「SquarePOSレジ」の比較

無料で使えるPOSレジアプリ「Airレジ」と「SquarePOSレジ」の比較情報をまとめました。

料金・対応OS・サポートなどの比較

AirレジもSquarePOSレジも、アプリをインストールするモバイル端末とネット環境さえあれば、無料で導入できます。「POSレジに興味はあるけど、コストは最小限に済ませたい」という小規模事業者におすすめです。

AirレジとSquarePOSレジの比較表

AirレジSquarePOSレジ
レジ画面
Airレジの商品選択画
SquarePOSレジの商品選択画面
初期費用無料
月額費用無料
対応OSiOSiOS
Android
サポートチャット
メール
電話
メール
関連機能モバイル決済
シフト管理
順番待ちシステム
予約管理
など
モバイル決済
従業員管理
顧客リストの作成
ギフトカードの販売
クラウド請求書の作成・送信
など
運営リクルートライフスタイルSquare
アプリのアイコン
Airレジのアイコン
SquarePOSレジのアイコン

リクルートグループが運営するAirレジ

Airレジはリクルートライフスタイルが運営しています。38万を超える店舗が利用しているPOSレジアプリで、圧倒的なシェアを誇ります。

POSレジアプリ以外にも、モバイル決済サービス「Airペイ」や、受付・順番待ち管理システム「Airウェイト」など、店舗を支援するサービスを展開しています。関連機能は、ほとんど有料で、飲食店向けのものが多いです。

SquarePOSレジはアメリカ発のサービス

SquarePOSレジには、POSレジ機能のほかにも独自のオプションが備わっています。オンライン請求書の作成・送信や、従業員の管理ができる機能などです。おおかたのサービスは無料で利用できます。

Squareはアメリカの企業で、2013年に日本へ進出しました。Squareもモバイル決済サービスを行っています。自社のモバイル決済サービスのユーザーを増やすため、2社とも店舗の業務を支えるサービスを提供しています。POSレジアプリも、そのサービスのひとつというわけです。

商品選択の画面を比較する

商品の管理画面は、それぞれ下記の通りです。お客さんに購入してもらった商品を選択すればOKです。簡単です。

商品選択の画面を比較

AirレジSquarePOSレジ
Airレジの商品選択画
SquarePOSレジの商品選択画

Airレジは、カテゴリごとに色を分けて登録するので、カラフルに見やすくカスタマイズできます。商品点数が多い場合でも、検索機能が使えます。

Airレジでは商品の画像を登録できませんが、SquarePOSレジなら可能です。シンプルなつくりで、ぱっと見ただけでもわかりやすいのが特徴です。

売上データの確認画面を比較する

POSレジといえば、売上データの分析機能。グラフレポートを利用すれば、その日の客数や人気の商品を把握することができます。

日別売上の画面を比較

AirレジSquarePOSレジ
Airレジの売上グラフ
Squareデータの売上グラフ

Airレジのシンプルな売上グラフ

Airレジは、売上を時間ごとに確認する「日別売上」、商品ごとの売上状況を確認できる「商品別売上」の2つの視点で売上データの表示ができます。

売上データはアカウントを取得してから、過去10年分が保存されます。10年以上データを保管したい場合は、データをCSV形式に出力して、エクスポートする必要があります。

「Squareデータ」で売上情報を詳しく分析

SquarePOSレジの場合、「Squareデータ」という別のアプリから売上を確認できます。その日の売上だけでなく、従業員や店舗ごとのデータも確認が可能です。

Squareデータには、ウェブブラウザ版とアプリ版があります。POSレジと同様、こちらも料金はかかりません。Squareデータは、売上データの保管に期限はないので、安心です。ちなみに、こちらもCSV形式に出力できます。

モバイル決済との連携

AirレジSquarePOSレジも、提供している会社がモバイル決済サービスも展開しています。それぞれのPOSレジとカードリーダーの関係は下表の通りです。

POSレジアプリとモバイル決済の連携

AirレジSquarePOSレジ
Airペイ
Airペイのカードリーダー
Square
Squareのカードリーダー

AirレジはSquareのカードリーダーにも対応していますが、SquarePOSレジはAirペイのカードリーダーに対応していません。

連携できる周辺機器 - レシートプリンターなど

POSレジアプリをインストールしたモバイル端末と、レシートプリンターといった周辺機器を接続すれば、従来のレジのようにレシートを印刷できます。有線か無線(Bluetooth)で接続します。

周辺機器の税抜価格

AirレジSquarePOSレジ
レシートプリンター36,900円~36,800円~
キャッシュドロア7,491円~11,800円~
バーコードリーダー34,800円~35,800円~

キャッシュドロアは、お金を保管しておく金庫のようなものです。従来の大きな据置型レジでは、レジと一体になっているタイプがほとんどでした。自動開閉タイプなら、普段はロックが掛かっていて、お会計のときに自動で開きます。

商品をバーコードで管理するなら、バーコードリーダーが必須です。Bluetoothで接続するものが主流なので、コードが絡まるようなことはありません。

周辺機器をすべてそろえる必要はない

さすがに「周辺機器まで無料」とはいきません。全部そろえると、結構な出費になってしまいますね。レジ会計の機会が少ない業種であれば、領収書の発行は手書きで行うなど、他の手段で代用することも検討したいです。

SquarePOSレジなら、電子レシートの発行も可能です。これはお客さんにメールやSMSでレシートを送る方法です。

軽減税率対策の補助金を利用すれば周辺機器を安くそろえられる

今なら2019年10月1日から実施される消費税の軽減税率制度にともない、「軽減税率対策補助金」の制度があります。

補助額の上限は、レジ1台あたり20万円、1事業者あたり200万円。購入を検討している方は、申請の対象になるか確認しておきましょう。例えば、Airレジのスターターパックなら、44,880円(税抜)が11,200円(税抜)で手に入ります。

外部との連携 - クラウド会計ソフト

クラウド会計ソフトとPOSレジアプリを連携させると、毎日の売上データがクラウド会計ソフトに自動連携されます。手入力だと大幅にかかる経理業務の時間を、大幅にカットできます。

連携できるクラウド会計ソフト

AirレジSquarePOSレジ
マネーフォワード 確定申告
弥生シリーズ
freee

「弥生シリーズ」と示している個人事業主向けのクラウド会計ソフトは「やよいの白色申告 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」です。

AirレジとSquarePOSレジの比較まとめ

無料なのに、有料のものと同じくらい使い勝手のよいAirレジとSquarePOSレジ。搭載されている機能の違いなど、改めてまとめておきます。

AirレジとSquarePOSレジの比較

AirレジSquarePOSレジ
レジ画面
Airレジの商品選択画
SquarePOSレジの商品選択画
初期費用無料
月額費用無料
対応OSiOSiOS
Android
サポートチャット
メール
電話
メール
関連機能モバイル決済
シフト管理
順番待ちシステム
予約管理
など
モバイル決済
従業員管理
顧客リストの作成
ギフトカードの販売
クラウド請求書の作成・送信
など
カードリーダーAirペイ
Square
Square
クラウド
会計ソフト
マネーフォワード
弥生シリーズ
freee
マネーフォワード
freee
運営リクルートライフスタイルSquare
アプリのアイコン
Airレジのアイコン
SquarePOSレジのアイコン

飲食店におすすめなAirレジ

Airレジは、リクルートグループが運営していることもあり、順番待ちシステムや予約管理サービスなど、飲食店に向けた機能が目立ちます。ただし、オプション機能のほとんどが有料です。また、サポートはメールかチャットのみ。電話での相談は受け付けていません。

独自のサービスが充実しているSquarePOSレジ

店舗独自のオリジナルギフトカードが作成できたり、メールで請求書を送れるクラウド請求書サービスを行っていたりと、独自のサービスを展開しているSquare。しかも、無料で利用できる機能が多いのがうれしいところです。

連携が可能なモバイル決済のカードリーダーは、Squareが提供しているものだけ。Squareのカードリーダーは、ほかのモバイル決済と比較すると、全体的にスタイリッシュです。レジ周りをシンプルに演出したい方の人気を集めています。

>> Airレジ
>> SquarePOSレジ
>> 人気POSレジアプリ5社の比較